ポイント高還元カード 年会費無料カード

自動で1%割引!?P-oneカードはstandardで日常的に節約しよう

更新日:

ポケットカードが発行するP-oneカードの中でも、最もスタンダードな『P-oneカード<Standard>』(以下:P-oneスタンダードカード)は、年会費無料のクレジットカードです。

しかし、P-oneスタンダードカードが多くの人に愛用される理由は、年会費が無料というだけではなく、ショッピングの購入金額が自動的に1%オフになる”という割引特典にあります。

割引額に上限はなく、電話代や光熱費などの公共料金から国民年金保険まで自動で1%オフになるから凄まじい特典です。しかも請求時の自動割引なので、ポイントシステムのように交換などの手続きが一切不要です。

そんな割引に特化したP-oneスタンダードカードの特徴を詳しくまとめていきます。

※P-oneスタンダードカードはWeb申込のみとなります。

公式サイト▶︎▶︎P-oneカード<Standard>

スポンサーリンク

P-oneスタンダードカードの基本スペック

カード名 P-oneスタンダードカード
券面 P-oneスタンダード
発行元 ポケットカード
年会費 無料
申込資格 18歳以上(高校生不可)で、安定した収入のある方、もしくはその配偶者
ポイント還元率 通常ポイントなし
付帯保険 盗難・紛失保険
特典サービス
  • 請求時1%割引
  • カーライフホッとライン
  • ポケットカード・トラベルセンター
  • 海外サポートサービス
  • レンタカー割引
  • ETCカード(発行1000円)
    ⇒他にも多数
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
申し込みサイト P-oneカード<Standard>

基本的な情報はこのような感じです。

年会費無料なので、クレジットカード初心者にもピッタリな1枚です。

気になるところは「通常ポイントなし」という点ですね。こちらも含め、それぞれもう少し詳しく見てみましょう。

申込資格・審査基準について

flooy / Pixabay

flooy / Pixabay

P-oneスタンダードカードの申込資格は、「18歳以上(高校生不可)で、安定した収入のある方、もしくはその配偶者」となっています。

”安定した収入のある方”という表記が入っているので、審査において収入の安定性は重要だと言えます。当然、公務員や正社員の方が有利であることはその通りなのですが、

フリーランスや個人事業主、フリーターや非正規社員が審査に通らないかと言うと決してそうではありません。

「継続して収入を得ていること」がポイントです。継続して収入を得ていることが重要であって、収入の高い低いの問題ではありません。

しっかりと働いて継続的に収入を得ている人(もしくはその配偶者)であれば、安心して申し込むことが可能です。

ショッピングで常時1%オフの割引特典

WDnet / Pixabay

P-oneスタンダードカードの目玉は、何と言ってもカード請求時に自動1%オフになる割引特典です。

「いつでも」「どこでも」「自動的に」1%オフになります。使えば使うほどおトクかつ節約になる仕組みです。

さらにショッピングだけでなく、電話代や光熱費などの公共料金に国民年金保険までも1%オフになるのが嬉しいところ。しかも100円から割引してくれるので、コンビニから高級デパートまであらゆる場面で節約することができます。

また、割引はクレジットカード請求時に自動的に引かれるため、こちらが手続きをする必要がありません。ポイント交換のような手間も必要なく、勝手に割引してくれるのがありがたいところ。

あまりクレジットカード機能を使いこなせない人でも自動で割引特典を受けることが可能です。

割引上限もないので、毎月カード明細を見て「今月は◯◯円も節約(割引)できた!」なんて楽しみが生まれますよ。

※電子マネーチャージや金券など、一部適用外の取引もあります。

スポンサーリンク

通常のポイントプログラムはない

コイン ポイント

P-oneスタンダードカードには、通常のクレジットカードには当たり前のポイント制度がありません。

キャンペーン期間などのボーナスポイントはありますが、いわゆる通常利用時のポイント付与がないのも大きな特徴です。

なぜかと言うと、上述した常時1%割引の特典があるからですね。むしろ交換の手間があるポイントよりも、勝手に1%割引してくれる方がラクで助かるという人もいるのではないでしょうか? ポイントと違い有効期限もないので失効の心配もありませんしね。

ポイントではなく、割引のためのカード。それがP-oneスタンダードカードです。

その他の特典・サービス

パーティ

盗難・紛失保険

カードが紛失や盗難の被害に合ったり、ネット上で不正利用された際にはしっかりと保障してくれます。これによって安心してオンラインショッピングを楽しむことができます。

カーライフホッとライン(年会費700円)

このサービスは、車のトラブルを24時間365日サポートしてくれるものです。

詳しいサービス内容としては以下↓↓

  • 故障時緊急修理サービス
    ⇒故障で車が動かなくなったとき、現場に急行して修理してくれます。
  • レッカー現場急行サービス
    ⇒電話1本でレッカー車が来ます。20キロまで無料です。
  • 事故・故障発生時のサポート
    ⇒自宅まで100km以上ある場合は、帰宅費用や宿泊代を負担してくれます。

このサービスは、年会費700円で受けることができます。

⇒年会費無料あり!ロードサービス付きおすすめクレジットカード3枚

レンタカー割引

大手のレンタカー業者の基本料金が5%オフになります。

  • トヨタレンタリース
  • ニッポンレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタル

※レンタカー会社によっては一部対象外の地域・車種があります。

海外サポートサービス

海外旅行では、電話1本でサポートデスクが対応してくれます。もちろん日本語でOK。

万が一のトラブルから、ホテルの予約やイベントチケットの入手、現地情報から天気まで、ありとあらゆる手続きや情報をサポートしてくれます。

海外おみやげ宅配サービス

現地を出発前におみやげをカタログ申込しておくと、帰宅後の希望の日時におみやげを自宅に届けてもらえるサービスです。さらに、P-oneスタンダードカードなら10%オフで購入できます。

選べる国際ブランドは3種類

P-oneスタンダードカードの国際ブランドは、「VISA」「MasterCard」「JCB」の3種類から選べます。

最も世界中で利用できるブランドならやはりVISAでしょうか。とはいえこの3大ブランドなら、好みに合わせてどれを選んでも問題はないかと思います。

⇒国際ブランドはどれがお得?サービス内容とおすすめカード完全ガイド

まとめ

年会費無料かつ、自動で1%オフになる特典付きのP-oneスタンダードカード。

まさに、「クレジットカードとかよく分からないけど、おトクなのがいい!」という人にピッタリです(笑)。よく分からなくても勝手に1%オフになりますし、年会費無料なのでコストゼロで所有できるので。

または、公共料金や年金の支払い用にサブカードで持っておくのもアリですね。デカい金額の買い物をするときは1%オフをぜひ使いましょう。

シンプルに自動1%オフになるので、節約カードとして非常に使いやすいクレジットカードだと言えます。




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-ポイント高還元カード, 年会費無料カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.