海外・旅行向けカード

アメックスのマイル系カードまとめ!旅行好き/海外出張多い人は必見

更新日:

アメリカン・エキスプレスというブランドは数多くの航空会社との提携カードを発行しており、世界中を飛び回るようなビジネスマンに御用達のイメージがあります。

とくに外資系のサラリーマンなんて特にアメックスカード持っているイメージありませんか?

そのためアメックス好きにはマイル目当ての人が多いのですが、アメックスはマイル系カードの種類が豊富なのでどれを選べばいいのか迷う人も多いはず。

ということで今回は、旅行好きや海外出張が多い人向けにアメックスのマイル系カードをまとめてみました。アメックスブランドはステータスも抜群なので、この機会にアメックスホルダーになってみましょう。

スポンサーリンク

ANAマイルを貯めるならANAアメックスカード

http://www.ana.co.jp/amc/welcome/index.html#welcome_letsstart

ANAマイルを貯めている人はANAカードを利用している人が多いでしょう。

その中でも「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」と「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はおすすめです。

この2枚のカードを、マイルが貯まるサービスに特化して比較してみましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスは一般カードの扱いですが、年会費税別7,000円で空港ラウンジサービスが無料利用できる点を考えると、実質的にはゴールドカード級に位置するカードです。

カードマン
この時点でアメックスブランドのステータスの高さが伺えますね。

使い方としては、ANAカードのサービスと、貯めたポイントをマイルに移行することでANAマイルを貯めるクレジットカードです。

マイルサービス

ボーナスマイル:カード入会で1,000マイル、翌年以降毎年カード継続で1,000マイル。

フライトマイル割増:10%

ポイントプログラム:100円1ポイント付与。1,000ポイント1,000マイルで移行(※年会費税別6,000円必要)。

ANAグループの利用はポイント1.5倍

ANAカードマイルプラス提携店では、ポイント以外に100円または200円で1マイル加算

カード年会費は7000円ですが、マイル移行のための「ポイント移行サービス」が年間6000円がかかるので、カード年会費とトータルで年会費税別13,000円がかかるのが少々ネックですね。

ただ高いと思うかもしれませんが、他のANAゴールドカードは年会費税別14,000円で1,000円10マイル換算ですよ。同じ1,000円10マイルで年会費13,000円であれば、1000円はお得になっています。

公式サイト ANAアメックスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメックスゴールドは年会費税別31,000円と高くなりますが、その分ANAマイルを貯める能力は高いですよ。

マイルサービス

ボーナスマイル:カード入会で2,000マイル、翌年以降毎年カード継続で2,000マイル。

フライトマイル割増:25%

ポイントプログラム:100円1ポイント付与。1,000ポイント1,000マイルで移行(※年会費不要)。

ANAグループの利用はポイント2倍

ANAカードマイルプラス提携店では、ポイント以外に100円または200円で1マイル加算

ANAアメックスゴールドは、単純にANAアメックスよりも2倍マイルが貯まると考えていいでしょう。特にフライトを利用する人はフライトマイル25%増しのサービスは効果絶大です。

また、ゴールドカードであればマイル交換のための「ポイント移行サービス(年間6000円)」は不要です。

ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドどちらを選ぶ?

2枚のカードのどちらを選ぶかは、ショッピングとフライトのどちらを中心にANAマイルを貯めるかによります。

徹底的にショッピングでANAマイルを貯めるとすれば、ANAアメックスカードをおすすめします。フライト回数が少ないのであればフライト割増率が高くてもあまり意味がありませんので。

年会費が安いですし、ポイント移行でのANAマイルの貯まり方はゴールドとほとんど差はありません。

つまりフライト回数が多い人はANAアメックスゴールド、ショッピング中心で貯める人はANAアメックスカードがいいですね。

関連記事【陸マイラーにも人気】ANAアメックスカードでのANAマイルの貯め方

海外航空会社も利用する人はアライアンスの垣根がないスカイトラベラー

航空会社にはアライアンスと呼ばれる提携グループが3つあります。

  1. スターアライアンス
  2. スカイチーム
  3. ワンワールド

どこのアライアンスのマイルでもポイント移行できるのが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリットです。

カードマン
ANAを含めて15の航空会社のマイルに移行できるので、海外のフライトが多い人にはおすすめですね。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメックススカイ・トラベラー・カードは年会費税別10,000円と、一般のゴールドカード並みの年会費です。

でもサービスに関してもゴールドカード並で、マイルが貯まることに関してはそれ以上かもしれません。

マイルサービス

ポイントプログラム:100円=1ポイント=1マイル(税別5,000円の年会費が必要)

