マイルカード

東急沿線でおすすめ!ANA TOKYUカードの効率的な使い方・マイルの貯め方|定期券やオートチャージ機能を有効活用しよう

投稿日:

ANAマイルに対応したクレジットカードはたくさんありますが、その中でも特に東急沿線エリアにお住まいの人におすすめしたいのがANA TOKYUカードです。

通勤通学から買い物まで、普段の生活のあらゆる場面でANAマイルを貯めることができるので、東急エリアでマイルを貯めたい人にとってANA TOKYUカードはメインカードとして活躍することでしょう。

私も実際にANA TOKYUカードでマイルを貯めているので、ANA TOKYUカードの紹介と効率的にマイルが貯まる使い方について解説します。

公式サイトANA TOKYUカード

スポンサーリンク

東急沿線住まいの人にお得な「ANA TOKYUカード」の基本情報

カード基本情報

年会費 2000円(税別)
(家族カード:1000円)
国際ブランド マスターカード
ポイント還元率 1000TOKYU POINT ⇒ 750マイル
10000マイル ⇒ 10000TOKYU POINT
保険 海外旅行保険:最大1000万円
国内航空保険:最大1000万円
ショッピング保険:最大100万円(海外)
機能 PASMO機能
オートチャージ
定期券機能
特典 入会時と毎年のカード継続時にボーナス1000マイル付与
ANAグループ便に搭乗時、マイル割り増し
申込資格 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方、18歳以上の学生(高校生不可)

公式サイトANA TOKYUカード

ANA TOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)は、

  • クレジットカード
  • ANAマイル
  • TOKYU POINT
  • PASMO
  • 定期券

という5つの機能を兼ね備えた高機能なカードです。発行会社は三井住友カード。

ANAの飛行機を利用すると搭乗マイルが貯まるうえ、普段の買い物ではANA TOKYUカードを利用するとTOKYU POINTや三井住友カードのワールドプレゼントポイントを貯めることが出来ます。

もちろん、買い物で貯めたTOKYU POINTやワールドプレゼントポイントはマイルへ交換が可能です。

ポイントをマイルへ交換

  • TOKYU POINTは1,000ポイント=750マイル
  • ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5マイル
    →年間費6,000円を払うことで1ポイント=10マイルに交換可能

私も基本的に飛行機の搭乗よりは、普段の生活の中でポイントを貯めてマイルへ交換する、いわゆる「陸マイラー」です。ANA TOKYUカードは、飛行機に乗る回数は少なくとも日常のあらゆる場面でマイルを貯めることができるのが大きなメリットです。

年会費は初年度無料/2年目以降は年間2,160円です。
カード入会時・更新時にそれぞれ1,000マイルがプレゼントされます。

他のANAカードとは異なり、カードブランドはマスターカードのみとなります。ただし、ポイントサイトなどでは他のANAカードとまとめて「ANA VISA」として掲載されていることもあります。

クレジットカード発行の際にポイントサイトを利用する場合は、細部までよく確認することをおすすめします。

ANA TOKYUカードでANAマイルを貯めよう!

空港

ANA TOKYUカードを持ちたい人は多くがマイラー(マイル貯めたい人)だと思いますが、マイルの貯め方は大きく3種類あります。

  1. 飛行機の搭乗で貯める
  2. 電車・バスなど日常の交通手段で貯める
  3. 日常の買い物で貯める

出張や旅行が多くてフライトが多い人はガツガツたまりますが、そうではない私のような人でも電車・バスなどの移動手段や買い物でしっかり貯めることができるので安心しましょう。

それぞれのマイルの貯まり方について、もう少し詳しく解説します。

貯め方1. 飛行機への搭乗でマイルを貯める

マイルの最もスタンダードな貯め方が、飛行機による方法です。

ANA TOKYUカードはANAマイレージクラブに対応しているため、ANAグループのフライトはもちろん、スターアライアンス提携航空会社のフライトを利用することでマイルを貯めることができます。

ANAマイレージクラブ公式サイト

さらにANAグループの航空券をANA TOKYUカードで購入すると、通常のマイルとは別にボーナスマイルとして10%加算されます。

なお、ANAのダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのサービスが適用されている場合は割増率の大きいほうが適用されるため、合算されない点について留意しておきましょう。

また、ANA TOKYUカードに入会した時と、毎年のカード更新時に1000マイルのボーナスマイルが貰えるのも見逃せないポイントです。

貯め方2. 東急線の電車・東急バスに乗ってマイル貯める

ANA TOKYUカードが対応しているTOKYU POINTは、東急線や東急バスを利用することでポイントを貯めることができます。

  • 定期券を購入すると購入額の0.5%のポイント
  • 東急線または東急バスを利用すると1日ごとに10ポイント

なお、この利用による10ポイントはTOKYU POINT指定の端末にタッチする必要があります。事前に設置箇所を調べておきましょう。

その他、ANA TOKYUカードに内蔵されているPASMOはオートチャージにも対応しています。もちろん、定期券やオートチャージの支払分もワールドプレゼントポイントの対象になるため、電車やバスをどんどん利用することでワールドプレゼントポイントを経てマイルを貯めることができるのです。

