流通・ショッピング系カード

2.5%の超高還元!Amazon MasterCardゴールドのメリットが凄すぎる!

投稿日:

私が一番頻繁に利用するネットショップはAmazonで、様々なクレジットカードで貯めたポイントも主にAmazonギフト券に交換して使っています。

ただ、Amazonギフト券への交換は手続きがやや面倒です。もっと手間を掛けずにポイントをAmazonで使いたい、そしてあわよくばもっとお得にAmazonのポイントを貯めたいなーと思い始め、ついにAmazonのクレジットカード「Amazon MasterCardゴールド」を作りました。

Amazonのクレジットカードはデザイン的にオシャレさ皆無で、やや敬遠していたのですが、Amazon MasterCardゴールドはなんとAmazonで2.5%のポイント還元が可能なんですよね。さらに貯まるポイントもAmazonポイントということで、ポイントは自動でアカウントに登録されるのでいちいち交換する必要もない。しかもAmazonプライムの年会費が無料なるので、それを考慮すると年会費もあってないようなものです。

正直Amazonショッピングのためだけのカードなのですが、私ほどAmazonで買い物をしているとそれなりにメリットが大きかったです。

この記事ではAmazon MasterCardゴールドについて詳しく紹介するので、Amazonで買い物することが多い人はぜひ参考に。Amazonのためだけにでも作った方がお得かもしれません。

スポンサーリンク

Amazon MasterCardゴールドのスペック

まずはAmazon MasterCardゴールドのスペックを表にまとめてみました。

年会費 10000円(条件付きで2年目以降4000円)
申込資格 20歳以上
ポイント還元率 Amazonで2.5%還元、Amazon以外1%還元
国際ブランド MasterCard
追加カード ETC:年会費500円、初年度無料、2年目以降前年度1回の利用で無料
旅行傷害保険 海外:最高5000万円
国内:最高5000万円
特典 Amazonプライムが使い放題
電子マネー iD

年会費は条件付きで4000円も可能!Amazonプライムで実質はさらにお得に

ゴールドカードなので通常年会費1万円とそれなりにかかりますが、以下の条件付きで2年目以降は割引できます。

年会費割引の条件

  • マイ・ペイすリボに登録:→ 年会費5000円引き
  • Web明細に登録:→ 年会費1000円引き

2つとも登録すれば合わせて6000円割引で、年会費4000円に!

「マイ・ペイすリボ」というのは、簡単に言うとリボ払い登録のことです。リボ払いは、カードをつい使いすぎちゃうタイプの人は注意が必要なので、後述のデメリットの項目で詳しく解説します。

Web明細というのは、その名の通りカード明細を郵送ではなくWebで確認することです。これだけでも年会費1000円割引になるので必ずしておきましょう。

あとは後述しますが、カードを持っていればAmazonプライムが使い放題なので、いまAmazonプライムに年会費3900円払っている人は、そのコストが不要になるので実質はもっとお得になります。

総合的にスペックは高く、メインカードにも使える1枚

ポイント還元率や旅行保険金額などもゴールドカードらしく高水準で、スペックで言えばどこでも使えるメインカードになる一枚ですね。

私はあくまでAmazon決済用のカードとして使っていますが、旅行傷害保険が最高5000万円と高額なので、旅行によく行く方は付帯されている保険を適用することでも使い道はあります。

(本当に、カードデザインがダサいのだけ難点)

家族カードはなし、電子マネーはiDのみ

Amazon MasterCardゴールドでは家族カードを発行できません。あくまで個人がAmazonでの買い物に使うためのクレジットカードです。

私は家族カードを使う機会がないのでとくにデメリットと感じていませんが、家族カードを活用したい方は注意が必要です。

そしてAmazon MasterCardゴールドは三井住友カードが発行していますが、他の三井住友カードと違いWAONやPiTaPaなどの電子マネーは発行できません。

Amazon MasterCardゴールドで使える電子マネーはiDに限られるので、電子マネーを幅広く活用したい方は注意しましょう。

Amazon MasterCardゴールドはAmazon利用に特化したカードなので、電子マネーが充実していなかったところでそれほど大きなデメリットではないと、私は思っています。

Amazon MasterCardゴールドの審査はさほど厳しくはない

気になるカード審査についてですが、ゴールドカードと言えど20代半ばのフリーランスだった私でも問題なく発行できたので、そこまで厳しいわけではなさそうです。きちんと仕事をして継続収入を得ていれば、20代でも持てるゴールドカードです。

