マイルの貯め方・使い方 マイルカード 海外・旅行向けカード

JAL普通カードで4万マイル貯めてグアム旅行へ!私の効率的なマイルの貯め方・使い方

投稿日:

何気なく観ていたテレビの節約特集で、クレジットカードの「陸マイラー」の存在を知りました。

なんでも、"普段の買い物でクレジットカードを利用するだけでマイルを貯めて海外旅行に行ける"という話だそう。「夫婦ともに普段から飛行機に乗らない我が家にピッタリ!」と、さっそく徹底的にリサーチして、夫婦揃ってある目標を掲げました。

 

『目指すはグアム往復2人分(40000マイル)』

 

我が家は平々凡々なサラリーマン家庭なので3年後に40000マイルを目標に、自身も陸マイルへ挑戦を始めました。

陸マイラー生活には我が家なりの条件があり、ポイントサイトでクレジットカードポイントを稼ぐような、いわゆる"ポイ活"は基本的にやりません。面倒なことはせずに、普段の生活で発生する諸々の支払いで「ショッピングマイル」を効率的に貯めて『夢の海外旅行』が手に入るという"棚からぼた餅"なニュアンスでやりたいと考えました。

スポンサーリンク

マイルを貯めるのはJAL普通カード

今回のグアム旅行のために実際に使用したクレジットカードは、日本からグアムの直行便がある航空会社に絞り、その中でもJALが発行している「JAL普通カード」を利用しました。

JAL普通カードの特徴

JAL普通カードは、数あるJALカードの中でも最も基本的な機能とサービスを受けることができるスタンダードなカードです。カードの種類が良く分からないという陸マイラー初心者にピッタリなクレジットカードですね。

カードの基本情報

JAL普通カード おすすめポイント

→JALカード公式サイト

  • 年会費:2,160円/初年度無料
    ※アメックスブランドのみ6480円
  • ショッピングマイル還元:200円利用=1マイル
    ショッピングマイルプレミアム加入で100円=1マイル
  • ボーナスマイル
    →カード入会:1000マイル
    →毎年のカード利用継続:1000マイル
    →搭乗ボーナス:フライトマイル+10%
  • 海外旅行保険:最高1000万円(アメックスのみ3000万円)
    国内旅行保険:最高1000万円

JAL普通カードは、飛行機に乗って貯める「フライトマイル」はもちろん、お買い物で貯められる「ショッピングマイル」の利用にも便利です。海外・国内旅行の傷害保険まで付いているので、陸マイルで旅行を目指すのに欠かせない”必須カード”とも言えそうですね。

JAL普通カードの最大の特徴は、他の航空会社とは違い、ポイントではなく直接マイルが貯まること。ショッピングの場合は還元率0.5%なので200円ごとに1マイル貯まります。

カードのポイントを貯めてマイルに移行できるカードは多くありますが、わざわざマイルへ移行する手間がかかるし、ほとんどのカードはマイル交換レートが50%程度になってしまうデメリットもあります。

であれば、直接マイルがたまってくれるJAL普通カードの方がシンプルで良いですよね。

また、イオンやファミリーマートなどJAL特約店だと2倍のマイルを貰うことができます。

JALカード 特約店

参照マイルが2倍貯まるJALカード特約店|JALマイレージバンク

飛行機に乗る人は嬉しい『ボーナスマイル』にあり!

StockSnap / Pixabay

旅行や出張で飛行機に乗る機会が多い人にとって嬉しいのがボーナスマイルの存在です。

JALカードは、通常のフライトでもらえるフライトマイルの他に、JALカード会員に限りプレゼントされるボーナルマイルが3種類あります。

1. 入会搭乗ボーナス

まずJALカードを作った時点で、入会搭乗ボーナスマイルが貰えます。JAL普通カードでは1,000マイルを貰うことができます。

さらにグレードが上の「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」になると最大5000マイルのボーナスが貰えます。