TOKYU POINTとワールドプレゼントポイントは同時に貯めることができるので、乗り方を工夫することでポイントの二重取りも可能になるでしょう。

貯め方3. 日々のショッピングでマイルを貯める

ANA TOKYUカードは日々の買い物で2種類のポイントを貯めることができます。

  • 発行会社である三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」
  • 東急の「TOKYU POINT」

ワールドプレゼントポイントの貯め方

ANA TOKYUカードは三井住友カードが発行するクレジットカードなので、1,000円ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

1ワールドプレゼントポイント=5円相当なので、ポイント還元率でいうと0.5%になります。

このワールドプレゼントポイントは以下のレートでマイル交換が可能です。

  • 1ポイント=5マイル
  • または年会費6,000円で1ポイント=10マイル

クレジットカードによっては1回の支払毎にポイントが付与されることもありますが、その場合では端数分はポイント対象外になってしまいます。しかし、ANA TOKYUカードでは月間の利用額に応じてポイントが付与されるため、1,000円に満たない端数分でも比較的無駄がなくポイントを貯められるのがメリットですね。

加えて、ANA TOKYUカードでマイ・ペイすリボ(リボ払い登録)を設定し、リボ払いの金利が1円でも発生すると、月間の獲得ポイントと同じ量がボーナスポイントとして加算されます。

このリボ払い金利によるボーナスポイントは通常とはことなり1ポイント=3マイルで交換できます

通常レートは1000円=1P=5〜10マイルなので、合計すると単純計算で1,000円=1P=8〜13マイル、つまり0.8〜1.3%の交換レートになります。

実際には年会費や金利などが発生するため支払額に対するマイルの還元率はもう少し低くなりますが、他の一般カードでは0.5%が平均ですので、十分高い交換レートといえます。

ANA TOKYUポイントの貯め方

東急百貨店や東急ハンズ、東急ストアといったTOKYU POINT加盟店の支払いでANA TOKYUカードを利用すると、利用金額に応じてTOKYU POINTが貯まります。

(もちろんワールドプレゼントポイントも同時に貯まるため、対象店舗が近隣にある人にとっては非常にポイントを貯めやすくなっています)

なお、TOKYU POINTのポイント還元率は店舗によって異なります。事前にTOKYU POINTのサイトで確認しておきましょう。最大で10%還元もあるので要チェックです。

TOKYU POINT公式サイト

このTOKYU POINTは、ANA TOKYUカードでは1,000ポイント=750マイルと、交換レート75%でANAマイルにすることができます。

通常の TOKYU CARD では1,000ポイント=500マイルであるため、ANA TOKYUカードはマイルが貯めやすくなっています。

また、ANAカードマイルプラス加盟店での支払いにANA TOKYUカードを利用すると、ワールドプレゼントポイントとは別にマイルが貯まります。加盟店にはスターバックスやマツモトキヨシ、セブンイレブンなど、普段の生活の中で利用することの多い店舗が中心となっています。

こちらもANAマイレージクラブのサイトに対象となる店舗の一覧が載っているので、ぜひチェックしてみましょう。

ANAマイレージクラブ公式サイト

このように、ANA TOKYUカードがあればワールドプレゼントポイントやTOKYU POINTを経由することで、日常のショッピングからANAマイルをどんどん貯めることができるのです。

スポンサーリンク

ANA東急カードで貯めたANAマイルの使い方

ANAマイルの使い方というのは大体以下3通りです。

  1. 特典航空券に交換する
  2. 飛行機の座席グレードアップ
  3. ショッピングに使う

使い方1.特典航空券に交換する

マイルの最もスタンダードな使い方が「特典航空券への交換」です。特典航空券とは、無料で国内線・国際線に乗れるマイル交換専用の航空券のことです。

ANAマイルの場合、ANA便だけでなく、スターアライアンス加盟航空会社の運航便も利用できるため、国際線の乗り継ぎの幅が広がるのも特徴です。

行き先や時期などによって、特典航空券の交換に必要となるマイル数は変わってきます。ANAのサイトにてどの就航がどれほどマイルが必要になるのか調べることができるので、狙っているエリアがあるなら一度チェックしてみましょう。

国内線の例

ANAマイル 特典航空券 国内線

シーズン・必要マイルチャート|ANA公式サイト

ただし注意点として、ひとつのフライトにおける特典航空券の座席数は限られています

人気エリアや人気シーズンの場合、マイルが貯まっていても航空券が完売してしまうケースもあるため、行きたい場所が決まっている場合はなるべく早く特典航空券に交換するようにしましょう。

