ポイントの貯め方・使い方

クレジットカードのポイントは有効期限が長いことが超大事【おすすめカード】

更新日:

kaboompics / Pixabay

クレジットカードを比較するとき、多くの人はポイントを最重要視します。もう少し正確に言うと、ポイントの「還元率」のみに目がいってしまいがち。

もちろん高還元率ほどポイント貯まりやすいのは事実ですが、実はポイント有効期限も同じくらい重要なんです。なのに、ポイントの有効期限を気にしてクレジットカードを選ぶ人はマニアくらい。ここは意外と盲点です。

一般的なクレジットカードのポイント有効期限は2年です。つまり、2年以内に貯められるポイントで商品への交換を行うことになります。

となると、ポイント有効期限が長いほど貯まるポイントが大きくなるのは明白であり、有効期限がない場合には高額な商品への交換も可能です。

これだけで、ポイント有効期限の大切さにピンとくる気がしませんか?

そこでこの記事は、普段あまり焦点が当てられない「クレジットカードのポイント有効期限」について少し詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ポイント有効期限の種類

ポイントの有効期限は一般的にあらかじめ決められていて、ほとんどのクレジットカードは有効期限が2年となります。

キャンペーンでもらえるポイントは短期間の場合が多い

新規入会キャンペーンでは、数千円相当のポイントがもらえるというケースも少なくありません。しかしよく注意すると、すべてが通常与えられるポイントではないことに気が付くでしょう。

入会してからカード利用をするともらえるポイントは特に有効期限が短く、中には1か月程度しかないことも多いのです。こうした有効期限をあらかじめ知っておかないと使う前に失効してしまうので注意しましょう。

▼新規入会で大量ポイントがもらえる主なカード▼

楽天カード5000円相当

dカード7000円相当

エポスカード8000円相当

※もらえるポイント量は、キャンペーン時期により変動します。

ポイント有効期限1年でも使っていれば無期限に貯まる場合がある

ポイント有効期限が1年でも、ポイントを貯めたり還元したりした時点から1年有効というケースがあります。

例えば楽天カードなどはこの方式で、使い続けている限り有効期限が伸びていきます。つまり実質的に有効期限がないと考えていいでしょう。

毎月楽天市場を利用するユーザーにとっては無期限でポイントが貯まりますが、たまにしか使わないという人には不向きと言えますね。

こうした方式のクレジットカードを利用する場合は、メインカードとしてよく利用することを心がけましょう。楽天カードなんかはポイント還元率も高いので、ポイントの面では欠点がない優秀なカードと言えます。

公式サイト楽天カード

スポンサーリンク

有効期限のない(長い)クレジットカードのメリット・デメリット

ポイント有効期限がないクレジットカードには、ポイントが失効する心配がないのでポイントの管理をしなくてもいいというメリットがあります。

また、長期間ポイントを貯めることができるので高額商品への交換も可能というメリットもあります。

  • 失効しないので管理リスクがない
  • 長期間貯めて高額商品をゲットできる

しかし、反対に有効期限がないことで陥ってしまうデメリットも存在します。

有効期限がないクレジットカードは還元率が低め

コイン ポイント

ポイントに有効期限がないとつい安心してしまい、何も考えずにカードショッピングをしてしまいがちです。しかし、有効期限がないとポイント還元率も低いので、そのまま使っていてもなかなかポイントは貯まりません。

仮にポイント還元率0.5%の場合、年間20万円の利用であれば200ポイントしか貯まらず、1000円相当にしかなりません。これでは1万円相当の商品に交換するのに10年もかかってしまいます。

そんな時は、クレジットカード会社のショッピングモールを経由してポイントを倍増させたり、キャンペーンを利用したりといった工夫をすると何倍ものスピードでポイントを貯めることができます。

ポイント無期限カードはカード利用額が大きい人ほど効果的

ポイント有効期限が無期限でも、そもそもカード利用金額が少ない人はポイントが貯まりません。何年経過しても高額商品に交換するのは難しいでしょう。

しかし、普段からカードショッピングの利用金額が大きい人ほど、有効期限を気にすることなくポイントを貯めることができます。

ポイントを管理することが得意ではないけれどもカードは頻繁に使う人こそ、ポイント有効期限がないクレジットカードをメインカードにするといいでしょう。

ポイントに有効期限がなくてもポイント失効することがある

注意

ポイントが失効するのは有効期限切れだけではありません。クレジットカードを解約した場合もポイントが失効します

自分で解約する場合はその前にポイントを交換してしまえばいいですが、支払い遅延などで強制解約されると、交換する間もなくポイントが失効してしまいます。

有効期限の有無にかかわらず、クレジットカードの支払いには十分注意をする必要があります。

スポンサーリンク

ポイント有効期限がない(長い)おすすめクレジットカード

ポイント還元率が高く、加えてポイント有効期限も長いか無期限というクレジットカードが最も効率よくポイントを貯めることができます。

今回はそんなクレジットカードをご紹介しましょう。

楽天カード

楽天カード おすすめポイント
楽天カード

会員数1200万人以上の人気

1週間のスピード発行

ポイント還元率1%

楽天市場でポイント2倍

楽天Edy付き

年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
付帯保険

海外旅行保険:最高2000万

紛失盗難補償

 その他特典

毎週土曜日「楽天感謝デー」で3%還元

ETC(発行500円)

