クレカコラム デビットカード・プリペイド

クレジットカードとデビットカードの違いと使い分け方を比較して解説

更新日:

現金を持たずに買い物ができるカードとして代表的なのが、「クレジットカード」と「デビットカード」。どちらもキャッシュレスの買い物ができるので便利です。

クレジットカードはお馴染みだと思いますが、「デビットカードって何?」という人は多いと思います。日本ではまだまだデビットカード普及していませんが、カード大国のアメリカではデビットカードの方が主流だったりします。

ざっくり言うと、
デビッドカードとは、使った瞬間に金額が銀行口座から即引き落としされる仕組みのカードです。

クレジットカードのように数ヶ月後の引き落としではないので、「借金」にはなりません。口座残高以上の決済はできないようになっているので、身の丈を超える買い物をしてしまう心配もありません。

察しの通り、ほぼ現金と同じように使えるカード

それがデビットカードの特徴です。

クレジットカードとデビットカード。似て非なるカードです。どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがあります。

そこでこの記事では、この2つのカードの違いや使い方を徹底的に比較してみます。それぞれの特徴を理解して使い分けができるようになると、もっと効率的にカードを使えるようになれます。

スポンサーリンク

クレジットカードとデビットカードの違いを比較|どちらがお得なの?

デビットカードというと、以前はクレジットカードに比べて利用できる店が少ないという致命的な欠点がありましたが、現在はVISAデビットカードが多く発行されており、そのデメリットはなくなりました。

VISA加盟店ならどこでもVISAデビットカードを使えるので、クレジットカードが使えるお店ならほぼデビットカードも使えるイメージでOKでしょう。

という前置きをした上で、デビットカードとクレジットカードの違いを見ていきます。

使った金額の引き落とし時期が違う

まずデビットカードとクレジットカードの大きな違いは、使った金額が引き落とされるタイミングです。

クレジットカードは大体翌月か翌々月に銀行口座から引き落とされますよね。いわば「前借りの借金」とも言える仕組みになっています。

これに対してデビットカードは、使った瞬間に利用金額が銀行口座から引き落とされます。そのため、クレジットカードと違って借金の性質がなく、銀行口座の残高以上の金額は利用できません。

つまり、現金と同じ感覚で使えるカードがデビットカードです。ATMで現金を下ろす必要もありません。

ただし、クレジットカードと違ってデビットカードは分割払いができません。1回払いしかできない点でも、やはり現金払いと同じ性質です。

ポイント還元率が違う

デビットカードは、基本的にクレジットカードに比べてポイント還元率が低いです。即時引き落としで借金の性質がないというメリットの反面、ポイント還元など「お得さ」の面で負けるわけですね。

通常、クレジットカードなら最低でも0.5%還元、ゴールドカード以上なら1%還元は普通ですし、年会費無料カードでも1%還元の 楽天カード や、1.2%還元の リクルートカード があります。

これに対し、デビットカードは大体0.5%還元ぐらいがスタンダードになります。

人気デビットカードの還元率

楽天銀行デビットカード(JCB) 1%還元
三菱UFJデビット 0.2%キャッシュバック
SMBCデビット 0.5%還元/0.25%キャッシュバック

楽天銀行デビットカードはさすが楽天と言うべきか、デビットカードでも1%還元という高スペックですが、国際ブランドがJCBなので、VISAに比べると利用可能店舗数は(世界で見ると)格段に減ります。

三菱UFJデビット SMBCデビットのような大手銀行のVISAデビットカードは、大体0.2〜0.5%還元くらいなので、やはりクレジットカードと比べると大きく劣りますね。

日々の買い物でお得にポイントを貯めたい!」という人にとってはデビットカードは選択肢に入らないでしょう。 楽天カード リクルートカード のように、年会費無料でもポイント1%還元以上の高還元クレジットカードの方が100%おすすめです。

参考記事:ポイント高還元のおすすめクレジットカードランキングBEST5!

