ポイントの貯め方・使い方

ポイント還元率3.2%が実現!リクルートカードとkyashの組み合わせがおすすめすぎる

更新日:

リクルートカードとkyash

日々の買い物でクレジットカードを使う理由として最たるものは「ポイント還元」ですよね。

還元率が高いカードとして1.2%還元の リクルートカード がとても人気ですが、そこへさらに今話題の2%還元プリペイドカードサービス「kyash(キャッシュ)」を組み合わせると、

ポイント還元率3.2%!!

が実現できるのをご存知でしょうか?

普通のクレジットカードの還元率0.5%なので、3.2%って6倍以上です。ありえないほどお得なのに、なぜかリクルートカード + kyashの合わせ技を使っている人が少ない!そもそも「kyashってなに?」という人も多いですよね。

そうした人向けに、ポイント3.2%還元を実現する「リクルートカード + kyashコンボ最強説」を下記で提唱したいと思います。

スポンサーリンク




「Kyash(キャッシュ)」ってどんなサービス? リクルートカードとの組み合わせで3.2%還元!

公式サイトkyash

まず比較的新しいサービスであるKyash(キャッシュ)について紹介します。

kyashは、専用アプリから発行可能な年会費無料のプリペイドカードサービスです。

最大の特徴は、利用金額の2%キャッシュバックという超太っ腹サービス。まだスタートしたばかりのサービスなので2%還元をこの先も維持できるかはわかりませんが、ひとまず今もまだ2%です。

LINEペイのように今後改悪される可能性も多いにあります……笑)

カードの基本情報

年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 2%
旅行傷害保険 なし
その他特徴 チャージ式プリペイドカード
Android端末ではQUICPay決済としても登録可能

詳細記事2%キャッシュバックが凄い!Kyash(キャッシュ)の使い方・メリット・デメリット

年会費は無料です。VISAなのでカードが使えるお店ならどこでも使えるでしょう。

Kyashには、アプリ内でカード番号を表示・ネット上で使える「バーチャルカード」と、自宅へ送られてくる、全国のVISA加盟店で使える「リアルカード」があります。

こちらは私のリアルカード。

リアルカードも年会費は無料なので、コンビニやスーパーなど日常的な買い物で利用するのにリアルカードがおすすめですよ。

→kyash申し込みはコチラ(公式サイト)

kyash支払いで2%のキャッシュバック還元(ポイント制ではない)

Kyashで支払いを行うと、翌月末頃に利用金額の2%がキャッシュバックされます。

ポイント還元ではないので、還元された額はまたそのままKyash残高として支払いに活用できます。

(3000円のチャージと利用をした結果、翌月25日に2%となる60円がキャッシュバックされました)

履歴が残るので、クレジットカードのようにしっかりと利用状況のチェックができるのも便利です。

1回の限度額は最大5万円まで!高額な買い物は不可

Kyashは高還元が魅力ですが、1回ごとの利用限度額が定められています。

  • リアルカード:1回5万円まで
  • バーチャルカード:1回3万円まで

パソコンや家電のような5万円を超える高額商品はさすがに2%キャッシュバックは無理です。さすがに。

なので私は主に、コンビニやスーパーにおける買い物や、Amazonでのちょっとした買い物などでKyashを使っています。

モバイルSuicaや公共料金など、キャッシュバック対象外の取引もある

Kyashでは、すべての支払いがキャッシュバック対象になるわけではありません。以下の支払いは対象外になります。

キャッシュバック対象外

  • モバイルSuicaなど、交通系電子マネーのチャージ・購入
  • WAONやnanaco、楽天Edyなど、「前払式の支払手段」へのチャージ
  • 公共料金や各種税金、年金、寄付
  • 金券など、現金同等物の購入や、現金同等物を販売しているサイトでの支払い
  • カードの有効性をチェックするために一旦引かれた金額

一方でチャージや支払い系のサービスでも、以下のラインナップはしっかりキャッシュバック対象になっていますよ。

キャッシュバック対象

  • PayPay
  • PayPal
  • Origami Pay
  • 楽天Pay
  • モスカード
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット
  • Amazonギフト券(通常のAmazon決済もOK)

PayPayなどで20%還元を行っているときは、今回紹介するリクルートカードチャージ&Kyashでの支払いにより、合計23.2%などの高還元も夢ではありません。

kyash残高はクレジットチャージ可能。チャージでポイントも貯まる!

Kyashはプリペイドカードなので、チャージした残高を支払いに使えるしくみ。

以下の4種類のチャージ方法があります。

4つのチャージ方法

  • クレジットカードでのチャージ
  • アプリでチャージ申請後、コンビニ端末で支払い券を発行・入金
  • セブン銀行ATMからの現金入金
  • ペイジーを利用してアプリでチャージ申請後、銀行ATMからチャージ

クレジットカード以外はお店やATMに行かないとチャージができないので面倒です。なのでおすすめはクレジットチャージですね。

しかもクレジットチャージでは、クレジットカード側でもチャージ額に応じてポイントを貯められます。

このチャージポイントを利用して、クレカとkyashでポイント2重取りをするのがkyashが人気の理由です。

登録におすすめのクレジットカードはポイント1.2%還元のリクルートカード

Kyashのチャージ用におすすめのクレジットカードは、断然「 リクルートカード 」です。

年会費無料でありながらポイント還元率1.2%!最強の年会費無料カードです。

カードの基本情報

年会費 永年無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 1.2%
旅行傷害保険 海外:最高2000万円
国内:最高1000万円
その他特徴 ショッピング保険年間200万円
リクルートの関連ショップで最大4.2%還元
公式サイト リクルートカード

リクルートカードの1.2%とkyashの2%を二重取りすれば、日頃の買い物で3.2%還元という凄まじいお得さを享受できますよ。

リクルートカードの方で貯めたリクルートポイントは、じゃらんやポンパレモールなどのリクルート系ウェブサイトで支払いに使ったり、Pontaポイントへ交換してローソンなどで使ったりできます。

しかも、リクルートカードにはkyashにはない旅行傷害保険も付いているので、旅行先に携帯するクレジットカードとしても優れていますよ。

kyashを利用するなら、ぜひリクルートカードも持っておきましょう。

≫ kyash申し込みはコチラ(公式サイト)

≫ リクルートカード申し込みはコチラ(公式サイト)

JCBブランドはチャージ不可!