2. 毎年初回搭乗ボーナス

さらに、毎年1回目の有料フライトの際には初回搭乗ボーナスを貰うことができます。

こちらも、JAL普通カードは1,000マイルがプレゼントされます。年会費の高いCLUB-Aカード以上だと最大2,000マイルとなります。

もちろん、通常のフライトマイルとは別にボーナスとして貰えるマイルです。

ちなみに、交換先にもよりますが、1マイル=1〜1.2円ほどの交換率になりますので、入会搭乗ボーナスと初回搭乗ボーナスだけで2,000円強のマイルを得ることができるわけですね。

通常のフライトマイルだと、東京⇒沖縄で貯まるマイルが980マイルほどなので、ボーナスとしてのありがたみが分かると思います。

通常フライトマイルに上乗せボーナス

さらにさらに、通常のフライトマイルに上乗せされるボーナスマイルもあります。

JAL普通カードだと、通常フライトマイル+10%です。CLUB-Aカード以上だと最大25%プラスとなります。

この上乗せボーナスは、初回に限らず搭乗のたびに貰うことができます。

先の東京ー沖縄を例に出すと、片道でおよそ980マイル貯まるので、往復で約2000マイル。JAL普通カードだと10%上乗せされるので2200マイルを貯めることが可能です。

ボーナスマイルについてさらに詳しくは下記公式サイトで確認できます。

→ JALカード公式サイトを見る

スポンサーリンク

日常生活の買い物でJALマイルを貯めるための工夫

JAL普通カードが手元に到着したら、あとはひたすらお買い物と支払いをするのみ!

ここでは、実際に効果的だったマイルを貯めるための工夫をご紹介します。

ショッピングマイル・プレミアムに加入してポイント2倍速

JALショッピングマイルプレミアム

公式ページJALカード ショッピングマイル・プレミアム

まず最初に行いたいのがJAL普通カードのグレードアップ。JALマイレージバンクのサービス「ショッピングマイル・プレミアム」に加入することでマイル還元率を2倍(200円=1マイルを100円=1マイル)にすることができます。

ショッピングマイルプレミアムは年会費3,000円(税別)が別費用でかかってしまいますが、毎月250円のお得なサービスを利用していると思えばかなり安く、勝手に貯まっていくマイルの額を考えるとかなりお得です。

年会費同様に元が取れる方法もあり、月額250円のお得な有料アプリを使っているとおもえば金額的にも大体同じ値段なのであまり抵抗も無くなりますよね!

公共料金や保険料など、固定費をJALカードに一本化

まずは毎月の水道代や光熱費などの公共料金、保険料や通信費などの固定費をクレジットカード払いに切り替えます。それだけでも、仮に月々の固定料金が25,000円だった場合は1か月で125マイル、年間で1500マイルが勝手に貯まっていくんです。

固定費は必ずかかる料金なので、手続きは面倒ですが最初のうちにやっておくと(支払方法を変えない限りは)永久にマイルが貯まっていきます。やらない手はありません。

カード払いでATM使用料の削減

ここからは、ショッピングプレミアムマイル代金の怒涛の巻き返しです。

現金からカード払いに変えることで、年間100回以上使用していたATMを10回未満に減らしました。これでATMの手数料がかなり削減します。大体1回の手数料は大体100~300円前後ですが、我が家の場合で計算したところATMを極力使わないだけで年間15,000円の節約ができていました。

たった15000円と思うかもしれませんが、この金額が浮くだけでJAL普通カードの年会費 + ショッピングマイルプレミアムの年会費の元が取れるんです。

買い物はJALマイレージバンクの特約店でポイント2倍

JALカードの加盟店でもあるイオン系列店、コンビニであればファミリーマートなどの特約店では、買い物でのマイル還元が2倍になります。

日頃の買い物でなるべく特約店を利用するよう心がけるだけでも、マイルが貯まるスピードは2倍になりますよ。

JALカード 特約店

特約店の例

  • ファミリーマート
  • イオン
  • エネオス
  • ノジマ
  • マツモトキヨシ
  • 紀伊国屋
  • ロイヤルホスト
  • トヨタレンタカー
  • などなど……

