マイルカード

年会費の元を取る!ソラチカカードの効率的な使い方・マイルの貯め方

投稿日:

マイルを貯めることに興味がある人ならば、誰もが一度はソラチカカードの名前を目にしたことがあるのではないでしょうか。

ソラチカカードは、ソラ(飛行機)とチカ(地下鉄)の両方の交通機関を利用する人にとってお得なクレジットカード。私がマイル用カードに使っている一枚です。

ソラチカカードはフライト以外の日常シーンでもANAマイルがどんどん貯まるため、私のように飛行機に乗る回数がそこまで多くない陸マイラーにとっては、非常に有名なクレジットカードです。

今回は、そんなソラチカカードについて紹介します!

公式サイトソラチカカード

スポンサーリンク




超人気の陸マイラーカード「ソラチカカード」の基本情報

ソラチカカードの基本情報

年会費 2000円(税別)
(家族カード:1000円)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1000円につき1okidokiポイント(0.5%)
または、
1000円につき5マイル
保険 海外旅行保険:最大1000万円
国内旅行保険:最大1000万円
ショッピング保険:最大100万円(海外)
カード盗難保険
機能・特典 PASMO機能
オートチャージ
定期券機能
申込資格 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方、18歳以上の学生(高校生不可)

公式サイトソラチカカード

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、

  • ANAカード
  • To Me CARD PASMO
  • JCBカード

これら3枚の機能を兼ね備えたクレジットカードです。

つまりソラチカカード1枚あれば、普段のショッピングではJCBのOkiDokiポイントを、飛行機を利用することでANAマイルを、東京メトロを利用することでメトロポイントを貯めることが出来ます。

1枚で3つのポイント(マイル)を貯められるというだけで、ソラチカカードの人気の理由が分かるでしょう。

年会費は初年度無料。2年目以降は2,160円。他のANAカード、To Me CARDとは違ってカードブランドはJCBのみとなります。

なお、カード入会時・更新時にそれぞれ1,000マイルがプレゼントされます。

ソラチカカードでマイルを貯めよう!

ソラチカカードでのマイルの貯め方は大きく3種類あります。

  1. 飛行機の搭乗で貯める
  2. メトロ(地下鉄)で貯める
  3. 日常の買い物で貯める

出張や旅行が多くてフライトが多い人はガツガツたまりますが、そうではない私のような人でも電車・バスなどの移動手段や買い物でしっかり貯めることができるので安心しましょう。

それぞれのマイルの貯まり方について、もう少し詳しく解説します。

貯め方1. 飛行機でマイルを貯める

マイルといえば、飛行機に乗って貯めるものだとイメージする人も多いのではないでしょうか。

ソラチカカードはANAマイレージクラブに対応しているため、ANAグループのフライトやスターアライアンス加盟航空会社のフライトを利用する毎に、就航便に応じたマイルが貯まっていきます。

ANAマイレージクラブ公式サイト

さらにANAグループ便の場合、ソラチカカードを利用することで搭乗ボーナスマイルとして基本マイルの10%が上乗せで加算されます。

ただし、ANAのダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのサービスが適用されている場合、割増率の大きいほうが適用されます。合算はされない点に注意しましょう。

貯め方2. メトロポイントで貯める

東京メトロ メトロポイント

メトロポイントとは、東京メトロを利用する毎に貯まっていくポイントです。

メトロポイントは交換レート90%(100ポイント=90マイル)にてANAマイルに交換することができるため、メトロポイントを貯めることでANAマイルを貯めることにもなるのです。

一般的に、ANAマイルに交換できるポイントは、1ポイント=1円の場合だと交換レート50%のケースがほとんど。そんな中で交換レート90%というソラチカカードはかなり優秀です。

ソラチカカード ポイント

公式サイトソラチカカード

このメトロポイントは、メトロポイントPlusに登録したPASMOを用いて、東京メトロに乗車する毎に平日5ポイント、休日15ポイント貯まっていきます。ただし定期区間内は対象外になります。

  • 平日1乗車:5ポイント
  • 休日1乗車:15ポイント

その他、メトロポイントPlus加盟店でPASMOを電子マネーとして利用した際にも、100〜200円毎に1ポイント貯まります。

なお、登録するPASMOはソラチカカード以外でも対応可能です。

【お得技】LINEポイントからマイル交換する「ソラチカルート」

一つお得技として、陸マイラーの間で「ソラチカルート」と呼ばれているマイル交換方法があります。

実はメトロポイントは東京メトロに乗車するだけでなく、LINEポイントから90%のレートでメトロポイントに交換することもできます。

そしてLINEポイントは、モッピーやポイントタウンなど多くのポイントサイト経由にて交換レート100%(1円相当ポイント=1LINEポイント)で交換することができます。

ポイントサイトって?

