デビットカード・その他

三菱UFJ-VISAデビットが便利すぎて現金には戻れない。コンビニや外食の支払いをスマート化

更新日:

みなさん、コンビニやスーパーの支払いとか飲食店の会計みたいな日常的な決済はどう支払っていますか?

私は以前まで大きな買い物はクレジットカード、日常的な少額決済には現金を使っていました。というのも、毎日の細々した支払いにまでクレジットカードを使うと、1ヶ月後2ヶ月後の引き落としで一体いくらまで膨らむのかが体感的に分かりにくいからです。

実際にコンビニでクレジットカードを使う人は非常に少なく、ローソン社長は株主総会にて「ローソン利用者の75%以上が現金決済をしている」とデータを公開しています。

少し前まで私も75%の現金主義の中に入っていましたが、ふとデビットカードを持ってからというもの、コンビニでも飲食店でも現金を使うことはほとんどなくなりました。

カードマン
デビットカードがあまりに便利すぎて、もう現金払いには戻れなくなってしまいました。

デビットカードはクレジットカードとはまた違い、誰でも一切の不安なく使えるカードです。まだ現金でいちいち払っている人は、デビットカードを1枚持つだけで世界が変わりますよ。

公式サイト 三菱UFJ-VISAデビット

スポンサーリンク

即引き落としされるデビットカードが便利すぎる

デビットカードとは、カードを使ったらリアルタイムで指定の銀行口座から使った金額が引き落とされるカードです。自分が持っている銀行口座と連携するので、三菱UFJ銀行を使っている人は三菱UFJ銀行のデビットカード、楽天銀行を使っている人は楽天のデビットカードを使うことになります。

私は三菱UFJ銀行の口座を持っているので、 三菱UFJ-VISAデビット を使っています。国際ブランドはVISAなので、世界中のVISAが使えるあらゆるお店で使うことができます。

これが使ってみると本当に便利で、1回デビットカードに慣れてしまうともう現金には戻れなくなりした。

まず、クレジットカードのように数ヶ月後の引き落としではなく、使ったその場で口座から引き落とされるので、クレジットに付き物の「借金のイメージ」が一切ありません。必然的に口座残高以上は使えないので使いすぎの心配もありません。

というか、体感的には現金払いとほとんど変わりません。現金を口座(ATM)から一回下ろしてから使うか、デビットカードを出して口座から直接落としてもらうかの違いだけです。

当然デビットカードの方が良いのは言うまでもありません。

  • ATMからわざわざ現金を下ろしてくる手間がない
  • 下ろすのにかかるATM手数料もない
  • 財布の中にいくら入っているかを確認する必要もない
  • 財布の中から現金を数えて取り出す手間もない

デビットカードを1枚持っているだけで、あらゆる手間や面倒が一切なくなります。これぞキャッシュレスの利便性ですよね。

コンビニでもスーパーでも飲食店でも、カードを出せばピッと通してハイ終わり。一瞬です。現金払いの3倍は早い。財布にも小銭が増えずにスマートです。

デビットカードにデメリットはないの?

あまりに便利すぎるデビットカードですが、「逆にデメリットはないの?」と言われると、現金と比較した場合のデメリットはまずありません。

しかし、クレジットカードと比較するとデメリットはあります。

私が使っている 三菱UFJ-VISAデビット で言えば下記の点ですね。

  • 通常年会費1080円かかる
    ⇒(初年度無料/23歳以下は無料/年間10万利用すれば無料)
  • ポイント制度がない
    ⇒(その代わりキャッシュバックあり)
  • その他の特典サービスは基本ない
    ⇒(不正補償やショッピング保険のみ)
  • 1回払いのみ。分割やリボ払いは不可

基本的に、クレジットカードよりサービス力は劣ります。各デビットカードにもよりますが、クレジットカードのように豪華な優待割引サービスや手厚い旅行保険などは付きません。

それも当たり前で、デビットカードにクレジットカード並みのサービスが付いたら皆んなデビットカードに乗り換えてしまいますからね。クレジットカードは「借金」というマイナス要素がある代わりに、豪華な特典やポイント制度といったプラス要素を付けて補っているのです。

デビットカードにはマイナス要素がないので、その代わりプラス要素も少なくなります。

そのため 三菱UFJ-VISAデビット にはポイントシステムがありませんが、その代わりささやかなキャッシュバック制度があります。基本的には毎月の利用金額の0.2%が自動的にキャッシュバックされる仕組みです。

0.2%還元とするとクレジットカードのポイントに比べてかなり低いですが、現金同様に使えるカードなので多くは望めません。現金を使うよりは遥かにマシではあります。

また通常年会費1080円ですが、初年度無料かつ23歳以下無料に加えて、年間10万円利用すれば次年度も年会費無料になります。毎月8000円程度を使えばいいので、コンビニスーパーや飲食店で使えば余裕です。

スポンサーリンク

三菱UFJ-VISAデビットの詳細

私が使っている 三菱UFJ-VISAデビット の詳細をまとめておきます。非常に便利なカードなので、三菱UFJ銀行の口座を持っている人は作っておいて間違いありません。

