ゴールドカード ビジネスマン向けカード 学生・20代向けカード

新卒社会人でゴールドカードを持つならJCBか三井住友VISA!どっちを選ぶ?

更新日:

社会人になれば、クレジットカードも身だしなみの一つ。リッチ感のあるゴールドカードを出してちょっと見栄を張りたい気持ちは良くわかります。デートの時とかサラッと出したいですよね。

そんな高級感溢れるゴールドカードですが、実は作ることはそんなに難しくありません。

20代でも持てるゴールドカード年会費無料で持てるゴールドカードもあるように、一般的なサラリーマンで平均的な年収があればゴールドカードは比較的誰でも持てます。

特に、新卒や若手社会人はゴールドカードを作る絶好のボーナスタイムです。最もカード審査に有利となる待遇なので、ゴールドカードを作るならこの機会を逃す手はありません。

いちビジネスマンとして社会に出るなら、持ち物一つにもリッチ感を演出すべき。ゴールドカードの存在はあなたというビジネスマンの品格を上げてくれます。

そこで今回紹介するのは、ビジネスマンなら必ずどちらかは持っておきたいステータスブランド、「JCBゴールド」と「三井住友VISAゴールド」です。

この二大銀行系カードは、新卒・若手社会人獲得のために20代専用のゴールドカードを発行しています。

JCBゴールドEXTAGE

どちらも優劣つけがたいステータスカードです。

下記に両カードを紹介していきますが、正直ここはもう好みで選んでOKです。ブランド品の好みなんて「なんとなく」ですから、何となくピンときた方のゴールドカードを作ってみて下さい。

スポンサーリンク

【その前に】なぜ新卒社会人はクレジットカード審査に有利なの?

勤続年数0年の新卒社会人が審査で優遇されるのは、カード会社が新社会人の将来性に投資しているからです。

どういうことか?

社会人になるタイミングというのは、新しいクレジットカードを作る人が大勢います。社会に出るのを機に初めて作る人も多いですし、新たな人生に向けてちょっと良いカードを新調する人もいます。

そして日本人は、一度作ったクレジットカードを長年にわたり使い続ける傾向が非常に強いことが調査データで分かっています。

つまりカード会社からしたら、「その時」に自社カードを作ってもらわないとその人が将来的に自社の顧客になる可能性は低くなります。

だから、大出血サービスをしてでも新卒社会人を獲得しに行くのです。

特に銀行系カードであるJCBと三井住友VISAは、新社会人を最初に確保してしまえば、将来的に彼らがゴールドカード以上の優良顧客(有料会員)に成長してくれる可能性は極めて高いです。その「将来性」にカード会社は投資しているわけですね。

でなければ、20代の若造にゴールドカードを発行するなんて赤字覚悟の戦略はしませんよ。

それほど新卒・若手社会人というのは、

カード会社にとっての「VIP」

なんです。

⇒新卒は審査に有利!?新社会人向けのおすすめカードを作れるボーナスタイム

ブラックへの登竜門!JCBゴールドEXTAGE

JCBゴールドEXTAGE

JCBゴールドEXTAGE

まずは日本が世界に誇る国際ブランドJCBのゴールドカードです。

こちら「JCBゴールドEXTAGE」は29歳以下専用のゴールドカードであり、30歳になった時点で通常のJCBゴールドに自動更新されます。まさにエスカレーター式にステータスの階段を上がっていける仕組みです。

何と言ってもJCBカードには最上級ブラックカードまで存在しますからね。上を目指す楽しみがあるのも銀行系カードの大きな魅力です。

JCBゴールドEXTAGEの基本スペック

JCBゴールドEXTAGE おすすめポイント
JCBゴールドEXTAGE

申込資格:20歳〜29歳(学生不可)

通常年会費3000円(初年度無料)

空港ラウンジ無料サービス付き

旅行保険:海外国内ともに最高5000万

ショッピング保険:最高200万

電子マネーQUICPay搭載

家族カード、ETCカード年会費無料

申し込みサイト JCBカード公式サイト

まず、通常年会費3000円という激安さに驚きます。

通常のJCBゴールドが年会費10000円ですから、20代というだけで3分の1以下になります。若さ最強すぎですね。

旅行や出張では空港ラウンジを使いまくり

ゴールドカードと言えば空港ラウンジですよ。
国内主要空港とハワイホノルル空港の空港ラウンジが年中無休、無料で利用することができます。

空港好きには堪らないサービスですよね。フライトの前にラウンジでリラックスしたり、旅行の際の各空港のラウンジ巡りが楽しみの一つになります。

ドリンクサービス、Wi-Fi環境、新聞や雑誌までリラックス環境は完備されています。仕事の出張時でも、ちょっと一息つける所があるだけでストレス軽減できますよ。

通常ならラウンジ利用に数千円かかるところ、JCBゴールドEXTAGEさえ持っていればいつでも無料で使えるようになります。これだけで年会費3000円を上回る価値がありますよ。

