ゴールドカード

20代の憧れ!アメックスゴールドカードで手に入る豪華特典とステータス

更新日:

クレジットカードの代名詞とも言われるアメリカン・エキスプレスカードの中でも、かつては『ステータスの象徴』として不動の地位に君臨し、今なお圧倒的なブランド力と高いステータス性を誇るのが、

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード です。(通称アメックスゴールド)

バブル期に全盛を迎えた男性の方にとってはまさに憧れのクレジットカードであり、当時はそれこそ高年収の証として扱われたアメックスゴールドですが、今の時代では一般的なサラリーマンや個人事業主でも問題なく申し込めるカードになっています。

圧倒的なブランド力のため年会費はやや高めですが、それを補った余りある特典サービスとステータス性がある1枚なので、ぜひ憧れのゴールドカードを手にしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

スポンサーリンク

目次

アメックスゴールドカードのスペック

カード名 アメリカンエキスプレス・ゴールドカード
券面 アメックスゴールド2
発行会社 アメリカン・エキスプレス
年会費 29,000円(+税)
ポイント還元率 1%(一度アイテム交換すればポイント無期限に)
旅行保険 海外1億円(自動付帯)/国内5000万(利用付帯)
プロテクション
  • ショッピングプロテクション
  • キャンセルプロテクション
  • オンラインプロテクション
  • リターンプロテクション
特典サービス 多数(詳しくはアメックスゴールドの豪華特典紹介にて)
申込サイト アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

こんな所でしょうか。旅行保険に「億」の単位がついてくるのがスゴいですね……。

では、ポイントごとにもう少し詳細に見ていきます。

アメックスゴールドカードの審査基準

まず、クレジットカードの審査については、年収、家族構成、職業、勤続年数、カードの事故歴など、複数の要素によって総合的な判断が下されるため、明確なハードルを定めるのは難しいです。

とはいえ、20代のサラリーマンでもアメックスゴールドカードを所有している人は多数いますので、昔に比べると申込安くなったと言えます。

また勘違いされがちですが、クレジットカードの審査において最も重要なのは、「収入が高い」ことではなく、「収入が安定している」ことです。

年収800万稼ぐ個人事業主よりも、年収500万の公務員の方がクレジットカードは作りやすいのです。

個人事業主やフリーランスは事業の継続年数が大事

フリーランスや個人事業主でもゴールドカードは所有できるとされていますが、そこには『どれだけ継続的に(安定的に)事業を続けているか?』という指標がプラスアルファで大事になります。

たとえ年間所得額にそこまで自信がなくとも、その所得額を継続して何年も稼いでいるのなら立派な審査対象となります。

⇒独立起業したらクレジットカードの審査に通らない!?開業前に知っておきたい発行の注意点

 

アメックスゴールドカードが申し込みやすくなった理由

アメックスゴールドが昔に比べて申し込みやすくなった理由は『もっと格上のカードが誕生したから』です。

アメックスカードは、ランク順に以下の種類のカードがあります。

  • グリーンカード(通常)
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • センチュリオンカード(通称ブラックカード)

このように、格上のプラチナカードや、最高級ブラックカードが生まれたおかげで、ゴールドカードの地位は相対的に下から2番目になったのです。

なので相対的に見れば、今のゴールドカードは【初級〜中級者】のランクなのですが、いかんせんバブルの頃の圧倒的ステータスのイメージが未だに消えず、現在でも『アメックスのゴールドカード』にはステータス感があります。

⇒アメックス総まとめ!グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックまで最高峰ブランドカードを一挙紹介!

スポンサーリンク

アメックスゴールドカードの豪華すぎる特典

アメックスゴールドカードの大きな強みと言えば、1つはこれまでに述べた「ステータス感」。簡単に言うと、”カッコいい”ことです。

そしてもう1つの大きなメリットが、【特典・サービスの充実度】です。

アメックスゴールドカードを持つことによって、得られる特典や利用できるサービスが非常に豊富に用意されており、まさに至れり尽くせりです。

ここでは代表的な特典サービスをいくつか簡単に紹介してみます。

最高1億円を補償してくれる旅行保険【国内・国外】

航空券やツアー代金をアメックスゴールドカードで支払うことで、最高1億円の旅行保険を付けることができます。また、カードで支払っていない場合でも、5000万円の旅行保険が自動付帯されます。

このような旅行保険はどのゴールドカードにも付帯されている定番の特典ですが、1億円という額はゴールドカードの中でも最高額であり、アメックスの補償の手厚さがうかがえます。

