マイルの貯め方・使い方 マイルカード

【月5万円で750マイル貯める】ユナイテッド航空の最強陸マイルカード「MileagePlusセゾンカード」のメリットデメリット

投稿日:

私は年に一度ほど、マイルを貯めて国内旅行を楽しんでいます。普段、飛行機にはほとんど乗らないのですが、日々の買い物や固定費の支払いだけでも意外と簡単にマイルを貯める事が出来ているのです。

そひて私が貯めているのは、JALやANAといった国内の航空会社のマイルではありません。私が貯めているマイルは、アメリカのユナイテッド航空という航空会社のマイルです。

私はユナイテッド航空のマイルを毎月750マイルほど貯めています。

参考までに羽田から札幌までのフライトで貯まるのが片道510マイルです。このマイルは100%加算率のマイル数なので、割引率の高い航空券を購入した場合は貯まるマイルはもっと少ないです。

そんな中で、飛行機に乗らずに陸だけで毎月750マイル貯まるのはなかなか魅力的ではないでしょうか?

この記事では、そんな私のユナイテッド航空マイルの貯め方を紹介します。

スポンサーリンク

MileagePlusセゾンカードをメインカードにするだけでユナイテッド航空のマイルがザクザク貯まる

私はユナイテッド航空のマイルを効率よく貯めるために、MileagePlus(ユナイテッド航空のマイルサービス)と提携しているセゾンのクレジットカード「MileagePlusセゾンカード」を使っています。

Mileag1ePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空のマイルが1000円につき5マイル貯まるのが最大の魅力。さらに年会費5000円追加オプションで、1000円利用につき15マイル(3倍!)も貯まるようになります。

私はこのオプションをつけているので、カードで1000円使うごとに15マイルが貯まります。

コンビニやスーパーでの買い物、ネットショッピング、公共料金の支払い、交通費など全ての支払いをMileagePlusセゾンカードにまとめているため、私が月にクレジットカードで決済する金額は5万円を下回ることはありません。

1,000円につき15マイルが加算されますので、月5万円のカード利用をするだけでユナイテッド航空のマイルが月750マイル貯まるというわけです。

カード情報

年会費 1500円(税抜き)
国際ブランド VISA、MasterCard、アメックス
ポイント還元率 1000円につき5マイル
マイルアップオプション 年会費5000円追加で1000円につき15マイルに
旅行傷害保険 海外旅行保険:最大3000万円
その他特徴 海外用モバイルWi-Fiレンタルで会員優待あり
公式サイト MileagePlusセゾンカード公式ページ

MileagePlusセゾンカードで貯めたユナイテッド航空マイルの使い道

MileagePlusセゾンカードで貯めたマイルの使い道は、やはり特典航空券に交換して旅行に行くに限りますね。

もう少し具体的には、

  • ユナイテッド航空の航空券に交換
  • スターアライアンス加盟航空会社の航空券に交換
  • ANAの航空券に交換

といった使い道があります。

1:ユナイテッド航空の飛行機に乗る

ユナイテッド航空のマイルのスタンダードな使い道は、ユナイテッド航空の特典航空券を発券する事です。

ユナイテッド航空はアメリカの航空会社ですが、ユナイテッド航空の飛行機は、日本の各地からグアムやハワイなど人気の地域にも就航しているので、日本人にも意外と簡単にマイルが使える航空会社と言えます。

例えばユナイテッド航空では、2019年5月現在、グアムまでの特典航空券には25,000マイルが必要です。ユナイテッド航空のマイルを使用する場合、燃油サーチャージは必要がないです。貯めたマイルと空港使用料や諸税のみで航空券が発券できるのは大きなメリットですね。

MileagePlusセゾンカードの利用でグアムの特典航空券25,000マイルを貯めるとすると、クレジットカードでの支払いが約167万円必要になります。月5万円ほどMileagePlusセゾンカードを利用している私の場合、グアムまでの25,000マイルを貯めるには約3年必要になる計算ですね。

