法人カード

直接申込可能!最上級「三井住友ビジネスプラチナカード」の豪華特典まとめ

更新日:

ビジネスマンにとっての憧れの1枚として代表格である三井住友カードのプラチナカード。サービスの質の最上級なのはもちろんですが、持っているだけでステータスを感じさせるクレジットカードです。

個人カードの「三井住友VISAプラチナカード」はかなり敷居が高くて入会することも難しいカードですが、ビジネスプラチナカードであれば個人の信用力ではなく、法人の信用力を審査して発行します

プラチナに関してはある意味、個人カードより法人(ビジネス)カードの方が作りやすいと言えます。

下記では、最上級クラスのステータスと豪華特典を持つ「三井住友ビジネスプラチナカード」を紹介していきます。

カードマン
ビジネスプラチナは、ビジネスマンとしてのあなたの「格」をも上げてくれるでしょう。

スポンサーリンク

三井住友ビジネスプラチナカードのスペック

三井住友ビジネスプラチナカード

【年会費】税別50,000円(2人目から税別5,000円)

【国際ブランド】VISA/マスターカード(同時発行も可)

【申込み対象】法人(カード使用者20名以下が目安)

【ショッピング利用枠】原則150万円~500万円(1回払いのみ)

【キャッシング利用枠】0~30万円(海外キャッシュサービスのみ)

【ポイントサービス】「ワールドプレゼント」1,000円1ポイント付与(ポイント還元率0.5%)

【旅行保険】最高1億円の海外・国内旅行傷害保険(カード利用の有無で補償額が異なる)

【空港ラウンジ】プライオリティパス・国内主要28空港無料

【ショッピング補償】お買物安心保険年間500万円(国内外)

【決済口座】法人名義口座

【支払日】15日締め翌月10日支払または月末締め翌月26日支払

カードマン
三井住友ビジネスプラチナカードは基本的にゴールドカードの特典はすべて利用できますが、もちろん特典はそれだけではありません。

プラチナ級のビジネス特典を一挙紹介していきます。

超豪華!トラベル特典・サービス

ゴールドカードでも提供されている空港ラウンジサービスはプラチナカードでも提供されていますが、それ以外のトラベルサービスもあります。

※「空港ラウンジ無料サービス」は、国内主要28空港のラウンジが無料利用できるサービス。ゴールドカードから付帯している。

プラチナホテルズ

「アップグレードホテルズ」では国内約40のホテルと約10の旅館での優待料金に加えて、部屋もしくは料理などのアップグレードできます。

例えばヒルトン成田では、【2名1室1名分料金:1泊朝食付13,000円】からのデラックスツインを、デラックスプラスツインにアップグレード。さらにヘルスクラブ24期間無料と言った特典があります。

プライオリティパス

プライオリティパスは、世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスです。

通常の空港ラウンジ無料サービスと違い、「世界中」の、「ビジネスクラス以上のハイラウンジ」まで無料利用できるようになります。

ビジネスクラス以上のラウンジでは、ビュッフェからアルコールまで飲み放題はもちろん、スパやマッサージやシャワールームなど付属施設を基本無料で使えるので至れり尽くせりの贅沢タイムです。

三井住友ビジネスプラチナカードでは、プライオリティパスの最上級「プレステージ会員(年会費399ドル)」が無料で登録できます。

カードマン
プレステージ会員は、回数無制限の完全無料で世界中のラウンジが利用できます。海外出張が多い企業には最高です。

通常は年会費4万円相当するパスが無料になるので、これだけでカード年会費はほとんどペイできてしまうほどお得な特典と言えます。

⇒プライオリティパス特典付きおすすめクレジットカード一覧!最もコスパの良い1枚はどれ?

