プラチナカード

プラチナカードの審査基準、年収の目安を解説!【おすすめカード】

更新日:

プラチナカードは、日本のクレジットカード会社が発行している最上位のクレジットカードです。中にはカード名に「ブラック」が入っていたり(例:楽天ブラックカード)、カード自体がブラックなもの(例:JCB ザ クラス)もありますが、階級的には全てプラチナカードに値します。

ステータスのあるカードを求めている人にとっては、最低でも持っておきたいラインがプラチナカードですね。

しかし当然、プラチナカードは誰でも入会できるというクレジットカードではなく、むしろ入会する人を選ぶカードです。

今回は、プラチナカードの申込基準や年収目安といった入会するための方法を解説していきます。ステータスが欲しい皆さんは必見ですよ。

スポンサーリンク

プラチナカードの審査基準、年収の目安

スーツ 高級

まずプラチナカードには、「申込ができるカード」と「インビテーション(招待)による入会しかできないプラチナカード」の2種類あります。

どちらも審査基準は高いのは間違いありませんが、審査で重要視する項目に違いがあるようです。

インビテーション(招待)でのみ入会できるプラチナカードの基準

インビテーション(招待制)のプラチナカードを作るには、少なくても同じクレジットカード会社のゴールドカード会員になることが原則です。

例外的に一般カード会員にもインビテーションが届くことがあるようですが、やはりひとつ下のゴールド会員になっている方がインビテーションの確率は圧倒的に高いです。

プラチナカードの審査では自社カードはもちろん、他社利用でも支払遅延がないことは大前提です。

すでにゴールドカード会員となっているので、審査のポイントはカードショッピングの利用金額になります。

例えば1年で200万円のカード利用があったとして、100万円ずつ2回の利用よりも、毎月17万円の利用のほうが審査では有利になります。

公共料金などの支払をすべて同じゴールドカードで決済することでメインカードであることを印象付ければ、クレジットカード会社はプラチナカードを持ってもらいたいと思うでしょう。

⇒家賃 税金 保険料全てカード払い可!お得にポイント貯める公共料金まとめ

プラチナカードはクレジットカード会社が発行している最上位か、それに次ぐ位置にあるクレジットカードです。その会員になるのはどう考えてもお得意様ということになり、あちこちのクレジットカードを利用していてはインビテーションの確率は下がると考えていいでしょう。

申込で入会できるプラチナカードの年収目安

三井トラストVISAプラチナカードは入会申込ができるプラチナカードですが、ホームページで年齢と年収を入力するだけで入会可能かどうかが簡易的に判断できます。

これを利用してみると、30歳以上で年収が1,000万円以上でなければ入会はできません。

三井トラストグループは富裕層をターゲットにしており、カード利用枠も原則500万円と高いので、ゴールドカード会員としての実績を見ることができない窓口申し込みは審査基準も高くなるということがわかります。

三井住友カードも入会窓口を設けていますが、カード利用枠は原則300万円です。

三井トラストカードの例から推測してみると、カード利用枠の2倍の600万円が年収目安になると考えることができます。

もし 三井住友VISAゴールドカード を持っていてインビテーションではなく、申込して手に入れたいと考えているのであれば、申込前にゴールドカードを300万円に増枠申請をして確かめてみるという方法もあります。

プラチナカードの基本カード利用枠まで増枠できるのであれば、プラチナカードの審査を通過する可能性も高いと言えるでしょう。

三井住友VISAプラチナカードは申込で作れる!インビテーションとどちらを狙うべきか

三井住友カードの最上位カードは、三井住友VISAプラチナカードです。 カードデザインがブラックなので「ブラックカード」と ...

スポンサーリンク

比較的入会しやすいおすすめのプラチナカード

よりステータスが高い銀行系プラチナカードでなくても良いという場合は、比較的入会しやすいプラチナカードがあります。

それはカード年会費が20,000円のプラチナカードです。

年会費が安いといってプラチナカードの標準サービスのプライオリティ・パスが付帯されているので、むしろコストパフォーマンスに優れているといえます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGプラチナアメックス

年会費税込み20,000円、カード利用枠は50万円~500万円。

申込対象は「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生を除く)」となっているので、見るからに審査基準は厳しくありません。

カード利用枠が50万円からになっているので、カード利用枠が最小であれば年収は300万円台でも可能と思われますが、ある程度の利用枠が欲しい場合の年収目安は400万円必要です。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