というか、公式HPにも「20歳から申し込めるプレミアムカード」と書いてあるので。

もちろん、過去に延滞踏み倒しなどブラックリストに載る事故を起こしていれば、その限りではありません

正直、フリーランス・自営業は収入の安定性がマイナス評価なので審査落ちるかもしれないと覚悟していましたが、意外とフリーランスでもあっさり通りましたね。

ただ私の場合、

  • 日頃からクレジットカードをメイン利用していて実績がある
  • とくに三井住友カード(Amazonカードの発行会社)は20歳の頃から使っている

という点があるので、これまでのカード実績が審査で大いにプラスになった可能性があります。

スポンサーリンク

Amazon MasterCardゴールドを使ってみてわかったメリット

Amazon MasterCardゴールドを使い始めると実感しますが、これほどまでにポイント還元率が高いクレジットカードは見たことがありません。

Amazon利用時のポイント還元率が2.5%と高い!

Amazonで、Amazon MasterCardゴールドによる決済をすると2.5%のポイント還元を受けられます。2.5%という還元率は全てのクレジットカードでもトップ級の数字であり、当然ながらAmazonでポイントを貯めるのにこれ以上のカードはありません。

そこまで頻繁に使っているわけではないのですが、1ヶ月間で税込み36490円ほど買い物をして、合計914ポイントも貯められました。Amazonの買い物だけで年間1万円分のポイントが貯まる勢いです。

私がメインカードとして使っている dカード GOLD は、還元率UPできるポイントモールを使ってもAmazonで1.5%還元なので、いかにAmazon MasterCardゴールドの2.5%還元が驚異的かわかります。

ただし注意したいのですが、Amazon MasterCardゴールドでもらえる「Amazonポイント」は、その名の通りAmazonでしか使えません

私の場合はAmazonで買い物をするとしても、他の場所でも使えるポイントを貯めたい時は dカード GOLD 、Amazonですぐにポイントを使いたい時はAmazon MasterCardゴールド、というように役割分担をしています。

Amazonで買い物をすると、発送後にすぐポイントがもらえる

Amazon MasterCardゴールドを使ってAmazonで買い物をすると、ただ高額なポイントがもらえるだけはなく商品の発送から数時間後にはポイントが付与されるので、すぐにポイントで買い物をしたいときの待ち時間が短縮されるのが助かります。

私がメインで使っているdカード GOLDも3~5日程度でポイントが付与されるのでとても早いと思っていましたが、Amazon MasterCardゴールドは最短即日、購入から数時間後にはポイントがもらえるので、驚きました。

クレジットカードはポイントを貯めてギフト券や提携ポイントなどに交換、自由に使えるのが便利ですが、買い物からポイント付与までは1~2ヶ月の間が空くのが普通ですよね。

Amazon MasterCardゴールドはポイントの利用先がAmazonに限られる代わりに、すぐにポイントがもらえるのが便利です。

ちなみに、Amazon以外でAmazon MasterCardゴールドを使った場合は即日反映ではなく翌月15日頃の反映になるので注意しましょう。

(私はAmazon以外では、3~5日でポイントが反映されるdカード GOLDを使ってポイント付与までの待ち時間を短縮しています)

自動でAmazonポイントが貯まるので、煩わしいギフト券への交換手続きが不要

Amazon MasterCardゴールドを利用すると、もれなくポイントはAmazonポイントとして自動的にアカウントに登録されます。交換手続きなどは一切必要ないので、手間がかからないのが嬉しいです。

オリコカードなどのクレジットカードで貯めたポイントは交換手続きをしてAmazonギフト券などに交換できますが、交換後長いコードをAmazonのギフト券登録ページで入力してやっとポイントが貯まるしくみで、ちょっと手間がかかります。

Amazon MasterCardゴールドなら手間いらずでポイントをAmazonアカウントに反映してくれるのも、ありがたいですね。

Amazonプライム会員の特典が利用可能!

