法人カード

アメックスビジネスゴールドが法人ビジネス用カードとして人気の理由

更新日:

helpsg / Pixabay

法人、あるいは個人事業主やフリーランスの人でも、事業所得者としてビジネスを行っている人は、取引上の支払いにクレジットカードを利用している人は多いと思います。

未だに経費の支払いを現金で行っている人は、クレジットカードの活用を視野に入れてみて下さい。

昨今は特にクラウド会計の急速な普及によって、経費の管理・会計の記録の大部分を自動化できるようになってきていますので、経費の支払いをクレジット(電子データ)にすることで、ITサービスの恩恵を最大限に活用することができます。

ということで、事業主としてビジネスをする上で『ビジネス用のクレジットカード』を持つことをオススメするのですが、「個人のクレジットカードではいけないの?」という問題については下記の記事にまとめています。

簡単に言うと、そもそも会社はもちろん、個人事業主であっても売上がある程度の事業レベルにある場合、多くのカード会社は事業の経費に個人のクレジットカードを利用することを規約で禁じています。規約に違反するとカード会社から警告を受けたり、最悪の場合には利用停止されるケースもあるのでリスクがあります。

規約違反のリスクもそうですが、ビジネス用とプライベート用に分けることで経費の明細を管理しやすくなったり、ビジネス用クレジットカード特有の特典も受けられたりとメリットも多くあるので、やはりビジネス用のクレジットカードは事業主には必須アイテムです。

しかし、特に個人事業主やフリーランスの方は、ただでさえ社会的信用が低い上に、収入もさほど多いわけではなく……という人も多いと思います。中には「どうせ審査に通らないだろう」と思い込んでクレジットカードすら持っていない人もいるのではないでしょうか?

そのような人たちに特にオススメなのが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード」です。

公式サイト アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード

スポンサーリンク

アメックス・ビジネスゴールドの魅力

アメックスビジネスゴールド

>> アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード公式サイトはこちら

魅力1: 個人事業主でも申し込み可能

アメックスビジネスゴールドは、個人事業主でも作れる法人向けカードの代表といっても過言ではありません。公式サイトでも、【個人事業主様向け】という文字がしっかり書かれています。

また、法人としてクレジットカードを作る場合に懸念されるのが「実績」や「事業年数」ですが、アメックス・ビジネスゴールドは新規法人にも優しいという声も多数あります。

法人設立直後、まだ実績がない状態で法人カードを作りたいなら、アメックス・ビジネスゴールドが有力候補になります。

魅力2:高いブランド力とステータス

一昔前のアメックスゴールドカードはまさしく「ステータスの象徴」であり、高年収の人が持つカードというイメージは今も強く残っています。

ゴールドカードの更に格上となる「プラチナカード」と「ブラックカード」が誕生したことで、ゴールドカードの地位が相対的に下がったため、今では一般的な安定収入を得ている人でも申し込めるようになりましたが、前述のように「アメックス・ゴールドカード」のブランド力とステータス感は今なお健在です。

⇒アメックス総まとめ!グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックまで最高峰ブランドカードを一挙紹介!

魅力3:豊富な保険や特典サービス

アメックスのゴールドカードは各種保険をはじめとする特典サービスが非常に充実していることが大きな魅力です。

ビジネスゴールドの主な特典をざっと列挙してみても、その多さが分かると思います。

【ビジネス向け特典】

  • 四半期管理レポート
  • ビジネスセービング
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員が無料
  • ヘルスケア無料電話相談
  • メンバーシップ・トラベル・サービス「ゴールド・デスク」

【旅行向け特典】

  • エアポート送迎サービス
  • 海外旅行保険(最大1億円)
  • 空港パーキング料金割引・ご優待
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • 海外用レンタル携帯電話ご優待
  • 無料ポーターサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • オーバーシーズ・アシスト
  • トラベル・サービス・オフィス

