ビジネスマン向けカード プラチナカード

会社員や自営業でも年会費2万円で持てるプラチナカードが凄い!【セゾンビジネスプラチナ】

更新日:

ゴールドカードのさらに上を行く『プラチナカード』。”プラチナ”の響きに誰もが憧れますよね。

一般的にプラチナカードと言えば、インビテーション(招待制)でしか作ることができず、高収入のエリートだけが持てるカードというイメージが持たれがち……。

しかしプラチナカードの中には、会社員や自営業者でも年会費たった2万円で持てるプラチナカードが存在するのをご存知ですか?

その名も『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード』。人気の高いセゾンアメックス系の最上級カードです。

一般的にプラチナカードは年会費5万円以上する高級カードで、インビテーションによる入手が常識です。しかしこのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードは、

  • 年会費2万円(条件付で1万円!)
  • 直接申し込み可能(インビテーション不要)
  • 会社員や自営業でも申し込み可能

という、最も入手しやすいプラチナカードとなっています。ちなみにこのカード、最短3営業日でスピード発行も可能ですよ。

下記で詳しく紹介していきます。

公式サイト セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

スポンサーリンク

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの基本スペック

カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス
カードデザイン セゾンプラチナビジネス
年会費 20,000円(税抜き)/条件付き10,000円(!)
追加カード ETC無料/家族・従業員カード年会費3000円
利用限度額 500万円
ポイント還元率 通常0.5%(永久不滅ポイント)/海外利用で1%
電子マネー ポストペイ電子マネー「iD」「QUICPay」
付帯保険

海外旅行保険1億円

国内旅行保険5000万円

携行品損害補償50万円

ショッピング保険300万円

(※数字は全て最大額)

カード特典

プライオリティパス年会費399ドルが無料

SAISON MILE CLUBに無料登録

ホテルやレストランの優待「entree(オントレ)」

クラウド会計freeeの優待

ビジネスアドバンテージ(レンタカーや事務用品など優待)

リーガルプロテクト(法人向け弁護士サービス)

申込サイト セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

年間200万円以上の利用で年会費が半額に!

まず、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの通常年会費は20,000円(+税)となっており、この時点でプラチナカードとしてはかなり安いです。

プラチナカードの年会費相場は「JCB ザ クラス」「三井住友VISAプラチナ」など50,000円程度のカードが多く、アメックス本家の『アメリカンエキスプレス・プラチナカード』の年会費なんて13万円(+税)ですからね……(笑)

  • JCB ザ クラス:50000円
  • 三井住友VISAプラチナ:50000円
  • アメックスプラチナ(本家):年会費130,000円
  • セゾンプラチナビジネスアメックス:年会費20,000円

参考記事プラチナカードの審査基準、年収の目安は? 【おすすめカード】

笑えるほどの安さです。アメックスプラチナの7分の1以下とはこれいかに。

やはり本家のプロパーカードの方がステータスが高い分、年会費は格段に上がります。クレディセゾンの提携カードであるセゾンプラチナ・ビジネスアメックスはステータス感は本家より下がりますが、その分だけ年会費コストが激減し、所有しやすくなります。

さらにセゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、年間200万円以上カードを使うことで、翌年の年会費が半額の10,000円になります。

プラチナカードの年会費が1万円という衝撃の安さ……もちろんプラチナ最安値水準です。

年間200万円なんて、サラリーマンでも意識的にカード利用を心掛ければ充分使えますよね。事業主だったらなおさら、経費をカードで落とせば200万なんて一瞬です。

つまり、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、実質年会費1万円で持てるコスパ最強のプラチナカードだと言えます。

そして、この年会費半額サービスは、ビジネス用カードだけの特典です。個人用の「セゾンプラチナアメックス」は半額にはなりません。

これが、個人用でなくビジネス用カードをおすすめする最大の理由です。なんたって年会費半額に出来ますからね。

ポイント還元率は海外で2倍!永久不滅で有効期限もなし

コイン ポイント

ポイントプログラムは、セゾンの「永久不滅ポイント」。名前の通り、ポイントの有効期限はありません。

通常のポイント還元率は1000円利用につき1ポイント。海外での利用時に限り、1,000円につき2ポイントの還元になります。

(1ポイント=約5円相当)

アメックスブランドは元々海外に強いので、旅行や出張で海外に行く際はぜひアメックスカードをお供にして、がっつりポイントを貯めていくのが良いですね。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの魅力特典

プライオリティ・パス(年間399ドル)が無料に!

