カードランキング ビジネスマン向けカード

サラリーマン・ビジネスマンのおすすめクレジットカードBEST5!

更新日:

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。

やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時計やスーツがそうであるように、クレジットカードもまた”身だしなみ”なのです

今回は、世のサラリーマンやビジネスマンが持っていて恥ずかしくない、ステータス性のあるおすすめのクレジットカードBest5を紹介します。

未だに年会費無料の提携カードしか持っていないサラリーマン・ビジネスマンは、ビジネスシーンでの名刺代わりの1枚を作っておきましょう。

photo credit: Akasaka Biz Tower via photopin (license)

スポンサーリンク

1位:アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード おすすめポイント
アメックスゴールド2

最上級のステータス性

還元率1%

旅行関連特典が充実

通常年会費29000円

付帯保険

海外旅行保険:最高1億円

国内旅行保険:最高5000万

 その他特典

空港ラウンジ無料利用

 ホテルやダイニングの優待

エクスペディア優待

ショッピングプロテクション

キャンセルプロテクション

オンラインプロテクション

リターンプロテクション

申し込みサイト アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

かつて「憧れのクレジットカード」の名を欲しいままにしていたのがアメックスゴールド。その魅力は何と言ってもステータス性にあり、今でもアメックスゴールドを見ればそれだけでスタイリッシュかつステータス性を感じる人は多いのです。

昔はそれこそ一流のエリートマンだけが持てるカードでしたが、現在は20代のサラリーマンでも比較的容易に持てるようになっています。

ビジネスの場で使うカードは、出来るだけ見栄えのいいカードを使いたいですよね。それならアメックスゴールドの右に出るカードはありませんよ。

さらにアメックスブランドは旅行関連特典が非常に充実しており、空港ラウンジ無料や各種保険(プロテクション)が完備されているのはもちろん、エクスペディア優待やダイニングなどの優待特典も豊富です。

年会費が他ゴールドカードより高いのがネックですが、圧倒的なブランド力で選ぶならアメックスゴールドで間違いないでしょう。

>> アメリカンエキスプレス・ゴールドカード公式サイトはこちら

 

2位:三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード おすすめポイント

デザインがカッコ良すぎ

条件付きで年会費4000円(通常10000円 /ネット申込で 初年度無料)

プラチナカードへの登竜門

付帯保険

海外旅行保険:最高5000万

国内旅行保険:最高5000万

ショッピング保険:最高300万

 その他特典

電子マネー「iD」「PiTaPa」「WAON」

主要空港ラウンジ無料利用

ゴールドカードデスク

盗難紛失サポート

申込サイト 三井住友VISAゴールドカード

VISA国内最大手の三井住友VISAゴールドカードは、やはり抜群の安定感とステータス性があります。
何と言っても、シンプルにカードデザインがカッコ良い!

さらに上はプラチナカードまであるので、「上を目指せるカード」としても持ちがいのあるカードですよね。

通常年会費は10000円(税抜き)と平均的なゴールドカードの年会費ですが、「Web明細サービス」「マイ・ペイすリボ(リボ払い)」に登録すれば年会費を最大4000円まで下げることができます

コース別年会費 ゴールドカード年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜4,000円+税
マイ・ペイすリボコース 税抜5,000円+税
WEB明細書コース 税抜9,000円+税
いずれもご指定なし(通常年会費) 税抜10,000円+税

「マイ・ペイすリボ」つまりリボ払いは本来避けたい返済方法ですが、三井住友VISAゴールドのリボ払いは初回手数料が無料なので、1回の返済額をカード限度額に設定する(つまり初回で全額返済してしまう)ことで、通常の1回払いと同じにできる小技があります。

初回手数料無料なので、初回で全額返済すればリボ払いの高い金利もかかりません。

この技で年会費を4000円にしてしまえば、非常にコスパの良いゴールドカードになります。最高5000万の旅行保険は海外国内ともに自動付帯しますし、国内主要28空港のラウンジは無料で利用できるようになります。

電子マネーも多数搭載できるので、現金を使わないスマートな会計を心がけましょう。そちらの方が、デキるビジネスマンぽくはないですか?

三井住友VISAゴールドを1枚入れておけば、財布もとてもスリムでスマートになります。

>> 三井住友VISAゴールドカード公式サイトはこちら

※ただ一点注意が必要ですが、三井住友VISAゴールドカードは原則30歳以上が申し込めるカードです。

まだ20代の若手ビジネスマンには、20代専用の三井住友VISAプライムゴールドカード」が用意されています。

こちらは若者専用とあって年会費が最高1500円まで安くなる格安のゴールドカードです。

カードデザインは通常の三井住友VISAゴールドとほとんど変わらず、ステータス性も抜群なので、まだ20代の人はプライムゴールドにしましょう。30歳になると自動で三井住友VISAゴールドに昇格します

20代はこちら三井住友VISAプライムゴールドカード

3位:JCBゴールドカード

JCBゴールドカード おすすめポイント

安定のステータス性

ゴールド ザ・プレミアへのインビーテションを受けよう

通常年会費10000円

付帯保険

海外旅行保険:最高1億円

国内旅行保険:最高5000万

ショッピング保険:年間500万

 その他特典

空港ラウンジ無料利用

ゴールドデスク

東京ディズニーリゾート特典

健康サービス

家族カード

ETCカード

QUICPay

申し込みサイト JCBカード公式サイト

JCBゴールドカードも特別目立った強みはありませんが、提携カードにはないブランド本家のステータス性があるゴールドカードです。

※原則30歳以上です。20代のビジネスマンは下記で紹介する「JCBゴールドEXTAGE」になります。

年会費は10000万円。先に紹介した三井住友VISAゴールドよりはコストが増えますが、付帯保険の額や手厚くなっています。

ゴールド特典を見ると、ゴールドカードの定番である「空港ラウンジ無料利用」の他、東京ディズニーリゾート関連特典があります。これはJCBがディズニーのスポンサーをしているからで、カードのグレードが上がるほどディズニー特典も豪華になります。ディズニー好きはJCBブランドのカードを持っておくと良いですね。