KyashのクレジットチャージはVISAとMastercardのクレジットカードが対象なので、JCBブランドのリクルートカードはチャージできません

kyashチャージ目的でリクルートカードを作るならVISAかMastercardを選びましょう。

海外旅行で活用するなら加盟店が世界中で豊富なVISA、iPhoneのApple PayでSuicaチャージなどにフル活用したいならMastercardを選ぶのがおすすめです。

カードマン
リクルートカードについてもっと詳しくは下記レビュー記事をどうぞ
もっと詳しく!
最強と評判!還元率1.2%を誇るリクルートカードのメリットデメリット

私が密かに「このカード最強じゃない?」と考えているのが、今回紹介するリクルートカードです。 数多のクレジットカード雑誌における総合ランキング特集で、リクルートカードは必ずと言っていいほどトップ3に入っ ...

続きを見る

スポンサーリンク




Kyash(キャッシュ)とリクルートカードの登録方法・使い方など

リクルートカードでKyashの残高をクレジットチャージするには、カードをKyashに登録する必要があります。

カードの登録方法から使い方まで簡単に解説を載せておきます。

まずはkyashアプリをインストールして申し込む

公式サイトkyash

まずはKyashアプリをインストールしましょう。

インストールしたらすぐにバーチャルカードを発行できます。

電話番号などの基本情報を入力するだけで、あっという間に終わります。プリペイドカードなのでカード発行の審査などはありません。

ネットショッピングで使うだけならバーチャルカードがあればOKです。

一方、コンビニやスーパーなどリアル店舗でも使いたい場合は、リアルカードを申し込まなければいけません。

kyashのリアルカード

kyashのリアルカード

リアルカードは住所や氏名といった送付に関わる情報だけ入力すれば申し込めるので、5分もあれば手続きを終えられます。

1~2週間でリアルカードが届くので、届いたらアプリ上でカードに記載されている情報を入力・有効化すれば、リアルカードをチャージや支払いに使えるようになります。

→kyash申し込みはコチラ(公式サイト)

 

リクルートカードの登録方法

続いて、kyashにリクルートカードを登録しましょう。

Kyashアプリを開くと、表示されるメニュー画面の残高下に「チャージする」という項目があります。

画像の赤枠で囲んだ「カード(Visa/Mastercard)」をタップしましょう。

 

Kyashリクルート_登録開始

カードチャージ画面が表示されるので、画像赤枠に囲んだ「クレジットカード/デビットカードを登録」をタップしましょう。

 

Kyashリクルート_カード登録

  • カード番号
  • カード名義人
  • 有効期限
  • セキュリティコード

以上の情報を入力すれば、登録完了です。

リクルートカードでのkyashチャージの流れ

実際にリクルートカードでチャージをしてみます。

チャージする」で、「カード(Visa/Mastercard)」を選択します。

Kyashリクルート_チャージ開始

チャージ金額を選択します。

「その他」からは、1000円~10000円まで1000円単位+2~5万円の1万円単位で金額を選べますよ。

今回は、3000円をチャージしてみます。

金額を設定したら「カード選択」でリクルートカードを選び、「チャージ」ボタンを押しましょう。

Kyashリクルート_チャージ中

確認画面が出るので「チャージ」をタップ。

 

無事、残高にチャージされました。

kyashの支払い方法・使い方

Kyashの使い方は簡単で、クレジットカードと同じように使えます。

実店舗の支払い方法

  1. 残高をチャージする
  2. VISA加盟店で「クレジットカード払い」を希望する
  3. 回数は1回に指定
  4. 支払いを行えば、残高から利用金額が差し引かれる

 

ネット通販の支払い方法

  1. 残高をチャージする
  2. クレジットカード払いを選び、カード情報を登録する
  3. 回数は1回に指定
  4. 支払いを行えば、残高から利用金額が差し引かれる

私も外食やコンビニでの支払いにどんどん活用しています。

常に3.2%割引で買い物や外食ができると考えると素晴らしいですよね。

 

まとめ

リクルートカードでKyashの残高をチャージすれば、リクルートカードで1.2%、Kyashで2%の合計3.2%還元を受けられます。

5万円以上の高額な買い物には使えませんが、日頃の生活品や外食で利用するなら”ありえないほどお得”なので、ぜひこのお得技を使ってみましょう。

実際、kyashの2%キャッシュバックはいつまでも”持つか”分かりません。同じ2%還元だったLINE Payもやがて維持できずに改悪されてしまったので、kyashもいずれ改悪される可能性は大アリです。

なので、ボーナス期間である今のうちに使い倒しておきましょう!

≫ kyash申し込みはコチラ(公式サイト)

≫ リクルートカード申し込みはコチラ(公式サイト)







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-ポイントの貯め方・使い方

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.