女性・主婦向けカード 特典・お得な使い方

JCBカードのディズニー特典が凄い!優待からスポンサーラウンジまで一挙紹介

更新日:

ディズニー好きでディズニーランドによく行く人であれば、クレジットカードもディズニー関連カードを持っていればお得な特典を多数受け取ることができます。

ディズニー特典といえば、ディズニーランドやディズニーシーの公式カードJCBが有名ですよね。

ディズニーランドではJCB以外のクレジットカードも利用できますが、キャンペーンや特典に関してはJCB以外では提供できません

ディズニー好きであれば、JCBカードは必携です。
今回は、JCBカードで受けることができるディズニー特典についてまるっとご紹介しましょう。

公式サイト JCBカード

スポンサーリンク

豪華すぎるJCBカードのディズニー特典

JCBカードにはディズニーとの提携カード「ディズニー★JCBカード」がありますが、それ以外のJCBカードでもディズニーの特典があります。

まずはJCBのプロパーカードで提供しているディズニー特典についてご紹介します。

ディズニーキャクターのJCBプロパーカード

JCBカードはWEB明細(MyJチェック)に登録すると、Original Series(オリジナルシリーズ)の特典があります。

その中にディズー・デザインのカードを選ぶことができるという特典もあります。

  • 一般カード
  • CARD EXTAGE
  • ゴールドカード
  • GOLD EXTAGE

公式サイト JCBカード

上記のカードではディズー・デザインを選択できますが、基本的にはデザインはひとつで、一般とゴールドで色違いとなっています。

また、イオンカードのディズニー・デザインとも同じなので、もっと別のデザインにしたい場合は、後述するディズニー★JCBカードに申し込みしましょう。

ポイントプログラムでの特典(東京ディズニーリゾートコース)

JCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」では、東京ディズニーリゾート関連の商品交換ができます。

これはJCBオリジナルシリーズ以外のカードでも、Oki Dokiポイントを採用しているJCBの提携カードでも利用することができます。

交換できるのはキャラクターグッズではなく、パークチケットや宿泊利用券、ペア食事券などに限られています。

それではその一部をご紹介しましょう。

パークチケット1枚:1,400ポイント

入園保証・約9ヶ月有効

東京ディズニーランドホテルペア食事券:3,500ポイント

エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ「カンナ」でのJCBオリジナルコース

東京ディズニーランド年間パスポート1名:13,000ポイント

引換券が送付されるので6ヶ月以内にパスポートの交換が必要

ちなみに最も高額なのは、スイートルーム宿泊利用券(パークチケットペア2日分とルームサービスディナー2名分付き)で12万ポイントが必要です。

ディズニキャラクターグッズコース

キャラクターグッズコースでは200ポイントから交換できるので、手軽に交換することができます。

  • ポケット付きタオルミッキー:200ポイント
  • ステンレス・スプーン&フォーク4本セット/ミッキー&ミニー:300ポイント
  • プレートセット/トイ・ストーリー:650ポイント
  • アラーム音切替目覚まし時計/くまのプーさん:950ポイント

上記は一部ですが、お手頃なポイントで交換できるので子供がいる家庭向きですね。

また、ディズー・デザインのQUOカードもあり、3,000円分850ポイントで交換できるので贈答用としても利用できます。

>> JCBカード公式サイトはこちら

ディズニー★JCBカードのディズニー特典

ディズニーの特典をより楽しむのであれば、JCBカードの中でも「ディズニー★JCBカード」に申し込みましょう。

年会費はやや高いですが▼

  • 一般カード2,000円+税
  • ゴールドカード13,000円+税

年会費以上にディズニーの特典があります。

ディズニー★JCBカードのデザイン

デザインの種類は、一般カードで8種類+期間限定デザイン(現時点では東京ディズニーシー15周年記念カード2017年3月17日まで)があります。

各デザインについては下記公式でチェックしてみてください。

公式サイトディズニー★JCBカード

いずれのデザインもオリジナルで他社はもちろん、JCBのプロパーカードでも選択できないデザインとなっています。

ディズニーポイント

ディズニー★JCBカードのポイントプログラムは、Oki Dokiポイントではなくオリジナルの「ディズニーポイント」です。通常のJCBカードと異なるので注意しましょう。

ディズニーポイントの特長

  • 一般カードは200円1ポイント、ゴールドカードは100円1ポイント付与
  • 500ポイントに到達するとポイントの利用が可能(1ポイント1円)
  • ディズニーランド/シー、ディズニーストアでは1ポイント1円として買い物に使える
  • 6歳以上13歳未満の子供には「ディズニー・キッズポイントカード」が発行可能
  • ポイントは本カードと家族カード・ディズニー・キッズポイントカードの間で自由に振り分けできる
  • ポイント有効期限は獲得月から3年
  • QUICPay for ディズニー★JCBカード