 

保険・特典・機能の有無が違う

クレジットカードといえば支払い機能以外にも、電子マネーが付いたり定期券機能が付いたり、また旅行保険や買い物保険などの保険、そして空港ラウンジ利用や割引優待などの数多くの特典が付いてきますよね。

こうした特典や保険や機能面においても、デビットカードはほとんどありません。

人気デビットカードの付帯特典など

楽天銀行デビットカード(JCB) 盗難保険:年間100万円
三菱UFJデビット カード不正利用保証:年間100万円
ショッピング保険:年間100万円
SMBCデビット 保険なし
電子マネーiDは使える

ご覧のように、せいぜい「もしものとき」の保険がおまけ程度に付くくらいです。旅行保険や優待サービスのような特典は基本的につきません。

ポイント還元もそうですが、支払い以外での「お得さ」でいえば間違いなくクレジットカードの方が豪華です。

デビットカードにはゴールドカードやプラチナカードなど上級クラスがない

クレジットカードには、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カードを目指す楽しみがあります。ゴールドやプラチナになればステータス性も得られますし、それ相応の豪華な特典サービスが使えるようになります。

しかし、デビットカードはこうした上級カードがありません。

あくまでも「現金同様に支払えるカード」という以上の性質は持ち合わせていないカードとも言えますね。

デビットカードは高校生(15歳以上)から審査なしで作れる

クレジットカードは年会費無料カードでも満18歳以上(高校生のぞく)からしか作れませんが、デビットカードは15歳以上の高校生から作れます

人気デビットカードの申し込み可能年齢

楽天銀行デビットカード(JCB) 16歳以上・楽天銀行の口座を持っている人(中学生を除く)
三菱UFJデビット 15歳以上・三菱UFJ銀行の口座を持っている人(中学生を除く)
SMBCデビット 15歳以上・三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方(中学生を除く)

(ただし、デビットカードを作るには銀行口座を持っていることが条件です)

高校生でも作れるというのも、借金の性質がないデビットカードならではのメリットですね。高校生の子供に持たせるカードが欲しいという人にも、デビットカードが便利になります。

そしてデビットカードには、クレカのような審査もありません。年齢と銀行口座の条件を満たしていれば誰でも持てるので安心です。

デビットカードとクレジットカード、結局どっちがお得なの?

この答えですが、はっきり言うとクレジットカードの方がはるかにお得です。やはりポイント還元率が高かったり、保険や特典サービスもクレジットカードの方が多く付帯するからですね。

ただ、クレジットカードは「借金の性質」を持ち合わせるため、毛嫌いする人が多いのも事実。クレカはついつい使い過ぎないか心配……という人も多いでしょう。

そういう人にとっては、デビットカードがベストです。

デビットカードは口座即引き落としで、口座残高以上の金額は使えません。その分ポイント還元や特典力は落ちますが、安心が欲しい人にはデビットカードの方が使いやすいでしょう。

また、私もそうですが、デビットカードとクレジットカードは両方持ってシーンによって使い分けるという人も多いです。

次はそんなクレジットカードとデビットカードの使い分け方について紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカードとデビットカードを上手な使い分け方

クレジットカードとデビットカード、お互いのメリットを活かすことができる使い分け方を解説します。

生活品など小額の買い物はデビットカード、大きい買い物はクレジットカード

私の場合、コンビニやスーパーなどで小額の買い物をするときはデビットカードを、大きな買い物や支払いをするときはクレジットカードを使うようにしています。

というのも、クレジットカードはある程度利用枠が大きいうえに後払いなので、金銭管理能力に相当自信がない限りは、誰でもつい使いすぎてしまうリスクがあります。

その点、デビットカードはほとんど現金と同じなので使いすぎの心配がありません。そのため、常にクレジットカードを使うと「いくら使っているか不安……」というタイプの人は、日頃の小額決済はデビットカードがおすすめです。

  • 日常生活の買い物はデビットカードで。
  • 大きい買い物はクレジットカードでポイント貯める。

実際に私もそうした使い分けをしています。コンビニや外食など数百円くらいの細かい支払いはデビットカードが圧倒的に手軽ですね。一度慣れてしまうともう現金払いには戻れません。

参考記事
三菱UFJ-VISAデビットが便利すぎて現金には戻れない。コンビニや外食の支払いをスマート化

みなさん、コンビニやスーパーの支払いとか飲食店の会計みたいな日常的な決済はどう支払っていますか? 私は以前まで大きな買い物はクレジットカード、日常的な少額決済には現金を使っていました。というのも、毎日 ...