ラウンジ

プライオリティ・パスとは、国内外の空港ラウンジを「割引」もしくは「無料」で利用できるパスカードです。

「プライオリティパス社」が発行しているカードで、全世界120カ国、850カ所以上の空港ラウンジで利用することができます。

一般的な空港ラウンジでは、くつろぎ空間にドリンク提供、ネット環境、新聞や雑誌の完備など、時間を快適に過ごせる設備が揃っていますが、プライオリティパスを持っていれば、さらにグレードの高いビジネスクラスのVIPラウンジにも入ることができます。

ビジネスラウンジでは、ビュッフェやサラダバーなどの食事無料(タダ!)なのに加え、ビールやアルコールの飲み放題(タダ!)、さらにはスパを提供しているラウンジもあります。

香港ラウンジ1

香港ラウンジ2

ロンドンヒースローラウンジ1

このような豪華ラウンジで空港でのひと時を楽しめるプライオリティ・パスは、本来であればもちろん「有料」。カードの会員クラスは3つに分かれており、サービスの内容は以下のようになっています。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 399ドル 無料 27ドル

※2016年6月時点
※空港ラウンジの通常利用料は1人あたり3000円ほどです。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、最上位クラスである「プレステージ会員」のプライオリティ・パスに無料で登録できます。

通常はプレステージ会員の年会費は約4万円ほど

しかし、年会費2万円(半額なら1万円)のセゾンプラチナ・ビジネスアメックスを持っていれば、この4万円が無料になるので、この時点で差し引き2万〜3万円はおトクになる計算に。

コスパ最強すぎやしませんか?

公式サイト セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

SAISON MILE CLUBが無料。JALマイルが貯まる!

ThePixelman / Pixabay

ThePixelman / Pixabay

セゾンカードの人気特典である「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」。セゾンカードでのショッピングでJALマイルが貯まるサービスです。

このSAISON MILE CLUBに加入すると、1000円利用ごとに10マイルを貯めることができ、さらに優待ポイントとして永久不滅ポイントが2000円ごとに1P貯まるようになります。

JALマイル + 永久不滅ポイントも貯めることが可能なSAISON MILE CLUBは、通常ならセゾンゴールドアメックス会員でも年間4000円がかかる有料サービスですが、

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスなら、無料で加入することができます。

これぞ、プラチナの力!

各種優待サービスも充実

neshom / Pixabay

ホテル・ダイニング・スパの優待「entree(オントレ)」

「entree(オントレ)」は、1流ホテルやレストラン、ショッピングやスパなどの施設を優待料金で利用できる特典です。

ホテルではチェックイン時間の融通が聞いたり、ルームグレードを無料でアップしてくれたりと手厚いサービスがつきます。様々なシーンで優待料金となるので、ちょっとリッチな旅をコスパ良く楽しむことができます。

コナミスポーツクラブの優待

全国に展開する「コナミスポーツクラブ」を、法人会員料金で利用することができます。また、月払いか一回利用ごとの支払いかも選ぶことができるので、ライフプランに合わせて通うことができます。

運動不足の方はぜひ活用したいところです。

ミシュランにも載る高級ホテルのパーティに無料招待「Dramatic Time!」

ミシュランガイド東京にて星を獲得する高級レストランやラグジュアリーホテルなどが実施するパーティに、抽選で無料招待されます。これはプラチナ会員のみの特典です。

抽選に当たれば、それ一発で年会費のもとが取れます。

その他にも数えきれない優待特典が……

ゴルフクラブ特典に、ヘアサロン特典に、ヨガスタジオ特典に、カーシェアリング特典に、アメックスセレクト特典に……。

はっきり言って、とても全ては載せきれないほどの特典がありますので、この辺りで割愛します。詳しい特典情報は公式サイトでご確認下さい。

特典をチェック! セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

付帯保険もプラチナ級!