ディズニー★JCBカード本会員と家族会員は、ミッキーを型どった小型のキーチェーン型QUICPayの追加発行ができます。

クレジットカードと同じようにディズニーポイントが貯まるので、少額利用に便利ですね。

Apple Payでの利用

ディズニー★JCBカードはApple Payに登録することができます。

http://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/

ただしiPhoneに表示されるデザインはカードと同じデザインではなく、一般カード(クリスタルミッキー)、ゴールドカード(ミッキー&フレンズ)と限定されています。

また、パークではApple Payを利用できるディズニーストアも店舗により対応が違うので、使えるかどうかは確認の必要があります。

ディズニー・カードクラブ

https://secured.disney.co.jp/dcc.html

ディズニー★JCBカード会員最大のメリットは、会員専用サイト「ディズニー・カードクラブ」で特典を受けることができることです。

まず、入会するだけでメンバーオリジナル限定グッズのプレゼントがあります。

ただしこの特典をもらうには、カードを1回以上利用・年会費の支払いという条件があります。

それ以外の特典も一部ご紹介すると▼▼

  • ディズニーイベントライブ会場でプレゼント
  • 東京ディズニーランド/シーでポイント2倍キャンペーン
  • ディズニーストア・オンライン店ポイント3倍プレゼント
  • ディズニーホテル宿泊・レストラン優待券5,000ポイント
  • ディズニー・カードクラブ・オリジナルパスケース(ミッキー&フレンズ)3,000ポイント

これでもほんの一部なので、どんな特典があるのかは公式ページで確認してみましょう。

特典をチェック!https://secured.disney.co.jp/dcc/tokuten.html

スポンサーリンク

JCBカードの最高峰「ザ・クラス」のディズニー特典

JCBの最高峰のクレジットカードは「ザ・クラス」と呼ばれるプラチナカード(※)です。

JCBゴールドカード会員へのインビテーション(招待状)により入会可能であり、JCBブランドで最もステータスの高い一枚です。

⇒JCBのブラックカード「ザ・クラス」のサービスと入会方法とは?

年会費も税別5万円と高くなっていますが、プライオリティパスの会員登録無料など決して年会費に負けないサービスを提供しています。

最上級カードまでなると、ディズニー関連特典も相応に特別なものが用意されています。

※「ザ・クラス」は”JCB最上位”という意味でブラックカードとも呼ばれますが、クレジットカード全体の階級クラスで見ればプラチナ級(年会費5万前後)にあたります。

メンバーズセレクション

ザ・クラス会員には毎年選択可能なサービスとして「メンバーズセレクション」があり、その中のひとつとして「東京ディズニーリゾートセレクション」があります。

参考までに、2016年度は下記の中から選ぶことができました。

パークチケット(4枚組)

東京ディズニーランド/シーどちらでも使えるチケットで、JCBがスポンサーとなっている施設のラウンジを利用できます。

7,400円✕4=29,600円相当になります。

ギフトカード(1万円分)とパークチケット(2枚組)セット

上記のパークチケット2枚組がギフトカードになったプレゼント(24,800円相当)

東京ディズニーランドペアランチ 食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット

この食事券は、東京ディズニーランドのワールドバザール内にある「クラブ33」で使うことができます。ここは唯一アルコールを提供している会員制レストランなので、価値はプライスレスです。

ただし、前年度まで子供が同伴できたので苦情でもあったのか、2016年度から大人2名で抽選となっているようです。

抽選に当たればますますプライスレスとなるので、チャレンジしてみましょう。

JCBラウンジ

東京ディズニーランド/シーにはJCBがスポンサーとなっているラウンジがあり、ザ・クラス会員は年に1回このラウンジを利用できます。

  • ディズニーランド「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」
  • ディズニーシー「ストームライダー」

上記2つのうち1つを利用できましたが、ストームライダーはすでに閉鎖となっているので、現在はスター・ツアーズのラウンジだけですね。

2017年春以降には「ニモ&フレンズ・シーライダー」をJCBが提供することが決定しているので、そちらのラウンジが利用できるようになるでしょう。

JCBラウンジのメリットはソフトドリンク飲み放題で、ゆっくりくつろげるスペースがあることですが、アトラクションへの優先入場できるのも大きな魅力です。

まとめ

やはりJCBカードの中でも、ディズニーを楽しむためには「ディズニー★JCBカード」への入会が一番ですね。

デザインはもちろん特典も豊富で、大人から子供まで楽しむことができます。

ただし、そこまでディズニーだけを求めているわけではないのであれば、通常のJCBカードでも良いでしょう。銀行系カードとして非常にメジャーなカードですし、ディズニー関連特典も受け取れます。

どうせならゴールドカードや、さらには最上級のザ・クラスを目指して、ディズニー特典もグレードアップを目指しましょう。

>> JCBカード公式サイトはこちら




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-女性・主婦向けカード, 特典・お得な使い方

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.