参照マイルが2倍貯まるJALカード特約店|JALマイレージバンク

我が家で1番貢献してくれたお店はイオンスーパーとガソリンスタンドのENEOS、マツモトキヨシやウエルシアなどのドラッグストア。

また生活に欠かせないお店はもちろん、スターバックスやモスバーガーなど休日に利用するお店も特約店になっていたので、普段よく行くお店を選ぶだけでもかなりお得にマイルを貯めることができます。

ネットショッピングは"アマゾン"に固定!Amazonギフト券でWポイントGET

 

ネットショッピングといえば楽天市場・Yahoo!ショッピング・アマゾンが3大ネット通販サイトですが、AmazonではAmazonギフト券での支払いができるのがポイント。

これを利用することでJALマイルがお得にたまるので、ネットショッピングはAmazon一択にします。

例えば、Amazonで20,000円分の買い物をする場合、

  1. JALマイレージモールを経由してAmazonにアクセス
  2. 2.20,000円分のAmazonギフト券をクレジットカード払いで購入
  3. 再びJALマイレージモールを経由して商品をギフト券で購入

この3ステップで貯まるマイルは、

  • ギフト券(2万円)購入時のJALカード決済→200マイル
  • ギフト券(2万円)購入時のモール経由→100マイル
  • 商品(2万円)購入時のモール経由→100マイル

=合計400マイル!

合計で最大400マイルを貯めることができます。

楽天やYahoo!でしか買えない場合はポイントサイトのモッピー経由で

ポイントサイト「モッピー」

どうしても楽天市場やYahoo!ショッピングでしか購入できない商品の場合は、ポイントサイトのモッピー(moppy)を経由して購入するのがオススメ。

モッピーではJALマイルの交換キャンペーンを実施しており、モッピー内のポイントからのJALマイルの還元率は80%です。

モッピーのサイトを利用する場合も、JALマイレージモールを経由することでマイルのW取りができるので、JALマイレージモール→モッピー→楽天と経由してお買い物をしましょう。

 

最初と最後にポイ活を利用

以上のマイルを貯めるコツをすべて実践すると、我が家では年間12000マイルは貯蓄できます。

ただ、年間12000マイルだとJALマイルの有効期限である3年間で36,000マイルが限界となるため、40000マイルに少しだけ到達できません。

そこで、ポイント→マイルに交換可能なポイントサイト経由「ポイ活」で登録することが不可欠。計算上足りない4000マイル分だけ、最初にJALカードをモッピーから発行することで補います。

さらに「有効期限にマイルが追いつかなかないな?」といった場合も、クレジットカードなど一撃8000マイル近く交換できる案件もあるので、普段はポイントサイトを利用せずに最後の砦としてポイ活をする予定です。

モッピーなどのポイントサイトでのポイ活はマイルがすぐに貯まる反面、初っ端からポイ活に頼ってしまうと、マイル期限が迫ってきた時にマイルが足りなくなってしまうという事態になりかねません。

最初から楽をしすぎて足りなくなってしまうよりも、一攫千金は最初と最後に留めておくことで陸マイル生活のモチベーション維持にもつながります。

スポンサーリンク

貯めたJALマイルの使い道は色々ある

特典航空券に交換して飛行機に乗ろう!

まず最も人気の使い道が、JALグループの特典航空券に交換です。私はこの特典航空券でグアムに行くことを目標としてマイルを貯めてきました。

マイル数に合わせて航空券に交換できます。

  • 国内線の場合:片道6,000マイルから
  • 国際線の場合:片道7,500マイルから

参照JALマイレージバンク|国内線特典航空券|必要マイル数計算

また、JALはワンワールド アライアンスに加盟しているので提携航空会社の航空券にも交換できます。

ただし特典航空券では、小児であっても大人と同じマイル数が必要なのでお忘れなく。

また、ホームページからの申し込むと通常より少ないマイル数で国内線特典航空券がGETできる「ディスカウントマイル」もぜひ覚えておきたいですね。

参照JALマイレージクラブ|ディスカウントマイル

eJALポイントに交換しよう!