2:スターアライアンス加盟航空会社の飛行機に乗る

ユナイテッド航空は、3大エアアライアンスの一つ、スターアライアンスに加盟しています。MileagePlusセゾンカードで貯めたユナイテッド航空のマイルをスターアライアンスに加盟している他の航空会社でも利用する事が出来ます。

たとえば、ANAもスターアライアンスに加盟している航空会社ですし、韓国のアシアナ航空もスターアライアンスに加盟しています。

スターアライアンスは、3大エアアライアンスの中でも最も規模が大きく、日本へ就航している航空会社も多数ありますので、ユナイテッド航空がスターアライアンスに加盟しているおかげで、MileagePlusセゾンカードで貯めたマイルを使う選択肢がたくさんあるのです。

3:ANAの国内線に乗る

私がマイルの使い道として最も活用しているのが、ANAの国内線です。

ユナイテッド航空のマイルは、国内800マイル以内の区間であれば、片道5,000マイルでANA便の特典航空券として発券することが出来ます(800マイルを超える区間は、東京発の場合、沖縄のみ)。

東京から北海道や福岡まで、空席があればお盆やお正月などのハイシーズンであっても、片道5,000マイルでANAの飛行機に乗ることが出来てしまいます。東京から沖縄の区間でも、ユナイテッド航空のマイルであれば、いつでも片道8,000マイルでANA便に乗ることが出来ます。

しかも、出発21日前までに特典航空券を発券すれば、手数料は無料です。

月5万円ほどMileagePlusセゾンカードで支払いをしている私の場合、800マイルまでの区間であれば、1年と2か月ほどで国内旅行が出来てしまうのです。

スポンサーリンク

MileagePlusセゾンカードのメリット

ユナイテッド航空のマイルは、MileagePlusセゾンカードを利用することで簡単に貯まります。しかもユナイテッド航空はアメリカの航空会社なのに、マイルはANAの特典航空券に交換するなどして日本でも簡単に使えます。

ただし、MileagePlusセゾンカードは年会費がかかります。一番年会費の安い一般カードでも、年会費が1,500円かかります。しかも年会費1,500円だけでは、マイル還元率は0.5%しかありません。

マイル還元率を1.5%にするためには、年会費1,500円の他に追加年会費5,000円がかかる「マイルアップメンバーズ」に加入する必要があります。

つまり合計して年会費6,500円。決して安くはありません。

それでもマイル還元率1.5%のMileagePlusセゾンカードを持つメリットはあるのか?

私は”ある”と思っているから持っているわけですが、具体的なメリットを紹介します。

メリット1:マイルの有効期限を実質無期限に出来る

ユナイテッド航空のマイルには、有効期限期限が実質ありません。

ユナイテッド航空のマイルにはもともと18か月という有効期限があるのですが、マイルの増減があれば期限がさらに18か月延長されるという仕組みがあります。つまり、MileagePlusセゾンカードを利用して日々マイルを貯めている限り、有効期限がずっと延長され続けます

なのでMileagePlusセゾンカードを使っていれば、ユナイテッド航空のマイルは期限がなく、半永久的にマイルが貯められるということです。

これがANAマイルだと有効期限が3年なので、3年以内に思ったよりマイルが貯まらなかったり、良いタイミングで旅行に行けなかったりすると特典航空券をうまく活用できないケースもあります。

その点で、有効期限が実質なしで貯めるだけ貯められるユナイテッド航空マイルはメリットが大きいです。

メリット2:最高3000万円の海外旅行保険が付帯

一般カードにも最高3000万円の海外旅行保険が付帯します。一般クラスのカードだと付帯しないカードも多いので、海外旅行保険が付くだけでもメリットです。

補償額自体はそこまで高くないですが、旅行保険の補償額は保有している複数クレジットカードで合算できるので、持っているだけでも意味があります。

とくに海外は医療費がとても高額になるケースが多いので、海外旅行では心強いカードになります。

メリット3:セゾンカード会員の優待が使える

MileagePlusセゾンカードの場合、セゾンカード会員の優待を受ける事が出来ます。

例えば西友やLIVIN、サニーでは、月に2回セゾンカード利用で5%OFFになるセゾンカード優待デーがあります。

西友で提携しているウォルマートセゾンカードだけではなく、セゾンカードならどのクレジットカードでも優待を受けることが出来るため、近くに西友がある私にとってはお得なカードになります。

