特典・お得な使い方

誕生月にポイントアップするクレジットカードまとめ!集中的爆買いでポイント荒稼ぎ

更新日:

geralt / Pixabay

クレジットカードの中には、誕生月に通常月よりもポイントがアップするサービスを提供しているカードがあります。

こうしたクレジットカードを1枚持っておき、誕生月に集中して買物をすることでポイントをハンパなく貯めることができます。

下記で誕生月ポイントアップのクレジットカードを3枚紹介していくので、ぜひ自分の誕生月のために1枚持っておいてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

誕生月ポイントアップといえばライフカード

誕生月のポイントアップといえば、真っ先に名前が挙がるのが ライフカード です。

誕生月はポイント3倍という破格の還元率は、今でも他社にはマネすることができません。

一体このライフカードでどれだけポイントが貯まるのか、そのスペックを見てみましょう。

 ライフカードは年間50万円以上の利用からお得

ライフカードのポイントプログラムは「LIFEサンクスプレゼント」です。

1,000円で1ポイント付与され、基本ポイント還元率は0.5%。基本還元率は普通ですが、ポイント有効期限は延長の申請をすると最長5年に伸ばせます。

誕生月ポイント5倍の他に「ステージ制ポイント」があり、利用金額によって次年度のポイント付与がアップします。

ステージは「レギュラーステージ」「スペシャルステージ」「ロイヤルステージ」「プレミアムステージ」の3種類があり、年間カード利用金額に応じて振り分けられます

そして、そのステージによってそれぞれ次年度のポイント付与率が決定する仕組みです。

ステージ 年間利用額 次年度ポイント還元率
レギュラー 〜50万円未満 1.0%
スペシャル 50万〜100万未満 1.5%
ロイヤル 100万〜200万未満 1.8%
プレミアム 200万以上〜 2.0%

参考 ライフカード

年間200万円以上使えば次年度は2%還元です。年会費無料ながら驚異的なポイント還元率が実現できますよ。

また、年間50万円以上で300ポイントのプレゼントや、入会後1年間はポイント1.5倍といったサービスがあります。

これらのサービス内容から、年間の利用金額が50万以上になれば爆発的にポイントを貯めやすいことがわかります。

実際にどれくらいの違いがあるのか比較してみましょう。

年間50万円以上利用するとポイント差はどれくらいか?

誕生月に10万円の買い物をする場合で比較してみます。

まずは、年間49万円の利用ではどれくらいポイントが貯まるか計算してみましょう。

  • 【1年目】390,000円÷1,000円✕1.5倍+500ポイント(誕生月5倍)
    1,085ポイント
  • 【2年目~5年目】 390,000円÷1,000円+500ポイント
    890ポイント
  • 【合計】1,085+890✕4
    4,645ポイント(Vプリカ25,000円分+315ポイント)

次に、年間50万円利用(スペシャルステージ昇格)した場合のポイントです。

  • 【1年目】400,000円÷1,000円✕1.5倍+300+500
    1,400ポイント(初年度1.5倍)
  • 【2年目~5年目】400,000円÷1,000円✕1.5倍+300+500
    1,400ポイント(50万円利用で次年度1.5倍)
  • 【合計】1,400ポイント✕5年
    7,000ポイント(Vプリカ35,000円分+690ポイント)