eJALポイント

公式ページhttps://www.jal.co.jp/jalmile/use/ejalpoint/

5,000マイル以上貯まったら、eJALポイントに交換して使うことができます。

eJALポイントは、JALグループの航空券の購入やJALパックのツアーの購入に使用することができるポイント。1ポイントは1円相当になります。

特典航空券への交換が一番人気ですが、特典航空券は座席数が少なめなので利用したい日に予約できないことも結構あります。そんなときにeJALポイントに交換しておくと、航空券代の補助に使えるので目当ての航空券を通常よりも安く購入することができます。

それに、パックツアーの購入にも使用できるので、特典航空券を使って飛行機を予約しホテル宿泊料を別に支払うよりもお得になる場合も。

マイルを貯めていない人と一緒に旅行する時にはeJALポイントに交換して使う方がおすすめです。

飛行機の座席をアップグレード!

貯まったマイルで、予約した飛行機の座席をひとつ上のクラスにアップグレードすることができます。

フライト時間が長い時は、ずっと座っていると体が痛くなってくることも多く辛くなることも。そんな時、グレードをアップして広い席でゆったりと空の旅を楽しめるなんて憧れますよね。

エコノミー→ビジネスクラス、ビジネスクラス→ファーストクラスへのアップグレードにマイルを使うことができるのはJAL国際線のみなので、海外旅行の時にはぜひ使ってみたいマイルの使い道です。

参考JAL国際線アップグレード特典 必要マイル早見表

JALクーポンに交換しよう!

JALクーポンは、10,000マイルで12,000円相当使うことができます。JALグループの航空券やツアー、ホテルや免税店、機内販売など、旅の中のさまざまな場面で使うことができます。

ディズニーリゾートに行ったり、海外ツアーにも使えますし、国内の温泉旅館の宿泊など使い道がたくさんあります。

他のポイントに交換しよう

とくに旅行に行く予定がなく貯まったマイルの使い道がないという場合には、他のポイントに交換するという方法もあります。

特典航空券に交換するよりレート(交換率)は良くないのであまりおすすめではないのですが、使う予定がなくて有効期限がもうすぐ切れてしまうという場合には最適の方法でしょう。

Amazonギフト券やWAON、dポイント、Pontaポイント、イオンシネマ映画チケット、エムアイポイントなどなど、10,000マイル以上貯まっていれば交換することができます。ひとまずAmazonギフト券に交換しておけば使い道に困ることはないでしょう。

 

まとめ:頑張らなくてもグアム行きは夢じゃない!

この方法で3年間陸マイル生活を過ごし、特別なことをしたつもりもなく予定通りマイルが貯まってくれたので、気付いた時にはグアム行きの飛行機に搭乗できていました。

ポイ活のような地道な作業もなく特別マイル集めに執着したわけでもありませんが、ごくごく普通の生活を送るだけで簡単にマイルが貯まるということにも驚きです。

気を付けおきたい注意点としては、以下の2点だけ。

  • 固定費の支払変更はできるだけ早めに行う
  • ショッピングプレミアムマイル特典に加入する

これらを行っておくことで、陸マイルの貯まり方は雲泥の差になります。

難しいことは考えずに貯めることができる方法なので、ズボラな人やクレジットカードにあまり詳しくないという陸マイラー初心者はぜひ、我が家の「気付いたら飛行機」作戦で楽しみながら陸マイルを貯めてみて下さい!

JAL普通カードとCLUB-Aの違いを比較/空港ラウンジ特典の有無がカギ

旅行好きの人や出張の多いビジネスマンに人気のマイル系カード。JALグループ航空をよく使う人なら当然、JALカードが一押しなのは間違いありません。 ただJALカードって、カードの種類が他に比べてややこし ...

【マイル比較】ANAとJALはどっちがお得?貯め方・使い方で比べてみる

クレジットカードはポイント目当ての人が主流ですが、なかには「マイル目当て」の人も多くいます。 マイルはフライトで貯めるのがスタンダードですが、クレジットカードや電子マネーを駆使して日常生活でマイルを貯 ...

厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-マイルの貯め方・使い方, マイルカード, 海外・旅行向けカード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.