基礎知識・審査

クレヒスの作り方|延滞情報は何年残る?その期間はカード作れない?

更新日:

『入会には所定の審査がございます』

どんなクレジットカードの申し込みにも載っている一文です。

当たり前ですが、クレジットカードを作るのには「審査」があり、審査に通らないとカードは作れません。

そして、審査において超重要になるのが『クレジットヒストリー(いわゆるクレヒス)』というもの。簡単に言うとクレジットカードの”利用履歴”です。

「クレジット(=信用)」と名のつく通り、クレヒスはあなたの信用を表します。

綺麗に育っていれば信用も増してより高いグレードのカードを作れるようになりますし、逆に返済を延滞したりしてクレヒスに傷がつくと信用は地に堕ち、カードもロクに作れなくなります。

そこで下記では、

  • クレヒスの基本
  • キズがつく原因
  • 延滞情報が残る期間
  • クレヒスの作り方

について分かりやすく説明していきます。

クレヒスはカードを扱う上で非常に大事な問題なので、しっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

クレヒスとは、個人信用情報機関に登録された履歴情報

クレヒス

クレジットヒストリーとは、その名の通り、あなたがカードを利用してきた履歴(歴史)であり、実績でもあります。

あなたが、いつ・何に・いくらカードを使い、しっかり返済したか、遅れたか、未納か、などなど……あなたのこれまで全てのカード利用情報は、各カード会社から「個人信用情報機関」というデータ機関へと登録されています。

この個人信用情報機関には、

  • 「株式会社CIC」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」
  • 「日本信用情報機構」

などなど、いくつかの機関がありますが、要するに各カード会社や消費者金融などからあなたの利用情報を受け取って、あなたの”履歴書”を集計している機関です。

例えば、あなたが複数のクレジットカードを持っていたとしたら、各カード会社が加盟している個人信用情報機関にあなたの履歴データを登録しているわけです。

ここで1つ知っておきたいことは、個人信用情報機関に登録されているあなたのクレヒスは、加盟している全てのカード会社が見ることができる、ということです。

つまり、あなたのクレジットヒステリーは、ほぼ全てのカード会社で共有されていると思って下さい。なので「AMEXは多分クレヒスが悪いから、新しくJCBのカードを作ろう」とか通用しません。

このことから、クレジットヒストリーというものがどれほど重要か分かりますよね。

 

クレヒスに傷がつく原因は?

クレジットヒストリーがボロボロになると、新しいカードの審査に通らなくなったり、ゴールドカードプラチナカードにグレードアップすることも難しくなります。果ては住宅ローンなどのローン審査にも影響が出てきますので、絶対避けねばなりません。

では、どんなことが原因でクレヒスは傷つくのか?

1. 支払いの未納や遅延

最大にして最強の原因がコレ。支払いの未納や遅延です。

まず「未納」つまりカードの支払いをせず踏み倒す行為ですが、これを1度でもすると、クレヒスが傷つくどころか、一発でブラックリストに載ってしまう可能性があります。

ブラックリストも当然、個人信用情報機関で各カード会社に共有されるので、踏み倒してしまうと今後カードが作れなくなる恐れもあります。絶対にやってはいけない行為第1位です。

続いて「支払い遅延」ですが、これも未納ほどではないにしろ信用にキズがつきます。

中には故意ではなく、「口座にお金を入れておくのをつい忘れてしまって、振替日に引き落としがされなかった……」という”うっかり”パターンもあるでしょうが、そんな事情は関係なく、遅延・延滞としてクレヒスには微キズがつきます。

お金を貸した友人に「わりぃわりぃ、忘れてたわー。今すぐ払うよ」なんて言われても信用は減りますよね。それと同じです。

【補足】何年残る? 延滞などのデータ情報は通常「5年間」保存

未納・延滞や消費者ローンなど、クレジットカード審査にマイナスの影響を与える「ネガティブ情報」は、CIC(個人情報機関)のデータベースに5年間保存されます。

5年経てば消えるので、それより過去のネガティブ情報については心配する必要はないでしょう(ただし、延滞事故の重さによってはその限りではないかもしれません)

銀行口座の残高を見誤って返済できていなかった……など、誰でも一度はあるような小さな事故の場合、1年ほどですぐに解消されていることもあるそうです。

筆者の私も、過去に数回引き落としに間に合わなかった(数日後にすぐ返済した)ことがありますが、1年後くらいには問題なくカードを作れました。担当の方に「返済に遅れたことが数回あるんですが……」と正直に言いましたが、「もう何年か前なので大丈夫ですよ」と返されましたね。

この辺の基準はカード会社によっても違うかもしれません。

【補足】延滞情報が残っている期間は新しいカードを作れないの?

