女性・主婦向けカード 流通・ショッピング系カード

アトレビューSuicaカードはポイント3倍&定期券機能付きでおトクに♪

更新日:

atre(アトレ)でのお買い物でポイントが3倍貯まる『アトレビューSuicaカード』。

通常のアトレカード(ポイントカード)なら100円1ポイントのところ、アトレビューSuicaカードで購入すると3倍のポイントを貯めることができます。

名前の通りSuicaとしても使え、この1枚で【クレジットカード + アトレカード + 定期券】の三役をこなすことができるので、財布の中がすっきりしますね。

さらに、Suica機能には「オートチャージ」がついているので今までのように現金チャージする手間もありません。定期券の購入やオートチャージでポイントを貯めることも出来るので、通勤通学用のカードとしても非常に優秀です。

とくにアトレで買い物をする人で、現在ふつうのアトレカードを利用している人は、アトレビューSuicaカードに乗り換えた方が格段にお得になります。

というわけで今回は、アトレビューSuicaカードの主な特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

アトレビューSuicaカードの基本スペック

カード名 アトレビューSuicaカード
国際ブランド VISA
年会費 477円(税抜き)/初年度無料
申込資格 18歳以上(高校生不可)で、電話連絡できる方
ポイント還元率 1000円利用=5円(0.5%)
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)
付帯サービス
  • アトレでの買い物でJREポイントが3倍
  • 定期券・Suica機能(オートチャージ)
  • オートチャージや定期代でビューサンクスポイント3倍
  • 紛失補償

ポイントに関して、「JREポイント」と「ビューサンクスポイント」という2種類のポイントがあります。

  • JREポイント:JR東日本グループの共通ポイント(アトレなどのポイント)
  • ビューサンクスポイント:アトレビューSuicaカードを含めた「ビューカード」のポイント

つまり、ビューカード自体のポイントプログラムは「ビューサンクスポイント」です。しかし、将来的に2つのポイントは合体する方向で動いているようです。

では、それぞれの項目をもう少し詳しく見ていきましょう。

アトレビューSuicaカードの審査基準

審判 審査

アトレビューSuicaカードの申し込み資格は「18歳以上(高校生不可)で、電話連絡できる方」となっています。学生や主婦の方でも問題なく作れるカードということですね。

アトレはそもそも一般庶民に利用されているお店なので、当然審査もそこまで厳しくはありません。初めてのクレジットカードとしてもおすすめの1枚ですね。

特に、現在ふつうのアトレカードを利用している人は申し込んでおいた方がおトクにポイントを貯めることが可能です。

具体的には後述しますが、年間2万円以上アトレで買い物をする人はアトレビューSuicaカードにした方がおトクになります。

アトレビューSuicaカードのおトクなポイント

アトレ

前述したように、アトレビューSuicaカードで扱うポイントは「JREポイント」と「ビューサンクスポイント」の2種類があります。

  • JREポイント:JR東日本グループの共通ポイント(アトレなどのポイント)
  • ビューサンクスポイント:アトレビューSuicaカードを含めた「ビューカード」のポイント

それぞれについて見ていきます。

アトレ等で貯まる・使えるJREポイント

アトレを初めとするJR東日本グループ店舗のJREポイントは、通常100円(税抜き)利用につき1ポイントが貯まるポイントプログラムです。

しかし、アトレのショッピングにてアトレビューSuicaカードで購入すると、通常の3倍の3ポイントを貯めることが可能です。

貯めたポイントは、JR東日本の色々な駅ビルにて【1P=1円】で利用することができます。

チラッと前述しましたが、例えばアトレで年間2万円ショッピングをすると、ポイントは600P(=600円分)貯めることができます。

アトレビューSuicaカードの2年目以降の年会費は477円(税抜き)なので、年間2万円のショッピングで年会費分のもとは十分に取れて余りあるということになります。

このことから、年間2万円以上アトレで買い物をする人は、アトレビューSuicaカードに申し込んでおいた方がおトクだと言えるのです。

ビューカードのポイントプログラム「ビューサンクスポイント」

ビューサンクスポイントは、ビューカード自体のポイントプログラムです。

公共料金や通常の買い物・食事の場合は、【利用1,000円につき2ポイント(=5円)】のビューサンクスポイントが貯まります。

ビューサンクスポイントは【1P=2.5円相当】に交換できるので、ポイント還元率は0.5%(1000円利用で5円相当)となります。

定期券購入やオートチャージでビューサンクスポイント3倍!

通勤や通学で使う定期券をクレジットで購入したり、Suicaチャージをクレジット機能でオートチャージした場合には、ビューサンクスポイントが3倍貯まります。

電車移動でもポイントを貯められるのは非常におトクですね。

(※JR東日本の券売機やみどりの窓口で購入した場合に限ります)

2つのポイントは将来統合される?

将来的に、ビューサンクスポイントはJREポイントに統合されるとされています。

現状だとアトレビューSuicaカードのポイント還元率は0.5%(ビューサンクスポイント)ですが、将来これがJREポイントに統合されれば、ビューカードのポイント還元率は1%以上に上がる可能性があります。

もちろん、ポイント統合に伴って還元率など見直しが入るかもしれませんが、ポイントアップになかなか期待できます。

付帯保険と補償サービス

SplitShire / Pixabay

SplitShire / Pixabay

アトレビューSuicaカードには、旅行傷害保険と紛失補償がついています。

旅行傷害保険(国内・海外)

旅行傷害保険は、国内・海外ともに付帯しています。

海外旅行で最高1000万円、国内旅行で最大500万円です。詳しくは下記表を参考に。

保険の種類 担保内容 保険金額
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 3,000円/日
通院 2,000円/日
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 50万円限度
疾病治療費用 50万円限度

注意が必要なのは、国内旅行保険は「利用付帯」、海外旅行保険は「自動付帯」である点です。

  • 「利用付帯」:旅行代金(の一部でも可)をカードで支払うことが条件で適用
  • 「自動付帯」:旅行代金をカードで払わなくとも自動で適用

つまり国内旅行の際は、航空券や宿泊代、最悪タクシー代など旅行代金の一部でもカードを利用することが保険適用の条件になります。

⇒利用付帯・自動付帯って何?クレジットカード海外旅行保険の基本解説

紛失補償

アトレビューSuicaカードを万が一紛失してしまった場合にも、紛失補償が適用されます。失くしたカードの残額を再発行カードに引き継ぐことも可能なので安心です。

まとめ

アトレを利用する人なら、今までのクレジットカード+アトレカード+定期券が1枚に集約されるので使い勝手が良さげです。

Suica機能にはオートチャージがあるので、残高不足でアワアワする心配もありません。さらにポイントも貯まるので毎日の電車利用でコツコツポイントを蓄積させましょう。

個人的には、「これで年会費が永年無料だったら最強なのに……」と感じてしまうところですが、まぁ言っても年間500円程度なんでね……(笑)。

微妙に無料ではありませんが、年会費以上の価値があるカードだということは間違いありません。

現在アトレカードを利用している人は、アトレビューSuicaカードにしてポイント3倍貯めてみてはいかがでしょうか。

主婦の味方!デパート・スーパー系クレジットカードのおすすめ5枚

買い物主婦がまず絶対に1枚持っておきたいクレジットカードは、普段よく使うスーパーやデパートのクレジットカードです。 ポイントをお得に貯められるのはもちろん、場所によっては割引セールや特典プレゼントなど ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-女性・主婦向けカード, 流通・ショッピング系カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.