 

MileagePlusセゾンカードのデメリット

MileagePlusセゾンカードやMileagePlusのおすすめポイントばかりご紹介してきましたが、デメリットもいくつかあります。

デメリット1:年会費が高い

MileagePlusセゾンカードの最大のデメリットは年会費が高いという点です。

マイル還元率0.5%で良ければ年1500円(税抜き)ですが、1.5%還元にするには追加5000円で年6500円の年会費がかかってきます。

現在は年会費無料のクレジットカードもたくさんあるので、マイルのためでなければもっとコスパが良いカードがあるでしょう。

年会費無料!
年会費無料のおすすめクレジットカードランキングBEST5!

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

続きを見る

デメリット2:ユナイテッド航空のサービスは日本の航空会社に劣る

MileagePlusセゾンカードで貯まるマイルはアメリカのユナイテッド航空ですが、ユナイテッド航空を利用すると、日本発の便であっても日本語で対応をしてくれない場合もあります。

正直、日本の航空会社のサービスが素晴らしすぎるのに慣れてしまっているためか、ユナイテッド航空のサービスに(良くない意味で)びっくりする事もあります。

そうした理由もあって、MileagePlusセゾンカードで貯まるマイルはANA便で使うことをおすすめします。

また、マイルを使う場合はユナイテッド航空のHPで特典航空券を発券しなければいけません。ユナイテッド航空のHPは現在、ほぼ日本語表記ですが、一部英語表記のページもあります。

https://www.united.com/web/ja-JP/content/mileageplus/default.aspx

ユナイテッド航空|マイレージプラスプログラム

特典航空券を発券した後に送られてくるE-チケットも英語です。マイルをANAの国内線で利用しようと思っても英語を避ける事は出来ません。

といっても、英語で表記されていても基本的には難しい内容ではないです。特典航空券の発券自体は簡単ですし、困った時には日本語のサポートセンターもあります。

デメリット3:マイル還元で1000円未満が切り捨てになる

MileagePlusセゾンカードは(追加年会費5000円で)マイル還元率1.5%になりますが、100円で最大1.5マイルではなく、1,000円で最大15マイルが貯まります。

毎月の合計支払額に対してではありますが、つまり1,000円未満については切り捨てとなります。

例えば、利用金額52,000円だった場合は780マイルが貯まりますが、これが51,999円だった場合765マイルになります。極端な例ではありますが、1円で15マイルの差は大きいと言えます。

デメリット4:マイル1.5%還元には年間3万マイルの上限あり

追加年会費5000円でマイル1.5%還元になる「マイルアップメンバーズ」ですが、一般カードの場合、1.5%還元は年間30,000マイルが上限となります。30,000マイルを超えた分からは還元率0.5%まで落ちてしまいます。

なので実質的に1.5%の還元率として利用できる金額は、年間200万円までという事になります。

上位カードの「MileagePlusセゾンゴールドカード(年会費15,000円)」や「MileagePlusセゾンプラチナカード(年会費36,000円)」なら標準でマイル1.5%還元ですが、年会費が跳ね上がるので私のように支出額がそこまで多くないとマイル還元で元を取るのは難しくなります。

 

まとめ|マイルは意外と簡単に貯められる

マイルは飛行機に乗って貯めるもの……と思っている人も多いですが、クレジットカードをうまく使えば日々の買い物でも十分にマイルを貯めていけます。

私が貯めているユナイテッド航空のマイルは、意外と簡単に貯めることが出来ますし、使い道も多くあります。MileagePlusセゾンカードは、クレジットカードをよく利用する旅行が好きな方には、おすすめのクレジットカードです。

厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-マイルの貯め方・使い方, マイルカード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.