旅行保険は海外・国内とも自動付帯

空港 旅行

旅行保険の最高額は、海外旅行1億円、国内旅行5000万円となっています。プラチナとして申し分ない額かと思います。

さらに両者とも「自動付帯」なので、旅行代金の支払いにカードを使わなくとも自動で適用されます。ますます旅のお供として必携のカードです。

⇒利用付帯・自動付帯って何?クレジットカード海外旅行保険の基本解説

ショッピング保険は最高300万

GREGOR / Pixabay

GREGOR / Pixabay

ショッピング保険も最高300万円まで補償と、さすがの手厚さ。さらに購入日より120日間補償となっており、ゴールドカードの90日間より期間も延びています。

また、旅行時の携行品損害補償も最高50万円まで付帯しますので、旅行中の物品に関しては非常に固い守りとなります。

さすがビジネスカード!ビジネスサポートも充実

クラウド会計ソフト「freee」が優待

スクリーンショット 2016-03-03 0.19.22

個人事業主から中小企業向けの全自動クラウド会計「freee」。

「全自動」というキャッチコピーの通り、帳簿の作成をほぼコンピュータがクラウド上で行ってくれるので、確定申告を劇的にラクにしてくれることが人気の秘密。フリーランスや自営業者ならすでに利用している人も多いと思います。

このfreeeは通常1ヶ月間の無料お試し期間があるのですが、セゾンプラチナビジネスアメックス専用の登録口からの登録で、無料期間を2ヶ月延長することができます。端的に2ヶ月分の料金が無料になるということです。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

引き落とし口座も法人と個人で選択可能

引き落とし口座は、個人口座でも法人口座でも選ぶことができます。個人事業主や法人であれば経費管理のために法人口座を選択しておくのが良いですね。上記のクラウド会計freeeと連携させることで会計管理を大幅に簡略化できます。

普通の法人カードは審査に厳しかったりするので(特に新設まもない法人は特に)、個人や小規模法人でもビジネス用カードして使えるのは嬉しい所ですね。

さらに経費を積み増して年間200万以上使えば年会費は半額。やはりコスパ最強です。

ビジネスアドバンテージ

ビジネスに必要な備品やサービスを優待価格で利用できる「ビジネスアドバンテージ」も有効利用できます。

具体的には、事務用品やレンタカー、宅配サービスなどを安く利用できます。

弁護士サービス「リーガルプロテクト」

こちらは、法人向けの顧問弁護士サービスです。専門分野に特化した弁護士をはじめ、弁理士・司法書士・税理士・行政書士がサポートいたします。

通常月額3980円のところ、3480円に割引。相談料は10分1620円で、担当者も固定されるので安心です。

【総評】セゾンプラチナならビジネス版がおすすめ

冒頭でも言ったように、セゾンプラチナアメックスには「個人用プラチナ」と「ビジネスプラチナ」がありますが、やはり今回紹介したビジネスプラチナの方がおすすめです。

両者とも基本的なスペックは大差ありませんが、ビジネスプラチナが優れている点は以下2つ。

  1. 年間200万以上利用で年会費が半額
  2. インビテーション不要で自ら申し込める

この2点に尽きます。

やはり年会費が半額になるのが大きいですよね。年会費が倍になってまで個人プラチナにするメリットは感じません。年会費以外の要素はぶっちゃけそこまで変わりませんが。

そもそも、個人用プラチナはインビテーションがないと作れません。自ら申し込むことはできないので、まず申し込める人が限られている点もネックです。

その点、ビジネスプラチナであればインビテーションが不要なので、18歳以上であれば会社員でも申し込むことができます。

ゴールドカード並みの年会費でプラチナ級の特典サービスが受けられるコスパ最強カードなので、ヘタにゴールドカードを申し込むくらいなら、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスにした方が賢いかもしれません。ステータス的にも格上ですしね。

初めてのプラチナカードには、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスがおすすめです。

>> セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード公式サイトはこちら

セゾンアメックスの種類と特徴まとめ!年会費コスパはプロパーカードより断然お得!

アメックスカードといえば、アメリカンエキスプレスセレクトを中心とした世界各国で利用できる優待特典などが有名で、T&Eの代表的なカードといえますよね。 しかしながら、アメックスは高い年会費がネッ ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-ビジネスマン向けカード, プラチナカード
-,

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.