ゴールドカード 流通・ショッピング系カード

Amazonプライムが年会費4900円に値上げ!Amazonゴールドカードを作った方がお得な異常事態に

投稿日:

4月12日より、Amazonプライムの年会費が年3900円 → 年4900円に値上げされることが発表されました。月単位でいうと400円→500円へ100円値上げとなります。

変更内容

  • 年会費:3900円 → 4900円
  • 月会費:400円 → 500円

※既存会員は5月17日以降の更新時から適用

公式サイトAmazonプライム

今回の年会費値上げにより、途端に注目が集まっているのがAmazonゴールドカードです。

私も実際に使っているAmazonゴールドカードは、カード特典としてAmazonプライムが付いてきます。なのでAmazonゴールドカードを持っていればAmazonプライムの年会費は支払わず、Amazonプライムが使えます。

そしてこのAmazonゴールドカードは年会費10,000(税別)なのですが、実は条件を満たせば年会費4000円(税別)にまで下げられるのです。

となると……

 

Amazonプライム会員の年会費4900円払うより、Amazonゴールドカード(年会費最安4000円)作った方がお得じゃん!!

 

という事態が発生したわけですね。

AmazonゴールドカードはAmazonプライムが特典で付帯しているだけでなく、Amazonショッピングでポイント還元率2.5%とかバカみたいな還元率がつくので超お得です。

  • Amazonプライム(4900円):
    → Amazonプライムサービス使い放題
  • Amazonゴールドカード(最安4000円):
    →Amazonプライムサービス使い放題 + Amazon買い物でポイント2.5%還元 + 海外保険付き + 国内主要空港ラウンジが無料利用

もはや、Amazonプライム年会費払うメリットなくない……?

ということで、今回の値上げによってAmazonゴールドカード作る人が爆増するはずなので、改めて私も使っているAmazonゴールドカードについて紹介します。

公式ページAmazonゴールドカード

スポンサーリンク




年会費を最安4000円にしてAmazonプライムが使える「Amazon MasterCardゴールド」って?

カード特典としてAmazonプライムが使い放題になるAmazonゴールドカード。

もちろんクレジットカードなので、ポイント還元が付いたり旅行保険がついたりと色々な特典があります。

それでいて、年会費はAmazonプライム会費(4900円)より安くできるというスーパーカードになりました。

Amazonゴールドカードの基本情報

年会費 10000円(条件付きで2年目以降4000円)
申込資格 20歳以上
ポイント還元率 Amazonで2.5%還元、Amazon以外1%還元
国際ブランド MasterCard
追加カード ETC:年会費500円、初年度無料、2年目以降前年度1回の利用で無料
旅行傷害保険 海外:最高5000万円
国内:最高5000万円
特典 Amazonプライムが使い放題
全国の主要空港ラウンジが無料利用
電子マネー iD

公式ページAmazonゴールドカード

年会費を4000円(税抜)にする条件は2つ

年会費割引の条件

  • マイ・ペイすリボに登録:→ 年会費5000円引き
  • Web明細に登録:→ 年会費1000円引き

2つとも登録すれば合わせて6000円割引で、年会費4000円に!

「マイ・ペイすリボ」というのは、簡単に言うとリボ払い登録のことです。リボ払いは、カードをつい使いすぎちゃうタイプの人は注意が必要なのですが、実はリボ払い登録しつつ1回払いにする方法があります(後述)。

Web明細というのは、その名の通りカード明細を郵送ではなくWebで確認することです。これだけでも年会費1000円割引になるので必ずしておきましょう。

リボ払い登録しつつ1回払いにする方法

「マイ・ペイすリボ」に登録した上で、毎月の支払額をカード上限額に設定するという方法です。

毎月の支払い額をカード上限にしておけば、確実に初回の支払いで全額返済することになります。そして「マイ・ペイすリボ」は初回返済の手数料が無料なので、リボ払いしても初回で全額返済すれば手数料がかかりません。つまり、実質的な1回払いとして利用できます。

最初にこの設定だけしておけば、実質1回払いで普通にカードを使いながら、年会費を半額以下の4000円(税抜き)まで安くできるので、やらない手はありません。

Amazonプライムに加えて、ポイント2.5%還元+旅行保険+空港ラウンジサービスもついてくる

年会費4000円でAmazonゴールドカードを持つと、Amazonプライム特典だけでも普通にプライム会員費(年4900円)を払うよりお得なのですが、それにプラスしてクレジットカードのメリットも手に入ります。

  • Amazonでの買い物でポイント2.5%還元(他店舗だと1%還元)
  • 海外・国内旅行保険が最高5000万円
  • 全国の主要空港のラウンジが無料で使える

Amazonプライムを使うくらいならAmazonで買い物する機会が多い人だと思いますが、Amazonゴールドカードが凄いのはAmazonでのショッピングでポイント還元2.5%がつくことです。

2.5%というポイント還元率は、クレジットカードではありえない高さです。一般的なクレジットカードはポイント0.5〜1%還元なので、2倍以上もお得になります。

またAmazon以外の買い物でも通常1%還元なので、決して「Amazon専用カード」というわけではありません。普通にメインカードとしても使えるレベルです。

さらに、ゴールドカードなので旅行保険も海外・国内共に最高5000万円全国主要空港ラウンジの無料利用サービスが付いてきます。

これらは旅行に行くときに大いに役立つ特典ですね。

年会費4000円(マイ・ペイすリボ+WEB明細への登録条件)で、Amazonプライムに加えてこれだけの特典が付いてくるなら、もはやAmazonプライムを使うのにAmazonゴールドカードを作らない理由がありません。

Amazonプライム会員費に年4900円払う人、あるいはまだプライム会員になっていない人は、プライムサービスを利用するならAmazonゴールドカードを作ってしまった方が100%お得ですよ。

公式ページAmazonゴールドカード

公式ページAmazonプライム

スポンサーリンク




Amazonプライムの値上げを受けて驚く人々の口コミ

カードマン
現状だと、Amazonゴールドカードがあまりにお得になってしまう(普通のAmazonプライム会員の存在意義がなくなっている)状態なので、おそらくそのうちAmazonゴールドカードの年会費割引に修正が入るだろうとは思います。

ただし、現時点ではまだ未定とのことです

スポンサーリンク




まとめ

ちなみに、アメリカのAmazonだとAmazonプライムの年会費は119ドル(約13,000円)です。

なので、4900円に値上がりしても本場米国の半額以下という安さ。明らかに日本は安く提供されてるんですよね。おそらく利益度外視でユーザー獲得を優先しているからだとは思うのですが。

Amazonプライム会員が利用できるサービス・特典は15個を超えます。これだけのサービスが年間4900円(Amazonゴールドカードを持てば最安4000円)で受けられるのだから、Amazonサマサマとしかいいようがありませんね。

関連記事
2.5%の超高還元!Amazon MasterCardゴールドのメリットが凄すぎる!

私が一番頻繁に利用するネットショップはAmazonで、様々なクレジットカードで貯めたポイントも主にAmazonギフト券に交換して使っています。 ただ、Amazonギフト券への交換は手続きがやや面倒です ...

続きを見る







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-ゴールドカード, 流通・ショッピング系カード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.