特に海外旅行の場合なんかは、怪我など傷害を負ってしまった場合に、日本と違って医療費がバカにならないケースも多いため、補償額は多いに越したことはありません。

例えばアメリカは救急車を呼ぶのも有料なことからお察しの通り、日本よりも医療費はかなり高くなっています。

不正対策も完璧!4種類のプロテクションを完備

ショッピング・プロテクション

アメックスゴールドカードで購入した商品が盗難や破損の被害にあってしまったとき、購入日から90日間、年間最高500万円まで保証が付きます。(国内・国外問わず)

オンライン・プロテクション

オンラインショッピングなどで万が一、クレジットカードを不正利用されてしまった際には、損害をアメックスが全額補償してくれます。

「クレジットカードでネットショッピングするのは何か怖い……」という人でも、もしもの時はアメックスが完璧に守ってくれるので安心です。

リターン・プロテクション

クレジットカードで買った商品を返品したくなったとき、必ずしもお店が返品を受け付けてくれるかは分かりません。

もしお店が返品を受けてくれなくても、アメックスに返品することで購入額の全額を返却してもらうことができます。(購入から90日以内に限る)

キャンセル・プロテクション

仕事の急用や、突然の怪我や病気などで旅行をキャンセルしなければならなくったとき、そのキャンセル料を年間最高10万円までアメックスが補償してくれます。

 

旅の癒し。 空港ラウンジ無料サービス

ロンドンヒースローラウンジ2

国内の主要28空港・海外2空港において、空港ラウンジを無料で利用することができます。さらにアメックスなら、カード会員の本人のみでなく、同伴者も1名まで無料利用が可能です。

ドリンクの提供や新聞・雑誌・ネット環境などが完備されたラウンジで、搭乗までのひとときを無料で楽しむことができますね。

飛行機が遅延した場合の臨時出費も補償してくれる

飛行機の遅れによって、不測の出費が発生した場合、例えば宿泊費・飲食費なども、アメックスが補償してくれます。

国内線で使える「エアポート・ミール」

搭乗日の1週間前までにメンバーシップ・トラベル・サービスにてJALおよびANA(グループ会社を含む)の羽田/伊丹空港発国内線航空券を購入すると、羽田/伊丹空港内の対象店舗で使用できる1000円分のクーポンをもらえます。

旅行時の送迎・配送サービスも充実!

エアポート送迎サービス

海外旅行へ行く際および帰国した際に、指定場所から空港までの間を、アメックスがチャーターしたタクシーが格安の定額料金で走ってくれます。

自分でタクシー呼んで行くよりも安く済むうえ、空港についてからもドライバーが荷物をチェックインカウンターまで運んでくれるため、非常に人気の高いサービスです。

このエアポート送迎サービスは、ゴールドカードならではのサービスです。

対象空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)

手荷物無料配送サービス

海外旅行の出発時または帰国時に、カード会員1名につきスーツケース一個まで、空港から自宅間を無料で配送してくれるサービスです。これを利用することで、手ぶらで空港までいくことが出来るので移動が楽になります。

対象空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)

旅行特典満載のアメリカンエキスプレスセレクト

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン

https://travel.americanexpress.co.jp/travel/arc.cfm?tab=h

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」はオンラインの予約サイトです。

このサイトでは定期的にキャンペーンをしているので、これを利用するとホテルや旅館を割引で利用できます。

例えば2017年5月31日までのキャンペーンでは、5,000円オフのプロモーションコードを発行しています。

3万円以上の予約で利用できるコードで、トラベルオンラインで予約できるホテルは全て対象となります。

アメックスカードを持っている人は旅行前にキャンペーンをチェックするといいですね。

エクスペディア優待

エクスペディア

世界最大の旅行予約サイト『エクスペディア』を、優待価格で利用することができます。ホテルやツアー代金を安くできるので、ぜひ利用しておきたいサービスです。

アメックス会員は、

  • 海外ホテルご宿泊料金:8%オフ
  • 海外ツアー料金:3,750円オフ(15万円以上(税抜)の利用の場合)

といった特典を受けることができます。

専用サイトでクーポンコードを取得して、予約時にクーポンコードを入力して利用しましょう。

旅行関連特典については下記記事に詳しく書いています。

関連記事海外旅行で超使えるアメックスエキスプレスセレクトの使い方

スポンサーリンク

グルメ特典「ゴールド・ダイニングby招待日和」

良い感じのレストランが1名無料!