ポイントサイトとは、オンラインショッピングや口座開設、クレジットカード発行、アプリダウンロードなどを、ポイントサイトに掲載している広告経由で行うことで内容に応じたポイントを貯められるサイトのことです

つまり、LINEポイント、メトロポイントを経由することで実質1円相当のポイントを81%の交換レートでANAマイルに交換できることになるのです。

  • ポイントサイトでポイントを集める
  • 交換レート100%でLINEポイントへ
  • 交換レート90%でメトロポイントへ
  • メトロポイントから交換レート90%でANAマイルに交換

=1円相当の1Pを、最終的に81%のレートでマイルへ移行できる

これが楽天スーパーポイントやTポイントなど、一般的なポイントからANAマイルに交換する場合では1円相当のポイントに対して50%の交換レートとなります。これと比較すると、ソラチカルートでの交換レート81%がいかに高いかがよくわかるでしょう。

この交換レートの差こそがソラチカカードの最大の魅力といえます。

なお、メトロポイントをANAマイルに交換できるのは1ヶ月に1回まで、1度に交換できるのは最大20,000メトロポイントとなる点について要注意です。

貯め方3. ショッピングで貯める

ソラチカカードをショッピングに利用すると、1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。Oki DokiポイントはJCBのポイントプラグラムですね。

1P=5円相当なので、ポイント還元率でいうと0.5%になります。

このOki Dokiポイントを貯めると、マイルコースによって1ポイントあたり5マイルまたは10マイルに交換することが出来ます。ただし、10マイルコースの場合では年間5,400円かかるため、ポイントをマイルにまとめて交換する際に10マイルコースに変更することをおすすめします。

さらに、ANAカードマイルプラス加盟店にて支払いにソラチカカードを利用すると、Oki Dokiポイントとは別にマイルが貯まります。加盟店にはスターバックスやマツモトキヨシ、セブンイレブンなど、普段の生活の中で利用することの多い店舗が中心となっています。

ANAマイレージクラブのサイトに対象となる店舗の一覧が載っているので、ぜひチェックしてみましょう。

ANAマイレージクラブ公式サイト

スポンサーリンク




ソラチカカードで貯めたANAマイルの使い方

空港

ANAマイルの使い方というのは大体以下3通りです。

  1. 特典航空券に交換する
  2. 飛行機の座席グレードアップ
  3. ショッピングに使う

使い方1. 特典航空券に交換する

最もスタンダードなマイルの使い方ともいえるのが「特典航空券への交換」でしょう。特典航空券とは、無料で国内線・国際線に乗れるマイル交換専用の航空券のことです。

ANAマイルの場合、ANA便だけでなく、スターアライアンス加盟航空会社の運航便も利用できるため、国際線の乗り継ぎの幅が広がるのも特徴です。

行き先や時期などによって、特典航空券の交換に必要となるマイル数は変わってきます。ANAのサイトにてどの就航がどれほどマイルが必要になるのか調べることができるので、狙っているエリアがあるなら一度チェックしてみましょう。

国内線の例

ANAマイル 特典航空券 国内線

シーズン・必要マイルチャート|ANA公式サイト

ただし注意点として、ひとつのフライトにおける特典航空券の座席数は限られています

人気エリアや人気シーズンの場合、マイルが貯まっていても航空券が完売してしまうケースもあるため、行きたい場所が決まっている場合はなるべく早く特典航空券に交換するようにしましょう。

なお繁忙期など時期によっては、特典航空券が利用できない期間もあるので要注意です。

使い方2. 座席をアップグレードする

飛行機 座席 ビジネスクラス

貯まったマイルを使って、国際線の座席をアップグレードすることができます。つまり、エコノミークラスであればビジネスクラスに、ビジネスクラスであればファーストクラスにアップグレードすることができます。