ポイントとしては下記を抑えておけばOK。

  • 現金同様に使えるカード(使ったその場で口座から引き落とし。一括払いのみ。)
  • 三菱UFJ銀行の口座が必須(口座開設と同時に作ることも可能)
  • 15歳以上で申し込み可能(中学生は除く)
  • 通常年会費1080円
  • 国際ブランドはVISA

安全かつスピーディに使えるカードなので、逆に言うと使わない理由がないカードですね。デビットカードより現金を使う理由が本当にありません。

デビットカードを1枚持つだけで、日々の買い物、コンビニやスーパーでも財布から現金を取り出す必要が一切なくなります。ATMを使う機会も激減するでしょう。どこでもカードをピッと通すだけ。このスマートさに慣れてしまうと、もう現金には戻れません。

スポンサーリンク

【余談】そもそも、なぜ日本人はここまで現金主義なのか?

photo credit: cafecredit Broke! via photopin (license)

カードマン
さて、ここからはちょっと余談です。

なぜ日本人はここまで頑なに現金払いしたがるのでしょうか?

日本は先進国では稀なほどの現金主義国家です。欧米は言うまでもなくカード大国ですし、お隣の中国ももの凄い勢いでキャッシュレス社会に進んでいます。

気づけばいつの間にか、日本だけがいつまでも現金を使い続けている状況に……。

現金払いにはデメリットしかない

そもそも考えてみると、カード決済に比べて現金決済はデメリットしかありません。

  • ATMから下ろすのに手間がかかる
  • ATM手数料もかかる
  • 小銭が増えると財布が重くなる
  • 会計時に現金を数えて取り出すのも手間
  • 店員との受け渡しのリスク(釣り銭の間違いなど)
  • 落としたら基本的に戻ってこない

パッと思いつくだけでもこれだけのデメリットがあります。

よく現金派の主張として「カードは不正利用が怖い」という人がいますが、これは全く的外れな回答です。ほとんどのカードは不正利用されてもカード会社から全額補償されます。つまり、落として使われたら100%返ってこない現金に比べて、カードの方が実際には遥かに安全なんです。

財布落として現金なくなったという人は腐るほどいますが、カードを不正利用されてお金なくなった(補償されなかった)なんて人はそうそういません。どちらが被害が小さいかは明白です。

借金のイメージが怖いから?

日本人は、親の教育からすでに「クレジットカードは怖いもの・危ないもの」という印象を持たされている人が多いです。というのも、今の60代前後の人はバブル崩壊を経験して借金にトラウマを持っている世代なので、「借金は本当に怖いもの=クレジットカードは危ない」という教えを子供にも伝えています。

そのため、日本では「借金=悪」のイメージがかなり根強くなってしまったのです。これが日本人のクレジットカード利用を妨げている原因の一つなのは間違いないでしょう。

実際には借金には「良い借金」と「悪い借金」があって使い方の問題なのですが、日本人は借金=悪の教育のせいで借金の使い方が超絶ヘタくそなので、借金で地獄をみるケースが多いのも事実です。

日本はマネー教育を全くしない国なので、基本的にお金を上手く使えない・管理できない人が多いです。そんな国民性もあって、ついつい身の丈以上の額を使ってしまう、「クレジットカード = 使いすぎて危険」という式が成り立ちやすいんでしょうね。

確かに、クレジットカードを持たない方がいい人もいるのは事実ですもんね。

カードマン
そんな人こそ、「借金」の心配がないデビットカードがおすすめです。口座即引き落としなので使いすぎる心配もありませんよ。

まとめ

デビットカードを使うようになってから、本当に現金を出す機会が激減しました。大きな買い物はクレジットカード、コンビニスーパーや飲食はデビットカードでほとんど賄えるのでほとんどキャッシュレスの生活になりましたね。

たまに現金しか使えないところで会計すると、その遅さや面倒さに改めて気付かされます。なるべく早く全ての場所でキャッシュレスになってほしいと願うばかり。

クレジットカードを持っている人は多いと思いますが、デビットカードはまだ持っていない人の方が多いでしょう。クレジットに抵抗感がある人も、デビットカードなら安心かつ超便利に使えるので1枚持っておくことをおすすめします。

 

ポイント還元率1%の楽天デビットカードはメインカードにもOK!JCBなら年会費永年無料です。

数あるクレジットカードの中でも、最も会員数が多いとも言われるのが「」。「顧客満足度調査8年連続ナンバーワン」と大々的にテレビコマーシャルをしていますね。 年会費無料でポイント還元率1%と高還元。楽天市 ...

【比較】クレジットカードとデビットカードの違いと使い分け方。

現金を持たずに買い物ができるカードとして代表的なのが、「クレジットカード」と「デビットカード」。どちらもキャッシュレスの買い物ができるので便利です。 クレジットカードはお馴染みだと思いますが、「デビッ ...




厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-デビットカード・その他

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.