カードランキング 海外・旅行向けカード

海外・旅行向けのおすすめクレジットカードランキングBest5!

更新日:

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。

もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。

  1. 旅行保険やショッピング保険が付帯する
  2. 空港ラウンジが無料で楽しめたりする
  3. マイルを貯めることができる

この3ポイントを重視しながら、海外行きや旅行向けのおすすめクレジットカードBest5を紹介します。

旅行好きの方も、仕事で海外に行く機会の多い人も、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1位:楽天プレミアムカード ★★★★★

楽天プレミアムカード おすすめポイント
楽天プレミアムカード

年会費10000円

プライオリティパス(年会費4万円相当)が無料!

付帯保険

海外旅行保険:最高5000万

国内旅行保険:最高5000万

ショッピング保険:最高500万

 その他特典

プライオリティパスが全て

申し込みサイト 楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの唯一にして最大の強みは『プライオリティ・パス』のプレステージ会員が無料登録できることです。

むしろプライオリティパスを無料で取るためだけに作っても良し。

「プライオリティ・パス」とは、簡単に言うと、国内外の空港ラウンジを「割引」もしくは「無料」で利用できるパスカードです。さらに一般のラウンジだけでなく、ビジネスクラスのラウンジまで無料で入ることが出来ます。

通常のゴールドカードにつく「空港ラウンジサービス」は国内主要空港(+ホノルルとハワイ)に限るのに対し、プライオリティパスは全世界の、さらにグレードの高いラウンジまで無料で入れるようになります。

ロンドンヒースローラウンジ2

香港ラウンジ1

ビジネスラウンジでは、ビュッフェやサラダバーなどの食事無料(タダ!)なのに加え、ビールやアルコールの飲み放題(タダ!)、さらにはマッサージやスパまで無料提供しているラウンジもあります。

プライオリティ・パスは本来は有料カードであり、カードの会員クラスは3つあります。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 199ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 319ドル 無料 27ドル

※空港ラウンジの通常利用料は1人あたり3000円ほどです。

楽天プレミアムカードを持っていると、このうち最高クラスの「プレステージ会員」に無料でなれるわけですね。

年会費10,000円のカードを持つことで、年会費319ドル(約4万円)のプライオリティ・パス無料になるわけなので、トータルで年間3万円ほどおトクになります。

プライオリティパス特典がつくクレジットカードは他にもありますが、年会費10000円の楽天プレミアムカードはもちろん最安値です。

海外へ旅立つときにちょっと豪華でVIPな時間を楽しみたい人には、コスパ最強のゴールドカードなのが楽天プレミアムカードです。

楽天は審査も優しいので、初めてのゴールドカードにも良いですよ。

公式サイト楽天プレミアムカード

2位:JALカード CLUB-A ★★★★

JALカードCLUB-A おすすめポイント
JALカードCLUB-A

入会搭乗ボーナス:5000マイル

毎年初回搭乗ボーナス:2000マイル

搭乗毎のボーナス:フライトマイルの25%プラス

年会費10000円

付帯保険

旅行傷害保険(国内・海外):最高5000万

ショッピングガード保険(海外):年間100万

賠償責任(海外旅行):2000万

携行品損害(海外旅行):1回50万/年間累計100万

 その他特典

通常利用:200円=1マイル

ショッピングマイルプレミアム入会時:100円=1マイル

申し込みサイト JALカード

JALカードCLUB-Aは、JALマイルをザックザク貯めるためのカードです。

最大の特徴としては、フライトマイル以外にも”3つのボーナスマイル”がもらえることです。

  • 入会搭乗ボーナス:5000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:フライトマイルの25%プラス

JALグループ便に限りますが、かなりのボーナスマイルがもらえます。東京→沖縄のフライトで貯まるのが約980マイルだと考えると、ボーナスの凄さがわかるかと。

その他、普通のショッピングでもマイルを貯めることができる上、旅行保険も国内外最高5000万と手厚く完備されています。

年会費が10000円とやや高めなのがネックですが、ボーナスマイル分を考慮すれば十分に価値のあるカードです。

ちなみに、JALカードには3種類あり、Club-Aはゴールドカードではありません。JALカードグレードでいうと中レベルのカードになります。

どれもJALマイル集めに特化したカードですので、自分にあった1枚を作ってみてください。

公式サイトJALカード

 

3位:セゾンブルーアメリカンエキスプレス ★★★

セゾンブルーアメリカンエキスプレス おすすめポイント
セゾンブルーアメックス

旅行保険が海外国内ともに3000万

海外利用でポイント2倍(1%還元)

年会費 通常3000円(初年度無料)
付帯保険

海外旅行保険:最高3000万

国内旅行保険:最高3000万

ショッピング保険:最高100万

オンラインプロテクション

 その他特典

ETCカード無料発行

電子マネーiD、QUICPayが無料発行

毎月5日と20日、西友・LIVINでの買い物5%オフ

申し込みサイト <セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード

ブランド力のあるアメックス(アメリカン・エキスプレス)とセゾンカードとの提携カードである「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」は、特に海外旅行や留学用のクレジットカードにおすすめです。

旅行保険は海外・国内ともに最高3000万円、しかも自動付帯なのでカードを持っておくだけで自動で適用されます。

さらに、通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外では2倍の1%還元になります。この点も海外で真の力を発揮するカードです。