比較してみると明確にわかりますが、年間50万円以上のケースと49万のケースを比べると、利用金額は1万円しか違わないのに獲得ポイントは1.5倍も違います。

誕生月に特に欲しいものがないという場合は、ライフカードが発行する「Vプリカ」を購入しておいて、欲しいものができたときに購入するという方法もあります。

ポイントはVプリカ購入時に5倍となります。

VプリカはVISA付きプリペイドカードで、1枚最大3万円、ひとり10枚まで持つことができます。

10万円までは合算して1枚にすることができるので、最後の1枚は合算できませんが10万円✕9枚+3万円=93万円分のVプリカが購入可能ですよ。

VプリカはネットショッピングやSuicaチャージに利用できるので使い道に困ることはないでしょう。

⇒Vプリカの使い方まとめ|コンビニでの購入方法からAmazonでの利用方法

ライフカードの概要

ライフカード おすすめポイント
ライフカード

年会費永年無料

ポイント還元率0.5%

年間利用額に応じて翌年のポイント還元率がMAX2%までアップ

初年度ポイント1.5倍

誕生月ポイント3倍

 その他特典

電子マネーiD

ETCカード無料

申し込みサイト ライフカード

ライフカードは税別1,250円の年会費ですが、海外旅行傷害保険の付帯なしで良ければ年会費無料を選ぶことができます。

海外旅行保険は他カードに任せて、ライフカードはポイントを貯める用として年会費無料を選んでおくといいですね。

ライフカードは審査基準も優しく、パート・アルバイトや専業主婦でも問題なく申込可能です。それでいて非常にポイントを貯めやすいので、1枚持っておいてまず損はしません。

>> ライフカード公式サイトはこちら

 

楽天プレミアムカードも誕生月特典ポイント付き

楽天プレミアムカード は、年会費税別1万円のゴールドカードという位置づけですね。

一応ワンランク下に、年会費税別2,000円の 楽天ゴールドカード も発行していますが、これは他カードでいう若者向けゴールドカードという感じです。

この楽天プレミアムカードにも、誕生月の特典があります。

楽天プレミアムカードのポイントサービス

楽天カードで付与されるポイントは、お馴染みの楽天スーパーポイントです。

どの加盟店でも100円で1ポイント付与されますが、楽天市場ではさらに1ポイント加算されるので、還元率は2%です。

楽天市場では常にキャンペーンを実施していますが「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」は期限未定のキャンペーンであり、楽天プレミアムカードで楽天市場の決済をすると、ポイントは常に4ポイント加算されるので100円で5ポイント付与となります。

公式サイト 楽天プレミアムカード

誕生月にはさらに楽天市場と楽天ブックスで1ポイントが加算となるので、還元率が6%です。

楽天市場での買い物でポイント還元率6%という異次元の高さになれば、楽天ユーザーには泣くほど嬉しいことです。楽天で買うだけで何でも6%割引と同じですからね。

しかし、そんなポイント面でのメリットに加え、楽天プレミアムカードの真の醍醐味は海外旅行サービスにあります。

充実した海外旅行サービス

楽天プレミアムカードの海外旅行向けサービスと付帯保険は次のとおりです。

  • 国内空港ラウンジ無料
  • プライオリティ・パス会員登録無料
  • トラベルデスク
  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険300万円

特にメリットが大きいのはプライオリティ・パスです。このサービスでは年会費399ドル(4万円相当)のプレステージ会員の登録が無料になります。

で、このプライオリティパスのプレステージ会員になると何ができるのかというと、全世界1,000ヶ所以上の海外空港ラウンジ(ビジネスクラスやファーストクラスも!)が無料で利用できます。

空港にもよりますが、ビジネスクラス以上のラウンジになると、ビュッフェの食べ放題やアルコール飲み放題は当たり前、スパやマッサージまで無料で受けられたりと贅沢の限りを尽くせます。

そんな世界中のハイクラスラウンジが使い放題になるプライオリティパスのプレステージ会員。年会費4万円相当のパスが、年会費1万円のクレジットカードを持っていれば無料になるわけです。

これだけで楽天プレミアムカードがどれだけ破格のサービスかわかると思います。

⇒プライオリティパス特典付きおすすめクレジットカード一覧!最もコスパの良い1枚はどれ?

【おすすめ?】楽天ゴールドカードのメリットを楽天カードと比較してみる

2016年9月、楽天カードから新たに「楽天ゴールドカード」が登場しました。 今まで楽天カードの1つ上のグレードは楽天プレミアムカード(年会費1万円)でしたが、今回の楽天ゴールドカードはその間に入るカタ ...

続きを見る

楽天プレミアムカード概要

楽天プレミアムカード おすすめポイント

年会費10000円

プライオリティパス(年会費4万円相当)が無料!