航空券購入代金のポイントが3倍

ボーナスポイント:入会時3,000ポイントプレゼント

ファーストトラベル・ボーナスポイント:初回に限り5,000ポイントをプレゼント

継続毎に1,000ポイントをプレゼント

スカイトラベラー3倍ボーナス:対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品の購入はポイント3倍

100円利用ごとに1ポイントがたまり、貯めたポイントは提携航空会社のマイルへと交換可能です。

提携航空会社は15社ありますが、ANAマイルを貯めるには先述のANAアメックスのほうが効率いいです。なのでANA以外の海外航空会社のマイルを貯めるなら、アメックススカイ・トラベラー・カードがおすすめですね。

年会費1万円とあって、「空港ラウンジ特典」や「国内外の海外旅行保険」「手荷物無料配送サービス」「エクスペディア特別優待」など各種旅行系サービスも揃っています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

年会費税別31,000円を支払う余裕がある人は、プレミアカードを利用してみましょう。

ANAカードのプレミアムカード(年会費70,000円~80,000円)に比べると、格安の年会費ですよ。

マイルサービス

ポイントプログラム:100円=1ポイント=1マイル(年会費必要)

航空券購入代金のポイントが5倍

入会時5,000ポイントプレゼント

ファーストトラベル・ボーナスポイント:初回に限り10,000ポイントをプレゼント

カード継続毎に5,000ポイントをプレゼント

アメックススカイ・トラベラー・カードと比べて年会費は実質2倍ですが、継続ポイントだけでも5倍の違いがあります。

他社のプレミアカードと比べても手頃な年会費なので、海外航空会社の利用が多い人にはおすすめのカードですね。

デルタ航空を利用するならデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ航空のマイレージサービスにはメダリオンプログラムがあり、フライトマイルやフライト区間の累積によって4種類の会員資格があります。

  • シルバー会員
  • ゴールド会員
  • プラチナ会員
  • ダイヤモンド会員

デルタ スカイマイル アメックスカード会員にはシルバー会員、ゴールドカード会員にはメダリオンのゴールドカード会員資格が自動的に与えられます。

会員資格によって与えられる特典が得られるのが、デルタ スカイマイル アメックスカード最大のメリットです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの特典

デルタ スカイマイル アメックスカードは年会費税別12,000円で、スカイマイルが貯まる特典は次のとおりです。

特典サービス

100円=1マイル(有効期限は無期限)

デルタ航空カードご利用マイル2倍

入会時5,000マイルプレゼント

デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル10,000マイル(ビジネスクラス25,000マイル)

カード利用ボーナスマイル:年間カード利用金額100万円を超えると100万円毎に3,000マイル

継続毎に2,000マイルプレゼント

シルバーメダリオン特典

優先チェックイン

運賃額1米ドルにつき7マイル獲得

このカードに関してはポイントプログラムがなく、直接マイルが貯まる仕組みです。

100円利用ごとに1マイル貯まるので還元率は高いですが、デルタ航空を利用しない人にはそこまで大きなメリットがない点は注意が必要です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特典

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド・カードは年会費税別26,000円。一般カードの約2倍です。

しかし、マイル獲得の特典やゴールドメダリオン特典で充分に元がとれますね。

特典サービス

100円=1マイル(有効期限は無期限)

デルタ航空カードご利用マイル3倍

入会時8,000マイルプレゼント

デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル10,000マイル(ビジネスクラス25,000マイル)

カード利用ボーナスマイル:年間カード利用金額100万円を超えると100万円毎に5,000マイル

継続毎に3,000マイルプレゼント

ゴールドメダリオン特典

優先チェックイン

運賃額1米ドルにつき8マイル獲得

スカイチーム・ラウンジの利用が同伴者1名無料

優先搭乗

優先手荷物取扱い

メダリオン特典はシルバーとゴールドでは大きな違いがあるので、一般カードよりはゴールドカードをおすすめします。

まとめ

以上、アメックスの航空会社との提携カードについて、違いや特典をまとめてみました。

ANAマイルを貯める人、海外航空会社をよく利用する人、デルタ航空の利用が多い人によって選ぶカードが自然に決まってきます。

自分にあっているマイレージカードを選んで、マイルをどんどん貯めましょう。

ANAマイルの貯め方とカードの選び方。ショッピングで貯めて無料航空券をゲットしよう

日本でマイルを貯めると言えば、「ANAマイル」か「JALマイル」になります。もちろん海外の航空会社のマイルも貯めることはできますが、日常的に貯めやすいマイルはやはり国内の航空会社のマイルになります。 ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-海外・旅行向けカード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.