ビジネスクラスやファーストクラスは、エコノミークラスに比べて座席が広いため、長いフライト時間をゆっくり過ごすことができます。さらに機内食も星付きレストランや老舗料亭のものが選べたり、搭乗前は専用ラウンジが無料で使える、手荷物も優先的に受け取れるなど様々なサービスが充実しています。

エコノミークラスに比べると空港間の移動を遥かに快適に過ごすことができるので、普段なかなか体験することのできない、ワンランク上の空の旅が楽しめる優雅なマイルの使い方といえるでしょう。

ただし、マイルでビジネスクラス・ファーストクラスを利用できるのは国際線のみ国内線は対象外となります。一部対象外となる区間や、そもそも上位クラスが用意されていない便もあるので、利用する前に確認しましょう。

使い方3.ショッピングに使う

ANAのショッピングサイトであるANAショッピングA-styleでは、現金やカードに加えて、マイルでも商品を購入することができます。

https://www.astyle.jp/top/CSfTop.jsp

ここではANAオリジナルグッズに加え、トラベルやファッション、グルメなど幅広いジャンルの商品を取り揃えています。

ただし、ショッピングで利用すると1マイル=1円となります。特典航空券に比べるとマイルの価値が割安になってしまうので注意しましょう。

しかしマイルには使用期限があるため、フライトの予定がなく期限を切らして失効するくらいであれば、1円でも価値のある使い方をしたほうが有意義といえるでしょう。

スポンサーリンク




マイル以外の機能も豊富!ソラチカカードの使い方

PASMOオートチャージが便利

ソラチカカードに付与されているPASMOは、オートチャージにも対応しています。

オートチャージとは、改札の入場・出場時でのチャージ金額が指定した金額を下回っていると、クレジットカードから事前に設定した金額を自動でチャージしてくれる機能のこと。わざわざPASMOをチャージする手間が省けるため、普段から電車を利用する人にとっては非常に便利な機能といえます。

もちろんチャージ利用額もOki Dokiポイントの対象となるため、電車やバスを利用するだけでもマイルを貯めることができます。

定期券機能もあり

ソラチカカードのPASMOは、定期券として利用することも出来ます。対象となるのは、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄にて販売されている定期券になります。

もちろん定期券の購入分もOki Dokiポイントが貯まるだけでなく、東京メトロの定期券売り場または多機能券売機で購入した場合にはメトロポイントも追加で貯めることが出来ます。

旅行時に安心できる保険が付いている

ソラチカカードには、旅行先でも安心できるように各種保険が付いています。具体的には海外旅行損害保険及び国内航空傷害保険がそれぞれ最大で1,000万円まで受けられます。

これは、海外旅行先におけるケガや病気、及び国内便における機内や空港内で生じたケガなどを補償してくれるものです。

その他、海外での利用に限りますがショッピングガード保険として1事故1万円の自己負担で年間100万円まで補償してもらえます。

ソラチカカードがあると、旅行先で万が一のトラブルに備えることができるといえるでしょう。

まとめ

このように、ソラチカカード1枚あれば日常生活の中の様々な場面でマイルを貯めることが出来ます。特に、ポイントサイト経由でマイルを貯めようとする人にとっては、必須アイテムともいえるでしょう。

ソラチカカードは年会費がかかりますが、その分マイルとして還元されるため、実質的にはプラスマイナスゼロともいえます。

さらにポイントサイトでは案件によって無料でもどんどんポイントを貯めることができるため、年会費以上のメリットを受けられます。もちろんソラチカカードの発行もポイントの対象になるので、ポイントサイトを経由することをお忘れなく。

この記事を参考にしながら、ぜひソラチカカードを活用してみてください。

公式サイトソラチカカード

カードマン
ANAマイルをもっと効率よく貯めるなら、ソラチカカードとANA TOKYUカードの組み合わせがおすすめです。私はそれで月1万マイルを貯めています。

詳しくは下記記事を参考にしてください

マイルの貯め方
毎月1万ANAマイルを貯める方法!ソラチカカードとANA TOKYUカードの使い分け方

陸マイラーにとって必須ともいえるのが、マイル交換に対応したクレジットカード。 その中でも私は、 ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB) ANA TOKYUカード(ANA T ...

続きを見る







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-マイルカード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.