「ゴールド・ダイニングby招待日和」とはアメックスゴールドで利用できる特典で、レストランの所定のコースを2名以上で利用した時に1名の料金が無料になるサービスです。

3名で利用しても4名で利用しても無料になるのは1名分の料金のみなので、2名で利用するときが50%オフで1番コストパフォーマンスが良くなります。

さらに、1度のみならず何度でも利用できるので行けばいくほどお得になります。

この特典はアメックスゴールド会員以上であれば利用でき、ビジネスゴールド会員の場合でも利用できます。

原則として高級レストランの"コース料理のみ"が対象になっており、コースにある様々な上質な料理を楽しむことができるのが魅力です。

通常入会もできるが要件は厳しい

クレジットカード関係なく、この「招待日和」というサービスは通常入会して利用することも可能ですが、その場合は入会条件が厳しいです。

医師のみ、または招待日和を運営している株式会社フィールドプランニングが承認し、入会を希望した個人及び法人、団体の方しか利用することができません。

さらに下記のとおり会費もかかってきます

<個人会員の場合>

  • 年会費の場合  一括 32,400円 (税込)/1名様
  • 月会費の場合  月額  2,700円 (税込)/1名様

<法人・団体会員の場合>

  • 年会費の場合  一括 38,880円 (税込)/1法人様
  • 月会費の場合  月額   3,240円 (税込)/1法人様

なかなか高額な会費ですよね。

しかしアメックスゴールドを持ってさえいれば、この招待日和が無料で利用できます。アメックスゴールドの年会費は31,320円(税込)ですので、通常入会よりお得に入会できるというわけですね。

さらに本会員のみならず、家族会員の方も利用でき、家族会員の年会費は1人目無料で、2人目の年会費は12,960円(税込)ですので、さらにお得になります。

よく指定の店舗を利用する方であれば、この特典だけで十分元が取れる計算になりますよ。

もっと詳しくは下記記事をお読み下さい。

詳しく!グルメ必見!アメックスゴールド特典のゴールド・ダイニングby招待日和を使い倒そう

アメックスは「家族カード」も超優秀

アメックス家族カードの年会費について

家族カードというのは、本会員の親カードを元に発行する子カードのようなもので、主に家族に持たせるために発行します。

家族カードは本カードより年会費が格安になる上、特典やスペックは本カードと同等のものが使えるので非常にお得です。

アメックス家族カードの年会費は、本会員の半額以下になっています。

※税抜き

さらに、アメックスゴールドカードは家族カード1名まで無料で発行することができます。

特に配偶者の方は一緒に旅行など行動することが多いでしょうから、家族カードを発行しておいて損はないでしょう。家族カード会員でも旅行保険などしっかり適用されます。

一つ注意点としては、限度額です。

家族カードの利用料金は本カードに集約されるので、家族みんなで本カードの利用枠内でしか使えません。

例えば、夫が本カード会員で限度額100万を持っており、妻一人と子供一人に家族カードを発行した場合でも、3人みんな(のカード)で合計100万円の枠に収める必要があります。

※家族カード分の利用額は、本カードにまとめて請求されます。

アメックスは兄弟や婚約者・内縁の妻(夫)にも家族カードを発行可能!

アメックスカードの家族カードが優れているところは、保有できる人の範囲が幅広いことです。

普通のクレジットカードの家族カードは親、子、配偶者までに限られていますが、アメックスの家族カードの場合は兄弟もOKのほか、家族を超えて「婚約者」や「内縁の妻(夫)」にも家族カードを発行できます。

戸籍上は家族ではなくても事実上の家族であれば発行可能ということになっています。

生計を共にしていれば、支払いをまとめて管理したいですよね。そういう時に、アメックスの家族カードなら発行できる人が幅広いので便利です。

家族カードについてもっと詳しくは下記記事をお読み下さい。

参考記事兄弟にも発行可能!アメックス家族カードの審査や限度額について

 

アメックスゴールドカードのデメリットは年会費の高さだけ

様々なメリットをざっと見てみた所で、デメリットもしっかりと理解しておきましょう。

もちろん、アメックスゴールドカードにも、他のゴールドカードと比較して弱点となる点があります。

それは、年会費29000円(+税)という年会費の高さです。

この年会費は、他のゴールドカードと比べても非常に高いレベルなので、よく考える必要があります。確かに所有できるハードルは下がっていますが、やはりゴールドカードというだけあって、一般的なクレジットカードに比べると年間コストは高くなります。

まとめ

以上、アメックスゴールドカードの特徴を見てみました。

メリットとしては、圧倒的なブランド力と豪華な特典の数々。

デメリットとしては、年会費が他ゴールドカードよりも高いことです。

といっても、年会費約3万円と言ったら月額にして3000円もしませんし、29000円という年会費を十分に納得させるほどの付帯サービスが充実しているのは間違いありません。

年会費、ステータス、付帯サービスなど、総合的に評価すればやはり最上級のクレジットカードであることは間違いありません。

>> アメリカンエキスプレス・ゴールドカード公式サイトはこちら

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-ゴールドカード
-

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.