基本的に、ネガティブ情報が残っている期間、つまり一度クレジット事故を起こしてしまうと、向こう5年間はクレジットカードが作れなくなる危険性が高いです。

上記のように事故の度合いにもよるかもしれませんが、

  • 多額の返済を延滞した
  • 延滞に常習性がある
  • 返済せず踏み倒した経験がある

など、明らかに重い事故を起こした場合は厳しいでしょうね。

2. キャッシングなど消費者ローンの利用歴

キャッシングなど消費者ローンの利用歴があると、クレヒスにマイナスになると言われています。

なぜかと言うと、キャッシングなどを利用することは、「ぼくお金がないんです」と言っているのと同じだからです。

支払い遅延や未納ほどのダメージにはならないと思いますが、今後クレヒスを高めていくためには、出来る限りキャッシング・カードローンは利用しない方が良いです。

⇒クレジットカードのキャッシング枠とは?カードローンと違いを解説

3. クレジットカードを使わない人も信用は積まれない

クレジットカードをそもそも使わないというケースは、クレヒスにキズが付くわけではありませんが、カード利用の積み重ねがないためにクレヒスも「良く」はなりません。実績ゼロという評価になります。

例えば、カードをグレードアップしたい場合や、カード限度額を上げたい場合等に、利用実績ゼロだと審査に通りません。実績は積み上げていくものなので、カードを利用しなければクレヒスも築かれません。

ただし、クレジットヒストリーが真っ白な状態、つまりカード利用歴が全くのゼロの場合は俗に「スーパーホワイト」とも言われ、ちょっと事情が違ってきます。例えばカードを初めて作る時はもちろんカード利用歴はゼロですが、審査にマイナスにはなりませんし、むしろスーパーホワイトは審査に有利になることもあります。

あるいは、個人のカード実績情報は5年間保存される仕組みなので、5年の間カードを1度も使わなければ必然的にスーパーホワイトになります。

スーパーホワイトについては下記記事に詳しくまとめているので参考に。

4. 不動産の任意売却も信用情報の履歴に残る

最後はやや特殊ですが、不動産の「任意売却」をした際も信用情報に履歴が残ります。

任意売却というのは、住宅ローンが完済できない状況で不動産を売却することです。

通常、戸建やマンションなど不動産は、住宅ローンを完済しないと売却できません。しかし、不動産を売ったお金を充ててもなお住宅ローンが完済できない場合、「任意売却」という手段によって不動産を売却した上で売却資金をローン残債に充て、それでも残った分を分割返済していくというものです。

この場合も、「住宅ローンが返済できなかった」という履歴が信用情報に残ります。概ね5年〜8年程度で履歴は消えるようですね。

スポンサーリンク

クレジットカードヒストリーの正しい作り方

クレヒスの評価を上げることを「クレヒスを鍛える・育てる」などと言いますが、これはもちろん可能です。

クレヒスを鍛える方法は至ってシンプル。

  1. クレジットカードを沢山使う
  2. しっかり返済する
  3. 以下、繰り返し

ただこれだけです。

ひたすらひたすら、使っては返して使っては返して、と繰り返し、地道に”実績”を積み上げていくしかありません。

公共料金をカード引き落としにする。ショッピングや日々の買い物ではクレジットカードを利用するようにする。そしてきっちり返済をする。こうすることでクレヒスは少しずつ鍛え上げられていきます。

普段ショッピングでクレジットカードを使わない、使いたくないという人は、公共料金をクレジットカードで払えばクレヒスを鍛える意味でかなり効果的ですよ。電気代やガス代はもちろん、カードによっては住民税から各種保険料、家賃に至るまでカード払いできます。

知らず知らずのうちに毎月クレヒスは鍛えられますし、多額の固定費でポイントがガンガン貯まっていくので公共料金支払いは必ずクレジットカードにしておくべきでしょう。

人によってはクレジットカードを10枚以上所有している人もいますが、複数持ちの人でも「最低でも毎月1回」は各カードを利用するようにしましょう。

その他に付け加えるならば、カード利用は「リボ払い」よりも「一括払い」を選んだ方が効果的です。なぜなら、リボ払いを選ぶ人というのは傾向としてお金がない人だからです。

⇒クレジットカード破産はリボ払いが原因?延滞、強制解約、強制執行の恐怖

 

いつもリボ払いをしていると、「あぁ……この人は一括で買えるお金がないから、リボにしてるんだな」と思われてしまいます。

なのでこれもキャッシング等と同じく、可能ならばやめておいた方がいいでしょう。一括で支払える経済的余裕を示しておけば、それだけ信用を与えることができます。

⇒高還元率なリボ払い専用カードには注意!仕組みを知らないと危険……!

まとめ

カード大国のアメリカでは、クレジットカードの信用情報はそのまま個人の信用とされるほどカード利用実績は重要です。

日本でも住宅ローンなどの審査でクレジットヒストリーが見られているとか言いますからね。もちろん、審査の内情は明かされないので推測でしかありませんが、ひとまずクレヒスはあった方が良いことは間違いありません

日本人は約6割がクレジットカードの利用に消極的というデータが出ていますが、クレジットカードはきちんと使えばポイントもクレヒスも貯まるのでメリットしかないんです。

将来を見据え、今日からよりクレジットカードを利用していきましょう。

1%でもクレジットカード審査通過率を高める申込書の書き方

クレジットカード審査は、当然ですが申込した人がコントロールすることはできません。クレジットカード会社には審査基準があり、それに従ってクレジットカードを発行するかどうかを決めているからです。 クレジット ...

続きを見る

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-基礎知識・審査

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.