楽天Edy

申し込みサイト 楽天カード

楽天カードは、年会費無料で海外旅行傷害保険も付帯されています。楽天市場でメリットがあるクレジットカードとして有名ですが、楽天市場以外でも還元率は1%なのでメインカードとして非常に使えます。

さらにポイント有効期限は実質的に無期限です。貯まったポイントは楽天市場で1ポイント1円として使えますが、2ポイント1マイルでANAマイルへの移行もできますよ。

ANAマイルには有効期限がありますが、楽天スーパーポイントは無期限で貯めることができるので、時間をかけてマイルを貯めるのもおすすめです。

公式サイト楽天カード

楽天カードの国際ブランドはJCBがおすすめな理由。違いを説明します。

会員数1200万人以上、実に日本人の10人に一人が持っている計算になるほど人気の楽天カード。 基本還元率1%とスペックも高い上に審査も非常に優しいので、初めてのクレジットカードや、「とりあえず楽天カー ...

続きを見る

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード おすすめポイント
Yahoo!カード赤

年会費永年無料

Yahoo!ショッピングはポイント3%還元

基本ポイント還元は1%

審査が非常に早い「最短2分」

付帯保険

ショッピング保険:最高100万

盗難保険

プラチナ保険(月額490円)

 その他特典 ETCカード発行無料/年会費500円
申し込みサイト Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPAN カードは、年会費無料でTポイントが貯まるクレジットカードです。

Tポイントは還元率が1%から0.5%に引き下げられて魅力が半減した共通ポイントですが、Yahoo! JAPAN カードを利用すると常に1%還元に上昇します。

Yahooショッピングならポイント3倍、それ以外でも常に還元率1%となるので、Tポイントを貯めているという人にはおすすめのクレジットカードですね。Tポイントも有効期限が実質無期限のポイントです。

公式サイト Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードはJCBでnanacoチャージ!公共料金でポイント貯まる!

ネットショッピングはどのサイトをよく使いますか? Amazon? 楽天? Yahoo!ショッピング? もしYahoo!ショッピングをよく利用するのであれば、クレジットカードは『Yahoo!JAPANカ ...

続きを見る

追記:ライフカード

ライフカード

ライフカードは、海外旅行傷害保険を付けないと年会費が無料になる高還元率カードです。

ポイント還元率は0.5%と標準的ですが、誕生月ポイント3倍や年間50万円以上の利用でのボーナスポイント(300)や次年度のポイント付与率のアップが魅力的です。

ポイント有効期限は基本2年ですが、最長5年までポイントの繰越ができます

ライフカードの魅力はポイント交換にもあります。
通常還元率が低くなる商品券でもポイント還元率は0.5%~0.66%と高い水準で交換できます。高額商品件ほど還元率が高くなるので、5年の有効期限をフル活用してポイントを貯めると高額商品件が手に入りますよ。

公式サイト ライフカード

新規入会キャンペーン

現在、新規入会で最大15,000円相当のポイントプレゼントキャンペーン実施中です。 入会から3ヶ月以内に下記事項をクリアするとポイントがプレゼントされます。
  1. お申込&翌月までの発行で200ポイント(1,000円相当)
  2. 利用金額に応じて最大1200ポイント(6,000円相当)
  3. リボ払いご利用で最大400ポイント(2,000円相当)
  4. L-MALL利用で100ポイント(500円相当)
  5. Apple Pay・iD利用で120ポイント(600円相当)
  6. LIFE-WEB Deskアプリ登録で100ポイント(500円相当)
  7. Amazonショッピングで80ポイント(400円相当)
  8. 携帯代の決済登録で200ポイント(1000円相当)

最大15000円分のポイントをお見逃しなく!

キャンペーン詳細はコチラ

まとめ

ポイント有効期限とポイント還元率は二つ合わせて考えることで、ポイントがより貯まりやすく、さらに高額商品への交換ができるようになります。

なので同じ還元率であれば、ポイントに有効期限がないクレジットカードを選びましょう。

ポイント還元率ばかり気にしてポイント有効期限をチェックしていないと、1年といった短期のポイント有効期限ということもあります。クレジットカードを作ってから有効期限に気が付いても遅いので、申込前に必ずチェックしておきましょう。

ポイントを効率的に貯めるためには、なるべくポイント還元率が高く、ポイント有効期限が無期限のカードをメインカードとして集中利用しましょう。

カード利用金額が大きいほどポイントも貯まり、無期限で貯めることで高額商品を獲得することができますよ。

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-ポイントの貯め方・使い方

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.