年会費20,000円ですが、インビテーションでしか手にすることができないプラチナカードです。

まずはエポスゴールドカード会員になる必要がありますが、一般の エポスカード で1年以上カード利用して年間50万円以上の利用をしているとゴールドカードへのインビテーションが届きます。

直接ゴールドカードに申し込むと年会費5,000円がかかりますが、インビテーションの場合は年会費が無料のままゴールドカードになるので、一般のエポスカードから入るのが最もお得です。

公式サイト エポスカード

ゴールドカード会員からプラチナカードへのインビテーション条件は、目安として年間カード利用金額100万円です。インビテーションのため年収の目安はなく、カード利用金額だけで判断していると思って間違いないでしょう。

つまりゴールドカードを年間100万使うだけなので、プラチナへのハードルは相当低いです。

さらに特典としても、

  • VISAプラチナ優待サービスが付帯
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員の年会費が無料

これでカード年会費が20,000円のプラチナカードは、エポスプラチナカード以外見つかりません。

セゾンプラチナ・(ビジネス)・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードには、「個人用」と「ビジネス用」の2種類が存在します。

どちらもスペックはほぼ変わりませんが、大きな違いとして、ビジネス用のみ申込で作ることができます。個人用はインビテーションでしか入会できません。

スペック面で他プラチナカードにはないメリットとしては、年間200万円以上の利用をすれば次年度の年会費が20,000円から10,000円になるという点です。

20,000円でもプラチナカードを下回るのにさらに半額になる条件があるプラチナカードは他にありません。

生活費を10万円毎月カード決済できれば、年間70~80万円のカードショッピングでクリアできます。それができなくても十分コストパフォーマンスは高いプラチナカードですね。

審査基準や年収目安はMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと同程度と考えていいでしょう。

なお、招待不要で申込可能なセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードですが、サラリーマンでも普通に申し込むことができます。

「ビジネス」と付くので法人用カードに見えますが、誰でも申し込めます。インビテーションを狙うなら個人用アメックス、自分から申し込むならビジネスアメックスですね。

スペックなどはほぼ変わらないので、どちらにせよビジネスアメックスの方をおすすめします。

>> セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード公式サイトはこちら
会社員や自営業でも年会費2万円で持てるプラチナカードが凄い!【セゾンビジネスプラチナ】

ゴールドカードのさらに上を行く『プラチナカード』。”プラチナ”の響きに誰もが憧れますよね。 一般的にプラチナカードと言え ...

プラチナの最高峰、アメリカンエキスプレス・プラチナカード

アメックスプラチナ

最後は数あるプラチナカードの中でも最高峰の「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」の入会方法をご紹介します。

年会費はなんと税別13万円

と、プラチナカードの年会費としては当たり前にトップクラスです。

入会方法も当然インビテーションのみで、まずはゴールドカード会員になる必要があります。

ゴールドカード会員になれば年収は関係なく、ひたすらカード利用してインビテーションを待つというのが基本です。アメリカン・エキスプレスではインビテーションの条件を公表していませんが、はっきりしているのは支払遅延だけは絶対にダメということです。

支払さえしっかりしていれば、後は時間をかけてカード利用を続けるだけです。

⇒アメックス総まとめ!グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックまで最高峰ブランドカードを一挙紹介!

まとめ

プラチナカードを持ちたいという人はステータスを求めていることが多いですが、逆に「名より実を取る」という方法もあります。

ご紹介した年会費20,000円のプラチナカードでも、海外旅行傷害保険の補償やプライオリティ・パスのサービス、コンシェルジュサービスなど、高額年会費のプラチナカードに負けていません。

年会費が低いことでサービスも質が悪いと思われがちですが、コスパの高さでは低年会費のプラチナカードをむしろおすすめします。

使う機会がないサービスが山ほどあるプラチナカードよりも、低コストで満足できるサービスのあるプラチナカードのほうが今の時代にあっている気がしますね。

とくに セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード は、2年目以降年会費10000円も可能と破格でありつつ申込によって入会できるので、プラチナカードの高級サービスを格安で利用したい人にはおすすめです。会社員の方でも問題なく申し込めますよ。

>> セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード公式サイトはこちら




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-プラチナカード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.