続きを見る

逆に、万単位の支払いになるような大きな買い物はクレジットカードを使わないともったいないです。せっかく大金を払うのだから、可能な限りのポイントをゲットして少しでもお得にしないといけません。

そのために、高額支払い用の高還元クレジットカード(ポイント還元率1%以上)は最低1枚持っておいた方がいいです。1%還元の 楽天カード や、1.2%還元の リクルートカード など、年会費無料でも1%以上のカードは色々ありますよ。

参考記事:ポイント高還元のおすすめクレジットカードランキングBEST5!

 

海外旅行時の使い分け方

Unsplash / Pixabay

Unsplash / Pixabay

海外旅行では基本的にクレジットカードが便利です。なぜならクレジットカードには海外旅行傷害保険による補償があり、高額な現金を持ち歩くリスクがなくなるからです。

しかし、いくら海外ではクレジットカードが使いやすいといっても、全く現金を持って行かないわけにはいきません。そんな時こそ、デビットカードが非常に役立ちます。

VISAデビットカードであれば、海外ATMから現地通貨を引き出すことができます。クレジットカードでもキャッシングができますが、デビットカードは預金を引き出すだけなので金利がかかりません。為替レートはかかりますがそれはクレジットカードも同じです。

つまり海外では、

  • 大きな買い物はクレジットカードを使い、
  • 現金が必要なときは必要なだけデビットカードで引き出す。

という使い分けが有効です。両替手数料もかからないので便利ですね。

 

デビットカードの選び方とおすすめカード

銀行口座を持っている銀行のデビットカードを選ぶ

デビットカードの選び方は単純明解で、自分が銀行口座を持っているところのデビットカードを作りましょう。

デビットカードは銀行口座と紐づけて利用するカードなので、口座を持っていないと作ることができません。

参考までに、前述でも例として出していた、利用者が多くて人気のデビットカードを3枚紹介します。

楽天銀行デビットカード

年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1%
電子マネー -
保険 盗難保険:年間100万円
申し込み資格 16歳以上・楽天銀行の口座を持っている人(中学生を除く)

デビットカードの中で一番おすすめなのは、楽天が発行している「楽天銀行デビットカード」です。

理由はシンプルで、デビットカードなのにポイント還元率1%と、 楽天カード と変わらない高さだからです。

デビットカードなら普通0.2%〜0.5%くらいなのに、1%還元というのは素晴らしいです。さすがIT大手、従来の銀行ではできないようなことを平気でやってくれます。

カードを作るには、楽天銀行の口座を作る必要がありますが、日頃から楽天を利用している人であれば口座もカードも作っておいて損はありません。楽天は、楽天サービスを使えば使うほどおトクになる経済圏なので、できればカードも銀行口座もスマホも全て楽天で揃えた方が最強になります。

特典としては盗難保証のみで 楽天カード に比べると薄いですが、それでもクレジットカード嫌いな人にとって、楽天デビットカードは安心して使えるうえにクレカと同じポイントが受け取れるので最高です。

公式サイト楽天銀行デビットカード

詳しい記事
ポイント還元率1%の楽天デビットカードはメインカードにもOK!JCBなら年会費永年無料です。

数あるクレジットカードの中でも、最も会員数が多いとも言われるのが「」。「顧客満足度調査8年連続ナンバーワン」と大々的にテレビコマーシャルをしていますね。 年会費無料でポイント還元率1%と高還元。楽天市 ...