なお繁忙期など時期によっては、特典航空券が利用できない期間もあるので要注意です。

使い方2. 座席をアップグレードする

飛行機 座席 ビジネスクラス

貯まったマイルを使って、国際線の座席をアップグレードすることができます。つまり、エコノミークラスであればビジネスクラスに、ビジネスクラスであればファーストクラスにアップグレードすることができます。

ビジネスクラスやファーストクラスは、エコノミークラスに比べて座席が広いため、長いフライト時間をゆっくり過ごすことができます。さらに機内食も星付きレストランや老舗料亭のものが選べたり、搭乗前は専用ラウンジが無料で使える、手荷物も優先的に受け取れるなど様々なサービスが充実しています。

エコノミークラスに比べると空港間の移動を遥かに快適に過ごすことができるので、普段なかなか体験することのできない、ワンランク上の空の旅が楽しめる優雅なマイルの使い方といえるでしょう。

ただし、マイルでビジネスクラス・ファーストクラスを利用できるのは国際線のみ国内線は対象外となります。一部対象外となる区間や、そもそも上位クラスが用意されていない便もあるので、利用する前に確認しましょう。

使い方3.ショッピングに使う

ANAのショッピングサイトであるANAショッピングA-styleでは、現金やカードに加えて、マイルでも商品を購入することができます。

https://www.astyle.jp/top/CSfTop.jsp

ここではANAオリジナルグッズに加え、トラベルやファッション、グルメなど幅広いジャンルの商品を取り揃えています。

ただし、ショッピングで利用すると1マイル=1円となります。特典航空券に比べるとマイルの価値が割安になってしまうので注意しましょう。

しかしマイルには使用期限があるため、フライトの予定がなく期限を切らして失効するくらいであれば、1円でも価値のある使い方をしたほうが有意義といえるでしょう。

スポンサーリンク

機能も豊富!ANA TOKYUカードの使い方

カードマン
ANA TOKYUカードはマイルを貯めるだけでなく、他にも日々の交通や旅行時に使える機能が多くあります

PASMOオートチャージが便利

ANA TOKYUカードに付いているPASMOは、オートチャージに対応しています。

オートチャージとは、改札を通るときにチャージ金額が指定した金額を下回ると、自動でクレジットカードからチャージされる機能のことです。

オートチャージ機能があれば、チャージが足りないときにわざわざ券売機に行ってチャージする手間が省けるうえに、チャージ金不足によって改札が通れないという恥ずかしい事態もなくなります。

もちろん前述の通り、オートチャージ分もワールドプレゼントポイント還元の対象となります。ポイントを交換することでマイルを貯めることも可能です。

定期券機能もあり

ANA TOKYUカードに付与されているPASMOには、定期券を載せることも出来ます。ただし対象となるのは、東急電鉄、京急電鉄、東武鉄道、東京メトロ、相模鉄道、京王電鉄の定期券売り場で購入できるものとなります。

前述したように東急電鉄にて定期券を購入するとTOKYU POINTが貯まるため、ANA TOKYUカードで定期券を利用するなら東急電鉄の売り場で購入することをおすすめします。

保険付帯で旅行先でも安心

ANA TOKYUカードには、他のANAカードと同じように海外旅行傷害保険や国内航空傷害保険が最大1,000万円まで付いています。これは、海外旅行先におけるケガや病気、及び国内便における機内や空港内で生じたケガなどを補償してくれるものです。

さらに、年間100万円まで補償されるお買物安心保険は、国内利用ではリボまたは3回以上の分割払いのみが対象となるところ、海外の利用は1回払いからすべて対象となっています。

慣れない土地で万が一のトラブルが起こっても様々な補償が受けられるため、ANA TOKYUカードがあると安心して旅行にいけるといえます。

まとめ

このように、ANA TOKYUカードは特に東急線エリアでANAマイルを貯めたい人にとってお得なクレジットカードになっています。年会費はかかりますがその分マイルとして還元されるので実質無料ともいえますし、普段の生活のなかで利用すればそれ以上のポイントやマイルを貯めることが出来ます。

この記事を参考に、ANA TOKYUカードをうまく活用して賢くマイルを貯めましょう!

公式サイトANA TOKYUカード

カードマン
ANAマイルをもっと効率よく貯めるなら、ANA TOKYUカードとソラチカカードの組み合わせがおすすめです。私はそれで月1万マイルを貯めています。

詳しくは下記記事を参考にしてください

マイルの貯め方
毎月1万ANAマイルを貯める方法!ソラチカカードとANA TOKYUカードの使い分け方

陸マイラーにとって必須ともいえるのが、マイル交換に対応したクレジットカード。 その中でも私は、 ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB) ANA TOKYUカード(ANA T ...

続きを見る

厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-マイルカード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.