【ショッピング保険】

  • キャンセル・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション

【エンタメ系特典】

  • コットンクラブ
  • 京都観光ラウンジ
  • Ticket Access®
  • 新国立劇場
  • ゴールド・ワインクラブ

……などなど、特典は覚えきれないほど豊富にあります。

全ての特典を紹介するのは不可能なほど豊富なサービスが揃っているので、中でも特に主要な付帯サービスについて簡単に紹介してみます。

>> アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード公式サイトはこちら

スポンサーリンク

アメックス法人カードの知って得する嬉しい特典

四半期管理レポート

3ヶ月ごとに、アメックスビジネスゴールドカードを「何にいくら使ったか」を集計したレポートを発行してくれます。

カードの利用記録を、会員別・業種別に集計してくれるので、社員一人ひとりの経費の使い方をチェックし、経費の管理と削減に役立てることができます。

福利厚生プログラム「クラブオフ」

レストラン・ホテル・スポーツジム・人間ドッグ・レジャー施設・ショッピングといった様々なサービスを、優待価格で利用できるサービスです。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」

企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などまで、幅広く収録した日本最大級のビジネス情報データベースサービス「ジー・サーチ」を無料で利用できます。

「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」から企業情報や新聞、雑誌といったビジネス情報をオンライン上で取得できるサービスです。

最高1億円の旅行保険

旅行代金をアメックスカードで払うことで、最高1億円の旅行保険を付帯できます。

アメックスカードで支払いをしなくとも、アメックス保持者なら海外旅行において最大5000万の保険が自動付帯されます。

各種ショッピング保険(最大500万)

  • ショッピング・プロテクション

⇒カードで購入した商品が盗難や破損の被害にあった時に、購入日から90日間、年間500万まで保証

  • オンライン・プロテクション

⇒カードが不正利用された場合に、損害をアメックスが全額補償

  • リターン・プロテクション

⇒カードで購入した商品を返品したくなったとき、お店が返品を受け付けてくれなくても、アメックスに返品することで全額を返却

  • キャンセル・プロテクション

⇒仕事の急用や病気・事故などで旅行をキャンセルするとき、キャンセル料を年間10万円までアメックスが補償。

その他サービス

  • 空港ラウンジ無料サービス

国内の主要28空港の空港ラウンジが無料で利用可能です。しかも、同伴者1名まで共に無料にすることができます。

  • ホテルやダイニングでも優待割引あり

国内300以上のレストランで20%キャッシュバックを受けられたり、ホテルやショッピングにおいても優待割引が受けられます。

  • 親切丁寧なゴールドデスク

カード会社はサポートセンターに電話しても繋がらなかったり対応の質が悪かったりしますが、アメックスはサポートが非常に丁寧な会社であり、さらにゴールドカード保持者は『ゴールド会員専用サポート』を利用できます。

>> アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード公式サイトはこちら

スポンサーリンク

アメックスビジネスゴールドの唯一のデメリットは年会費の高さ

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードの年会費は【31000円+税】となっています。

この年会費は、高いか安いかで言えば、間違いなく高い部類に入るでしょう。

とはいえ、アメックスならではの豊富な特典サービスや、圧倒的なブランド力やステータスを考慮すれば、年間3万円ほどの価値は十分にあります。

ちなみに、個人用カードであるアメックスゴールドカードよりも、ビジネスゴールドの方が年会費が安くなっています。

個人事業主やフリーランスで、アメックスのゴールドカードを所有したい人は、年会費コストの面から見ても事業向けのアメックス・ビジネスゴールドがやはりオススメです。

関連アメックスビジネスゴールドカードが年会費引き上げ!新サービスに値上げ分の価値はあるか?

まとめ

法人はもちろん、個人事業主であっても、経費支払い用にアメックス・ビジネスゴールドを持っておけば、クラウド会計ソフトと連携して会計管理を劇的に効率化できます。

様々な特典・サービスを受けられるうえに、面倒で仕方ない確定申告も非常に楽になりますから、この機会にぜひビジネス用カードを所有してみてはいかがでしょうか。

>> アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード公式サイトはこちら

 

⇒個人事業主がビジネス用カードを持つメリットは?自営業向けおすすめ法人カードはどれ

⇒【会社設立直後】初めての法人カードの作り方とおすすめビジネスカードまとめ

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-法人カード
-

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.