海外旅行保険も手厚く完備

Unsplash / Pixabay

Unsplash / Pixabay

海外旅行保険も最高5000万円が付帯と、一般カードから金額が跳ね上がっています。旅行や海外出張時にいざ何かあった場合でも、JCBゴールドEXTAGEを持っているだけで安心感が違いますね。

最高5000万あればメインカードの補償額としては十分すぎでしょう。まだ心もとないという人は、年会費無料で旅行保険付きのサブカードを持っておけば補償額を合算できます。

さらに、海外だけでなく国内旅行にも最高5000万円付帯します。まさに死角なし。

電子マネーQUICPay搭載で少額の買い物に便利!

QUICPay

ポストペイ(後払い)型電子マネーの代表選手「QUICPay」は、JCBが運営する電子マネーです。もちろん、すべてのJCBカードに搭載されています。

後払い型なので、PASMOやSuicaのように現金チャージが必要ないのが大きなメリットです。使った金額は後からクレジットカードと一緒に請求される仕組みです。

サインも不要ですし、何より会計がスピーディです。
クレジットカードと違って1秒程度で支払い完了するので、コンビニなどのちょっとした買い物に非常に便利です。小銭を出す手間も必要ありません。

JCBカードを作ったらぜひQUICPayを活用してみて下さい。一度慣れたらもう現金には戻れませんよ。

最上級のブラック「ザ・クラス」を目指すべし!

JCBザクラス2

JCBカードを持つからには、最上級のブラックカード「JCB THE CLASS」を目指すのは当たり前なんですよ。これぞ”ステータスの頂き”という格好良すぎなカードデザインは憧れです。

JCBの上級カードを持つには、収入面などももちろん大事ですが、何より重要なのはJCBカードの利用実績です。長年JCBカードに貢献した人だけに招待状が届くプレミアムカード。

⇒JCBのブラックカード「ザ・クラス」のサービスと入会方法とは?

理想としては、20代でJCBゴールドEXTAGEを持ち、30代はJCBゴールドで実績を貯めまくり、35歳でJCBプレミアに昇格。そしてその後は何年かかってでも最後の扉「ザ・クラス」を目指します。

ブラックカードと言ってもザ・クラスは年会費50000円ほどなので、頑張れば手の届く範囲なんですよね。どこぞの年会費30万以上するような貴族カードではないので、一般人でも十分に目指せるカードなのが嬉しい。

JCBカードを作るなら今!入会キャンペーンをゲットしよう!

JCBゴールドEXTAGEの方にピンと来た人は、新卒・若手社会人のボーナスタイムが終わる前に必ず申し込んでおきましょう。

ゴールドカードクラスになると入会キャンペーンでもらえるボーナスポイントも破格になるので、絶対に見逃してはいけません。キャンペーン内容は時期によって変わってくるので、公式サイトでチェックしてみて下さい。

>> JCBカード公式サイトはこちら

JCBゴールドカードの特典まとめ!プレミアのインビテーション条件は?

数あるゴールドカードの中でも、三井住友VISAと並んで定番といえる「JCBゴールドカード」。 JCB一般カードの基本スペックに加えて、空港ラウンジの無料利用やゴールドデスクなど、ゴールドカードにふさわ ...

続きを見る

デザインが最高にカッコいい!三井住友VISAプライムゴールド

三井住友VISAプライムゴールドカード

「これぞゴールドカード」と言わんばかりの気品溢れるカードデザインがそそるのが三井住友VISAプライムゴールドカード。

個人的には数あるクレジットカードの中でも好きなデザイントップ3に入るカードですね。

そんな三井住友VISAプライムゴールドも29歳以下専用のゴールドカードであり、30歳時点で通常の三井住友VISAゴールドに自動昇格します。この辺りはJCBゴールドEXTAGEとほとんど同じです。

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本スペック

三井住友VISAプライムゴールドカード おすすめポイント

申込資格:20歳〜29歳(学生不可)

条件付きで年会費1500円通常5000円 /初年度無料)

空港ラウンジ無料サービス付き

旅行保険:海外国内ともに最高5000万

ショッピング保険:最高300万

電子マネー「iD」「PiTaPa」「WAON」

申込サイト 三井住友VISAプライムゴールドカード

基本的なスペックを見れば、JCBゴールドEXTAGEと同等以上です。

年会費が破格の安さにできる上に、三井住友VISAは電子マネーとの連携が豊富ですね。ポストペイ型電子マネーの主流iDのほか、PiTaPaやWAONも使えるので利用者の幅が広がります。