JCBゴールドカードを持つ最大の意味は、そのワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーション(招待)を受けるためです。JCBゴールドカードはそのための通過点にすぎません。

JCBゴールド ザプレミアのインビテーションを受ける条件は2つ。

  1. JCBゴールドのショッピング利用金額が2年連続で100万円以上を超えていること
  2. MyJCBからのメールを受信できるようにEメールアドレスを登録していること

簡単に言えば、JCBゴールドを2年連続で100万円以上使うことが条件です。そこまで難しくはないですね。ただ、最低でも2年かかります

早くJCBゴールド ザプレミアへの階段を登りたい人は、1年でも早くJCBゴールドの実績を貯めましょう。

そして、JCBゴールド ザプレミアに昇格すれば……
最後には最高峰のブラックカード「JCBザクラス」が待っています。

>> JCBカード公式サイトはこちら

20代のビジネスマン向け「JCBゴールドEXTAGE」

JCBゴールドEXTAGE

29歳以下の人には、20代専用のJCBゴールドEXTAGEが用意されています。

格安でゴールドカード級のサービスが受けられるので、新卒社会人や20代の若手ビジネスマンはこちらがおすすめです。30歳になった時点で通常JCBゴールドに自動昇格するというエリートコースの入場ゲートですね。

20代専用▶︎▶︎JCBゴールドEXTAGE

4位:楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード おすすめポイント

年会費10000円

プライオリティパス(年会費4万円相当)が無料!

付帯保険

海外旅行保険:最高5000万

国内旅行保険:最高5000万

ショッピング保険:最高500万

 その他特典

プライオリティパスが全て

申し込みサイト 楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、海外出張が多いビジネスマン向けのカードです。

このカードの唯一にして最大の強みは『プライオリティ・パス』のプレステージ会員が無料登録できることです。

むしろプライオリティパスを無料で取るためだけに作っても良し。

「プライオリティ・パス」とは、簡単に言うと、国内外の空港ラウンジを「割引」もしくは「無料」で利用できるパスカードです。さらに一般のラウンジだけでなく、ビジネスクラスのラウンジまで無料で入ることが出来ます。

通常のゴールドカードにつく「空港ラウンジ特典」は国内主要空港(+ホノルルとハワイ)に限るのに対し、プライオリティパスは全世界の、さらにグレードの高いラウンジまで無料で入れるようになります。

ロンドンヒースローラウンジ2

香港ラウンジ1

ビジネスラウンジでは、ビュッフェやサラダバーなどの食事無料(タダ!)なのに加え、ビールやアルコールの飲み放題(タダ!)、さらにはマッサージやスパまで無料提供しているラウンジもあります。

プライオリティ・パスは本来は有料カードであり、カードの会員クラスは3つあります。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 319ドル 無料 27ドル

※空港ラウンジの通常利用料は1人あたり3000円ほどです。

楽天プレミアムカードを持っていると、このうち最高クラスの「プレステージ会員」に無料でなれるわけですね。

年会費10,000円のカードを持つことで、年会費319ドル(約4万円)のプライオリティ・パス無料になるわけなので、トータルで年間3万円ほどおトクになります。

プライオリティパス特典がつくクレジットカードは他にもありますが、年会費10000円の楽天プレミアムカードはもちろん最安値です。

海外へ旅立つときにちょっと豪華でVIPな時間を楽しみたい人には、コスパ最強のゴールドカードなのが楽天プレミアムカードです。

楽天は審査も優しいので、初めてのゴールドカードにも良いですよ。

>> 楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

5位:JCB一般カード

JCBカード おすすめポイント

条件付きで年会費無料(通常1250円)

旅行保険もバッチリ完備

ステータス性・安定感がある

上を目指せるステータスカード

付帯保険

海外旅行保険:最高3000万

国内旅行保険:最高3000万

海外ショッピング保険:最高100万

 その他特典

ETCカード

QUICPay

家族カード(年会費400円)

申し込みサイト JCBカード公式サイト

こちらは先に紹介したJCBゴールドカードのワンランク下となる一般カードです。

JCBゴールドカードは平均的には30歳過ぎたあたりで取得したいカードですので、まだ20代半ばの若手ビジネスマンは、まずは一般カードから入るのが普通です。

日本唯一の国際ブランドであるJCBは、三井住友VISAと並んでクレジットカードの定番とも言えるブランド。提携カードも良いですが、最低1枚は安定感のある銀行系カードをもっておきたいところです。

年会費は通常1250円ですが、以下2つの条件を満たせば年会費無料にできます。

  1. Web明細への登録
  2. 年間50万円以上のカード利用

どちらも難しいハードルではありません。
簡単な条件で年会費無料にできれば、旅行保険が海外国内共に最高3000万が付帯することを考えても優秀なカードになります。サブカードとして持っておくのもありでしょう。

初めてのクレジットカードに安心とステータスを求めたい人は、5大国際ブランドの一角であるJCBカードを選んでおけば間違いありません。

>> JCBカード公式サイトはこちら




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-カードランキング, ビジネスマン向けカード
-

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.