続きを見る

三菱UFJ-VISAデビット(三菱UFJ銀行)

年会費 無料
→2019年7月1日~2020年6月30日までの新規入会者が対象(カード有効期間5年間)
国際ブランド VISA
ポイント還元率 利用金額の0.2%キャッシュバック
電子マネー -
保険 カード不正利用保証:年間100万円
ショッピング保険:年間100万円
申し込み資格 15歳以上・三菱UFJ銀行の口座を持っている人(中学生を除く)

三菱UFJ-VISAデビットは、三菱UFJ銀行が発行しているデビットカードです。メガバンクとあって口座を持っている人も多く、広く普及しているデビットカードの1枚ですね。

ポイント還元について、三菱UFJ-VISAデビットは0.2%キャッシュバックというカタチになります。正直、0.2%は高くない数字ですがデビットカードなので仕方なしですね。

公式サイト 三菱UFJデビット

詳しい記事
三菱UFJ-VISAデビットが便利すぎて現金には戻れない。コンビニや外食の支払いをスマート化

みなさん、コンビニやスーパーの支払いとか飲食店の会計みたいな日常的な決済はどう支払っていますか? 私は以前まで大きな買い物はクレジットカード、日常的な少額決済には現金を使っていました。というのも、毎日 ...

続きを見る

SMBCモビット(三井住友銀行)

SMBCデビットデザイン

年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 SMBCポイント:0.5%/キャッシュバック:0.25%
電子マネー iD、Visa payWave
保険 ×
申し込み資格 15歳以上・三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方(中学生を除く)

SMBCモビットは三井住友銀行のデビットカードです。三井住友の銀行口座をメインに使っている人におすすめですね。

SMBCモビットは、その1枚で以下4つの機能を持っています。

4機能が1枚に

  • 三井住友銀行のキャッシュカード
  • VISA加盟店で支払いに使えるVISAデビットカード
  • iD加盟店で支払いができるiD(電子マネー)
  • Visa payWaveで支払い可能

キャッシュカードが一体になっているのが便利ですね。財布の中のカードを減らせます。また、ポストペイ電子マネーiDが付帯しているので、電子マネーを使いたい人にもおすすめです。

そしてポイント還元に関してSMBCデビットは、

  • 0.25%還元のキャッシュバック
  • 0.5%還元のポイント

この2つから選んで利用できます。

初期設定では還元率が低い0.25%キャッシュバックに設定されています。0.5%ポイント還元にしたい場合には後から変更可能です。

0.5%還元であればクレジットカードとそう変わらない還元率なので、かなり良いです。保険などの特典はありませんが、その点はデビットカードなので妥協点ですね。

公式サイトSMBCデビット

詳しい記事
4機能が1枚に!三井住友銀行デビットカード「SMBCデビット」の使い方・メリットデメリット

今までゆうちょ銀行をメインバンクにしていた私ですが、引越しで家賃の引き落としに使えなくなってしまったため、メインバンクを三井住友銀行に変更しました。 三井住友銀行のデビットカードは「SMBCデビット」 ...

続きを見る

まとめ

デビットカードもVISAデビットカードが発行されるようになってから、知名度も高くなり利用する人が少しずつ増えている実感があります。そして最近ではVISAだけではなくJCBもデビットカードを発行しているので、ますます選択肢が増えて使いやすくなっています。

クレジットカードをつい使いすぎてしまう人や、海外旅行の予定がある人などは、デビットカードを持っておいて損はありません。

審査もないのですぐに誰でも作れますし、使う分にはクレジットカードより遥かに安全(使いすぎリスクの意味で)ですよ。

その代わり、ポイントや付帯保険などクレジットカードより恩恵は少ないので、うまく使い分けていくことが大切です。

関連記事
クレジットカード嫌いで持ちたくない人にはデビットカードがおすすめな理由

日本人は”異常”にクレジットカードが嫌い 2020年の東京五輪に向けて、政府は「キャッシュレス社会化」を進めようと奮闘している昨今ですが、残念なことに、世界的に見ても日本人のクレジットカード嫌いは異常 ...

続きを見る

厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-クレカコラム, デビットカード・プリペイド

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.