楽天市場でのポイント還元率5%以上(SPUキャンペーン中)

付帯保険

海外旅行保険:最高5000万

国内旅行保険:最高5000万

ショッピング保険:最高500万

 その他特典

プライオリティパスが全て

申し込みサイト 楽天プレミアムカード

誕生月は楽天市場でポイント還元率が6%、それ以外のいつでもSPU(スーパーポイントアッププログラム)中はポイント還元率5%と、楽天での買い物がとにかくお得になります。

ただし、楽天市場でのポイント目当てだけであれば、年会費2000円の 楽天ゴールドカード で良いです。こちらも同条件でポイントが貯まります。

やはり年会費1万の楽天プレミアムを選ぶ理由は、年会費4万相当のプライオリティパスが無料で手に入ることです。プライオリティパスが欲しい人は100%プレミアムカードですが、別にいらなければゴールドカードでOKですね。

>> 楽天プレミアムカード公式サイトはこちら
楽天ゴールドカードとプレミアムカードの違いを比較!【空港ラウンジの差が大きい】

楽天カードから「楽天ゴールドカード」が新たに発行開始されましたね。 これまでは一般の楽天カードの上位にはが存在していたわけですが、今回新登場した楽天ゴールドカードはプレミアムとは何が違うんでしょう? ...

続きを見る

エポスプラチナカード

最後は少し特殊なクレジットカードをご紹介します。

エポスプラチナカードは、申込することができない招待制のカードです。

エポスゴールド会員になって年間100万円以上を利用すると、インビテーション(招待状)により入会ができます。

ゴールドカードもインビテーションで入会することができ、エポスカードに入会して1年以上経過してから年間50万円以上利用すると、ゴールド会員へのインビテーションが届きます。

ゴールドカードは申し込みでも作れますが年会費5000円です。しかしエポスカードからのインビテーションで作れば年会費無料になるので、エポスカードからの昇格を狙うのが一般的です。

  • エポスカード
    1年経過で年間50万利用でインビテーション
  • エポスゴールド
    年間100万利用でインビテーション
  • エポスプラチナ

というステップを踏んでいくのが理想ですね。

こうしてエポスプラチナカードを手に入れると、大きなメリットがあります。

エポスプラチナカードのサービス

エポスプラチナカードは年会費税別2万円で、次のサービスがあります。

ポイントサービス

  • ポイントは200円で1ポイント(マルイの利用は2ポイント)
  • 年間利用金額によって最大10万円相当のポイントプレゼント(100万円以上で2万円相当)
  • 誕生月はポイント2倍(マルイは4ポイント)
  • ポイント有効期限なし(一般カードは2年)

その他のサービス

  • プライオリティ・パス
  • 国内空港ラウンジ同伴者1名無料
  • 海外旅行傷害保険1億円自動付帯
  • 国内旅行傷害保険最高1億円利用付帯
  • VISAプラチナカード優待
  • エポスプラチナカードグルメクーポン
  • Visa プラチナダイニング

エポスプラチナカードのメリット

マルイを利用する人であれば、マルイではポイント還元率1%になるので、さらにプラチナカードを利用することでメリットが大きくなります。

マルイで年間100万円利用すれば、1万円相当のポイントが貯まり、ボーナスポイントとして2万円相当がもらえるので年会費以上のメリットがあります。

それに誕生月ポイント2倍を活用すれば、もっとお得ですね。

さらに、楽天プレミアムカードと同じプライオリティ・パスの年会費(4万円相当)が無料となるので海外旅行が多い方には特におすすめです。

楽天プレミアムの年会費1万円に比べるとエポスプラチナは年会費2万円ですが、それでも年会費4万相当のプライオリティパスが無料になるのであれば、年2万はお得になる計算です。

ただし、さすがプラチナカードとあって直接申し込みはできないので、通常のエポスカードからインビテーションの階段を上がっていくのが理想ですね。

>> エポスカード公式サイトはこちら

まとめ

誕生月にメリットがあるカードとしては、やはり ライフカード に敵うクレジットカードはありません。それだけポイント5倍は魅力が大きいといえるでしょう。

しかし、 楽天プレミアムカード やエポスプラチナカードは特定店舗で大きなメリットがあるので、その店舗を利用している人にとってはライフカード以上にお得です。

自分の使い方にあったカードを選んで、誕生月に爆買してみましょう。

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-特典・お得な使い方

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.