とくに大学生は、旅行や留学で初めての海外へ行く人が多いでしょう。そんな時に初めてクレジットカードを作る人もいるかもしれません。

そんな人にこそ、セゾンブルーアメックスが非常におすすめだと言えます。

公式サイト<セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード

4位:JCBカードプラスANAマイレージクラブ ★★★

JCB プラスANAマイレージクラブ おすすめポイント
JCB一般プラスANAマイレージ

▼JCB一般カード(年会費1250円)+300円▼

フライトでANAマイルが貯まる

ANAマイレージクラブの提携店でマイルが貯まる

マイルを航空券や旅行商品、クーポンなどに交換できる

空港で搭乗手続きをスキップできるANAスキップサービス

電子マネーQUICPayにANAスキップサービス機能とnanaco機能を搭載した「ANA QUICPay+nanaco」

付帯保険

海外旅行保険:最高3000万

国内旅行保険:最高3000万

海外ショッピング保険:最高100万

 その他特典

ETCカード

QUICPay

家族カード(年会費400円)

申し込みサイト JCBカード公式HP

JCBカードプラスANAマイレージクラブは、通常のJCB一般カードに年300円プラスでANAマイレージクラブのサービスを追加したカードです。

通常のJCB一般カードの機能については下記記事をお読みください。

合わせて読みたいステータスの頂きへ!JCB一般カードを今から使うべき理由はプレミアへの審査にあり

ここに新たに付与されるANAマイレージクラブの主なサービスを列挙すると、

  • フライトでANAマイルが貯まる
  • ANAマイレージクラブの提携店でマイルが貯まる
  • マイルを航空券や旅行商品、クーポンなどに交換できる
  • 空港で搭乗手続きをスキップできるANAスキップサービス
  • 電子マネーQUICPayにANAスキップサービス機能とnanaco機能を搭載した「ANA QUICPay+nanaco」

などなど、+300円のサービス料で一気にマイル用カードに変身します。

JCB一般カードは通常年会費1250円ですが、「Web明細の登録」「年間50万円以上のカード利用」の2つの条件を満たせば年会費無料にできます。

となると、ANAマイレージクラブの機能を付与しても年間コストはたった300円なので、ANAマイルを貯めたい人はJAL一般カードではなく、「プラスマイレージクラブ」の方に申し込んだ方が良いでしょう。

ちなみに、JCBゴールドカードにも同じく+300円でANAマイレージクラブをつけることが可能です。

公式サイトJCBカード

5位:JTB旅カード ★★★

JTB旅カード おすすめポイント
JTB旅カードJMB

年会費2000円

ポイント基本1%

JTB販売店で最高2%

JTBトラベルポイント加盟店で1~5%ポイント上乗せ

JTBカードデスク

付帯保険

海外旅行保険:最高1000万

国内旅行保険:最高1000万

ショッピング保険:最高100万

 その他特典
  • ETCカード
  • QUICPay
  • 家族カード
  • JALマイレージバンク(JMB)
  • ロードアシスタント
  • ホームアシスタント
  • JTBカードデスク
申し込みサイト 旅行をもっとおトクに!JTB旅カードJMB

JTB旅カードは、旅行代理店JTBを使うことで最大効力を発揮する旅行用クレジットカードです。

通常の基本ポイント還元率は1%ですが、
JTBグループで旅行商品をカード購入すると還元率1.5%にアップ、
さらにJTBホームページより国内宿泊事前決済を行えば、最高2%の還元率になります。

また、全国3000ヶ所のJTBトラベルポイント加盟店でカードを利用すると、通常1%のポイントに加えて、1〜5%のポイントが上乗せされます(上乗せのパーセンテージは加盟店によって異なります)。

つまり、JTBとラベルポイント加盟店でのポイント還元率は2〜6%という超高還元率になります。貯めたポイントは1P=1円相当で旅行代金の支払いに利用することができます。

などなど、とにかくJTBでお得になるカードだと言えます。
JTBカードデスクが旅のサポートをしてくれるので、旅行先でトラブルにあった際も頼ることができます。

デメリットを挙げるとすると、JTBに依存していることでしょう。良くも悪くもJTBを利用することが前提のカードだと言えます。

ちなみにワンランク上のゴールドカードにすると、空港ラウンジサービスもついてより快適な旅が楽しめます。

ただし、ゴールドカードは年会費15000円に上るので、なるべくコストをかけたくない人は通常のJTB旅カードでも十分な恩恵を受けられます。

公式サイト旅行をもっとおトクに!JTB旅カードJMB

 

その他、アメックスブランドの旅行系カードは下記記事をどうぞ

少々年会費が張るものの、ブランド力とステータス性で人気を誇るアメックス。そんなアメックスは旅行系カードが非常に多いので、以下の記事を参考にしてみてください。

アメックスのマイル系カードまとめ!旅行好き/海外出張多い人は必見

アメリカン・エキスプレスというブランドは数多くの航空会社との提携カードを発行しており、世界中を飛び回るようなビジネスマンに御用達のイメージがあります。 とくに外資系のサラリーマンなんて特にアメックスカ ...

【陸マイラーにも人気】ANAアメックスカードでのANAマイルの貯め方

トラベル特典が非常に充実しているアメックスカード。そんなアメックスカードでANAマイルを貯めるのであれば最もおすすめなのが、ANAアメリカン・エキスプレスカードです。 アメックスとANAの提携カードな ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-カードランキング, 海外・旅行向けカード
-

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.