Amazon MasterCardゴールドを持つと、自動的にAmazonプライム会員の特典をすべて使えるようになります。

Amazonプライムは年会費3900円のサービスですが、いまこれを払っている人はAmazon MasterCardゴールドを作れば年間3900円が不要になるわけですね。

ちなみに私もAmazon MasterCardゴールド入会時点で既にプライム会員でしたが、先に1年分支払った会費の「Amazon MasterCardゴールド入会月から本来の期限終了月までの会費」を返金してもらえました。

このプライム会員費が不要になる点を考慮すると、これだけでもAmazon MasterCardゴールドの年会費は実質3900円安くなるようなものです。

さらに先に説明した「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細」に登録すれば年会費4000円まで割引になるので、その全てをトータルするとAmazon MasterCardゴールドにかかる年会費は389円にまで削減できました(税込み計算)。

ここまで安く還元率・特典が充実したカードを持てるのは驚異的ですね。

ゴールドカードなので空港ラウンジサービスも使える

ゴールドカードの定番である空港ラウンジ特典も付いています。Amazon MasterCardゴールドを持っていれば、全国の主要空港のラウンジが無料で使えるようになる特典です。

私はあまり飛行機は乗らないのでラウンジを使う機会が少ないのですが、旅行や出張でフライトが多い人は、空港ラウンジ特典のためにゴールドカードを作るほど人気の特典です。

スポンサーリンク

Amazon MasterCardゴールドのイマイチだったデメリット

最後に、Amazon MasterCardゴールドを使ってみてイマイチに感じたデメリットを2つ紹介します。

通常年会費は高額

マイ・ペイすリボやWEB明細書サービスへの登録で年会費は安くできますが、あくまで通常年会費は1万円です。ゴールドカードなら年会費1万円は平均ですが、20歳で申し込めるカードとあって、20代が持つにはちょっと高く感じるかもしれません。

一応、割引条件の一つであるWEB明細に関してはメリットしかないので必ず登録しておくとして、1000円割引の年会費9000円で持つことは問題ありません。

注意が必要なのは、4000円割引の条件である「マイ・ペイすリボ」の方です。

支払い方法をマイ・ペイすリボに変更する時は、支払い金額の設定に注意が必要

年会費を4000円割引にする「マイ・ペイすリボ」は、リボ払いへの登録ということになります。

リボ払いというのは、「毎月一定額を返済する」という支払い方法。例えば月3万円ずつ返済、月5万円ずつ返済といった感じです。

ある程度は自分で毎月の返済額を決められるので、一見すると”返済しやすそうな”支払い方法に見えるのですが、返済回数が多くなるほど金利がのしかかり、返済総額がどんどん増えて行くという落とし穴があります。

現実に、クレジットカードで破産する人の多くはリボ払いが原因です。それほど、気づかぬうちに利息が貯まりに貯まっていくシステムなので、リボ払いには注意が必要なのです。

参考リボ払いと分割払いの違いとは?手数料・利子を比較すればどちらがお得かは明白

では、マイ・ペイすリボには登録しない方がいいのかというと、実はリボ払いのリスクをカバーするちょっとした小技があります。

Amazon MasterCardゴールドのマイ・ペイすリボは、登録後の初期設定だと月々の返済金額が5000円程度に設定されています。これははっきり言って少額すぎで、例えば3万円の買い物をしたら利息も含めて7ヶ月程度支払いが続くことになります。

カード会社からすると、なるべく少額返済させて「返済回数」を増やしたいのです。返済回数が増えれば増えるほど、利息がかかって儲かるからです。

月5000円返済なんて設定にしていたら、10万買い物するだけで返済がいつまでも終わらない返済地獄になります。

そこでどうすれば良いかというと、毎月の返済額を「カードの利用限度額」と同じ額に設定します。カード限度額が100万なら、毎月の返済額も100万に設定しましょう。

こうすれば、仮に限度額100万円の買い物をしても返済1ヶ月目で100万返済=完済になります。つまりいくらの買い物をしようと、実質的に一括払いで返済できるのと同じになります。初回で完済すれば、利息がかかることもありません。

最初に返済額の設定を変更するのだけ手間ですが、一度変更しておけば以降ずっと年会費4000円も安くなるので、これは必ず行っておましょう。

 

まとめ

Amazon MasterCardゴールドはポイント還元率がAmazonで2.5%と最高レベルに高く、Amazonでの買い物なら間違いなく一番お得なクレジットカードです(Amazonのカードなので当たり前ですが)。

貯まるポイントはAmazonでしか使えないので、本当にAmazonショッピングのためだけのカードになりますが、Amazonで年間にそれなりの額を使う人なら、それだけのために作って損はないと思います。何と言っても常に2.5%割引で買えるのと同じですからね。

年会費1万円かかりますが、マイ・ペイすリボとWEB明細に登録して-6000円割引、Amazonプライム会員費が不要になることを考慮して-3900円、合わせると年会費は実質100円程度のコストにしかなりません。

そう考えると、Amazonで年間5万円も使うようなら持っておいて損はないレベルです。




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-流通・ショッピング系カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.