そして、デザインがカッコいい。

年会費が安くなる2つの条件

三井住友VISAプライムゴールドの年会費を下げる条件は、

  1. Web明細サービスの登録
  2. マイ・ペイすリボコース(リボ払い)への登録

この2つです。どちらかに登録する、あるいは両方登録することで年会費が下がっていきます。

分かりやすく割引表にしてみると▼▼

コース別年会費 ゴールドカード年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜1,500円+税
マイ・ペイすリボコース 税抜2,500円+税
WEB明細書コース 税抜4,000円+税
いずれも指定なし(通常年会費) 税抜5,000円+税

クレジット明細を郵送からWeb明細に切り替えるだけでも年会費4000円まで下がります。

そして、やはり大きいのはリボ払いコースへの登録。
これができれば年会費1500円という破格の年会費で三井住友のゴールドカードが持てるようになります。

本来、クレジットカードにおいてリボ払いは絶対避けたいところですが、「毎月の返済額をカード限度額と同額に設定する」という技を使えば、リボ払い登録をしても一回払いが可能になります。初回手数料は無料なので、1回で払えば手数料も取られません。

最初の設定に一手間入りますが、それだけで今後の年会費が3000円近く違ってくるので、手間を惜しまず設定しておきましょう。

空港ラウンジサービスはもちろん完備/海外保険も充実

ラウンジ

空港ラウンジ無料は当たり前です。フライト前にちょっと一息つきながら、ドリンク片手にパソコンで一仕事できちゃいます。

こちらも国内主要空港とハワイホノルル空港は年中無休でいつでも無料利用できるので、旅行や出張の際には使い倒したい特典です。

そして旅行保険も海外・国内ともに最高5000万円が付帯します。補償額はJCBゴールドEXTAGEと同じですが、三井住友VISAプライムゴールドは年会費1500円で持てますからね。そう考えるとコスパは最強です。

電子マネーiD搭載

iD

JCBのQUICPayに対して、三井住友VISAはドコモ運営の電子マネーiDが搭載されています。

iDはポストペイ型の最大手なので、使えるシーンは非常に多いのが強みです。コンビニやスーパーの少額決済ではiDの出番になります。

iD使い方

また、三井住友VISAはiDだけでなく、関西圏で使えるPiTaPaや、イオングループでお馴染みのWAONと、多くの電子マネーと連携していることも強みです。

ポストペイ型電子マネーの解説記事でも書いていますが、電子マネー搭載クレジットカードとしては三井住友VISAが最もおすすめですね。ID超便利です。

最上級プラチナを目指そう!

三井住友VISAカードの最上級カードは「プラチナ」です。券面はブラックかつ年会費50000円なので、グレード的にはJCBザクラスと同等レベルでしょう。

ただ、三井住友VISAプラチナはゴールドのすぐ次です。JCBよりも階段が一つ少ないので、入手難易度は下がるでしょう。ただし、入手するには三井住友VISAカードにどれだけ貢献してきたかがカギになります。

⇒三井住友VISAプラチナカードは申込で作れる!インビテーションとどちらを狙うべきか

20代でプライムゴールドを持ち、30代でゴールドに昇格させ、数年間はカード実績を貯め続けてプラチナへの招待を待ちましょう。

1年でも早くプラチナカードを手にするためには、20代のうちから三井住友VISAプライムゴールドをメインカードにして、ガンガン使いまくることが鉄則です。

三井住友VISAカードを作るなら今!入会キャンペーンをお見逃しなく!

JCBに同じく、プライムゴールドを作るなら絶対に新卒・新社会人のボーナスタイムを逃さないようにしましょう。三井住友VISAのゴールドカードを作れるのは今だけかもしれません。

こちらもゴールドクラスの入会キャンペーンが用意されています。数千円単位のポイントがもらえるので、家具や家電や生活品など、新生活の足しにできるでしょう。

キャンペーン内容は時期によって変動するので、公式サイトでチェックしてみて下さい。

>> 三井住友VISAプライムゴールド公式サイトはこちら

評判高い!20代専用の三井住友VISAプライムゴールドカードでモテる男に!

最近は20代でもゴールドカードを持っている人が増えてきました。といっても、ほとんどはエポスゴールドやイオンゴールドのような提携カードであり、ややステータス性には欠けています。 20代のビジネスマンなら ...

続きを見る

まとめ

人生初のゴールドカードは、ちょっと背伸びして格好つけましょう。

JCBか三井住友VISAか、どちらを選ぶかは完全に好みによります。電子マネーがQUICPayかiDかで分かれるので、自分が普段使っている方があればそちらにすると良いですよ。

あとはもう、単純にカードデザインが好みかどうかですかね。自分はどちらかというと三井住友VISAの方が好きです。JCBカードはザ・クラスだけ別格にカッコイイんですけど、その他カードのデザインが個人的には……という感じ。

ステータス性やスペック面ではほぼ同格だと思うので、お好きな一枚を選んでみて下さい。

公式サイトJCBゴールドEXTAGE

公式サイト三井住友VISAプライムゴールドカード

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-ゴールドカード, ビジネスマン向けカード, 学生・20代向けカード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.