海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の補償

補償内容はゴールドカードとほぼ同じ内容ですが、死亡・後遺障害に関しては海外・国内ともに最高1億円の補償となっています。

また海外・国内すべて自動付帯となっている点もゴールドカードとは大きく違う点ですね。

スポンサーリンク

VISAとマスターカードのプラチナ特典

VISAやマスターカードも、プラチナカード会員向けのトラベルサービスも提供しています。

三井住友ビジネスプラチナカードではVISAとマスターカードのブランドを選ぶことができますが、両ブランドとも持つことも可能なので、どちらのサービスも受けられますよ。

VISAプラチナトラベル

国内宿泊・海外パッケージツアー・海外航空券・海外ホテルの優待サービス

VISAプラチナ空港宅配

自宅・空港間の手荷物宅配を往復優待サービス

VISAゴールド海外Wi-Fiレンタル

海外モバイルWi-Fiルーターレンタルの優待サービス(ゴールドカード以上)

マスターカード国際線手荷物無料宅配

自宅・空港間の往復手荷物2個まで無料

マスターカード空港クローク優待サービス

海外出発前に空港でコートなどの防寒具を1着10%オフで、帰国時まで預かるサービス(ゴールドカード以上)

マスターカード海外ホテル・航空券

「エクスペディア」が提供する、約20万軒の海外ホテル、約400社の航空券を7%オフや2,500円OFFで提供

マスターカードゴールド海外Wi-Fiレンタル

海外モバイルWi-Fiルーターレンタルの優待サービス(ゴールドカード以上)

通信料金が15%OFF・レンタル料金が50%OFF、海外Wi-Fiルーターは通信料が15%OFF

グルメサービス

一流レストランなどの優待サービスも提供しているので、取引先の接待にも利用できますね。

高級レストランでの接待は会社のステータスも高め、設定費の節約にもつながりますよ。

プラチナグルメクーポン

一流レストランで2名以上のコース利用すると1名分無料となるクーポン(東京・大阪中心)

プラチナワインコンシェルジュ

一流ソムリエ田崎真也氏によるワインに関するサービス提供

VISAプラチナダイニング

ミシュラン掲載の有名店舗を含む約130の一流レストランでの、割引やコースアップグレードなどの特典

ダイニングBY招待日和(マスターカード)

国内約200店舗のレストランで、2名以上で利用すると、会員本人分のコース料理が無料

ポイントサービス特典

三井住友ビジネスプラチナカードのポイントサービスは「ワールドプレゼント」で、ポイント還元率などはクラシックカードと共通です。

でもプラチナカードだけの「カードご利用プレゼント」が年2回ありますよ。

6ヶ月間のカード利用金額に対して0.5%相当のVJAギフトカードのプレゼントがあります。

半年で50万円の利用があると、1年で2,500円✕2=5,000円相当のギフトカードがプレゼントされます。

2,000円~30,000円までの範囲でプレゼントされるので、経費をカード決済するほど経費節減になりますね。

コンシェルジュサービス

プラチナカード会員は24時間・365日のコンシェルジュサービスの利用ができます。

  • 航空券・ホテルの予約案内
  • 高級車を含むレンタカーの予約案内
  • 海外の買物情報の提供(店の場所案内等)
  • オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館などの案内
  • レストランの予約案内
  • ゴルフコースの情報提供

プラチナカードのサービスと言えばコンシェルジュサービスが定番ですね。

個人的な嗜好にも合わせてくれるので、私設秘書のような使い方ができますよ。

スポンサーリンク

三井住友ビジネスプラチナカードの審査基準について

個人カードのプラチナカードは受付窓口もありますが、基本的にはインビテーションによる入会がメインです。

つまり、まずゴールドカード会員になって実績を積むことで招待状が発送されて入会できるしくみですね。

ところが、ビジネスプラチナカードの場合はインターネットでの申込みが基本となっています。この点を考えても、個人プラチナに比べてビジネスプラチナの方が積極的に会員募集していることがわかりますね。

とはいっても、もちろんすべての法人が入会できるわけではありません。

最低カード利用枠150万円を考慮すれば、それなりに黒字経営が長く続いている企業が対象と言えるでしょう。設立直後の法人では審査の対象にならないと考えましょう。

確実な方法としてはやはり、まずクラシックカードゴールドカード会員となって、実績を積んでからグレードアップする方法がおすすめです。

もちろん業歴が長く実績もある法人であれば、最初からプラチナカードに申込むのもありです。

⇒プラチナカードの審査基準、年収の目安は? 申込でも作れるの?

まとめ

三井住友ビジネスプラチナカードはビジネスカードの最高峰として、サービスステータスともに申し分がないクレジットカードです。

国内外での使いやすさはもちろんですが、取引先に対する最高のおもてなしもでき、自社のステータスも高まります。

法人カードを利用するのであれば、最終的には三井住友ビジネスプラチナカードを目指しましょう。




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-法人カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.