デビットカード・その他

ジャパンネット銀行のJNB Visaデビットの使い方|メリットデメリット【ファミマTカード付き】

投稿日:

JNBVISAデビットカード

クレジットカードよりデビットカード派の人も結構いますよね。デビットカードは使ったその場で銀行口座から即時引き落としされるカードなので、クレジットカードのような「借金感」がなくて精神的に使いやすいという理由もあります。

デビットカードというのは、使っている預金口座の銀行のデビットカードを作ります。私はジャパンネット銀行を使っているので、ジャパンネット銀行のデビットカード「JNB Visaデビット」を作っています。

現在発行できるJNB Visaデビットは、ファミマTカード機能までついて多機能になっています。

つまりこれ一枚で、

  • キャッシュカード
  • デビットカード
  • ファミマTカード

の3役をこなせるので財布も薄くなって便利なんですよね。ジャパンネット銀行を使っている人は作っておいて損はありません。

この記事では、JNB Visaデビットを数年間使ってみて感じたメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行のVisaデビット付きファミマTカード・JNB Visaデビットの基本情報・スペック

まずはJNB Visaデビットの基本情報・スペックを表でチェックします。

年会費 無料
申込資格 満15歳以上
ポイント還元率 通常0.2%
ファミリーマートは1%還元
ファミリーマートなら火曜・土曜に200円につき5ポイント還元
国際ブランド VISA
追加カード なし
旅行傷害保険 なし
電子マネー なし

JNB Visaデビットは、VISAデビット(利用金額が口座の残高から引き落とされる)機能付きのキャッシュカードで、ファミマTカードの機能も備えています。

1枚で3役が使えるカード

  • VISAデビットカード
  • ジャパンネット銀行のキャッシュカード
  • ファミマTカード

ショッピングの際は、VISA加盟店ならどこでも使えます。VISAは世界一普及している決済ブランドなので、カード払いができるお店ならほぼほぼどこでも使えます。

ただし、クレジットカードではないので、家族カードや追加カードは発行できません。また旅行傷害保険などの特典も用意されていないので注意しましょう。

JNB Visaデビットは年会費無料、15歳以上なら誰でも持てます。ジャパンネット銀行の口座を開設すればカードを作れるので、まだクレジットカードを持てない高校生や、審査の関係でクレジットカードを作れない人でも、デビットカードなら持つことができます。

私もクレジットカードを作れない年齢の時には、ネットで買い物をするためにジャパンネット銀行のVISAデビットを使っていましたよ。

→JNB VISAデビットの公式サイト

JNB Visaデビットのメリット・おすすめの使い方

JNBVISAデビットカード

JNB Visaデビットは、なんといっても多機能さが魅力ですね。ただのデビットカードなら他銀行でもたくさんありますが、ここまで便利に使えるJNB Visaデビットは唯一無二の存在だと感じています。

加盟店で提示すれば、Tカードとしてポイントを貯められる!

JNB VisaデビットにはファミマTカード機能が搭載されています。店頭で提示すれば Tポイントを貯められるので、私もよく提示ポイントを貯めています。

対応店舗の例

  • ファミリーマート
  • ドトール
  • ウエルシア
  • TSUTAYA

デビットカードはポイント還元率が低い(JNB VISAデビットは0.2%)ので、正直デビットカード機能で貯めたポイントよりも、カードの提示で貯めたTポイントのほうが圧倒的に多いです…。

私は度々引っ越しをしていますが、Tポイントの加盟店は町中にたくさんあるので、都会でも田舎でもポイントが貯めやすいのはメリットです。

 

VISAカードなので、実店舗・ネットショップの幅広いお店で支払いに使える!

JNB VisaデビットはVISAデビットカードなので、世界中で普及しているVISA加盟店でのクレジット決済ができます。前述しましたが、カード決済ができるお店ならほぼどこでも使えるはずです。

昔ジャパンネット銀行ではカード番号だけが発行されるしくみで、実店舗での買い物にデビットカードを使えず、ちょっと使いづらかったです。でも今はキャッシュカードでも支払いができるようになり、とても使いやすくなって満足ですね。

TカードなのでTSUTAYAの会員証としても使える

JNB VisaデビットはTカードです。つまり、TSUTAYAでは会員証として使うこともできます

しかもJNB Visaデビットなら、毎年TSUTAYAでカードの更新をする必要もありません。年間300円程度のTSUTAYA会員更新料がかからないですし、更新の手間も省けて助かります。TUTAYAカードの更新って何気に面倒くさいんですよね……。

 

「ファミマTカード」なので、ファミリーマートで割引やポイントアップを受けられる!

JNB VisaデビットはただのTカードではなく「ファミマTカード」です。ファミリーマートでデビットカード機能を使うと、もれなく200円につき2ポイントの1%還元を受けられます。

しかも、毎週火曜と土曜は200円につき5ポイントの2.5%還元になります。私はいつも忘れがちでつい逃してしまうのですが、ポイントマニアでポイントアップデーにまとめ買いすることでポイントを効率よく貯められるはずです。

さらに、ファミリーマートではファミマTカード会員限定で、フライドチキンなどの対象商品が割引になることもあり、私もよく割引してもらっています。

最寄りのコンビニがファミリーマートの人は、コンビニの買い物をちょっとお得にするためにもJNB Visaデビットは持っておきたいですね。

ウェブサイトから利用明細を確認できるのも嬉しい

JNB Visaデビットは、ジャパンネット銀行の会員ページにログインすれば、利用明細も細かい情報まで確認できます。

買い物の内容や日付を思い出せないときなどに役立っています。

利用明細のページの上部には設定した期間内の利用金額や、利用に応じて貯まったTポイントの累計まで表示されます(今回確認して初めて気づきました…)。

 

JNB Visaデビットを使ったら、定期的に利用明細をチェックして出費を見直したり、使ったお店を確認したりしておくと良いでしょう。

万が一不正利用があっても、利用明細ですぐにわかりますね。

スポンサーリンク

JNB Visaデビットのデメリット

メリットの一方で、長年JNB Visaデビットを使っていてイマイチに感じている部分も2つほどあります。

ジャパンネット銀行は、毎月2回目以降のATM利用料(3万円以下)が有料

JNB Visaデビットはジャパンネット銀行の口座から利用代金を引き落とすしくみですが、ジャパンネット銀行はATM手数料の仕組みが少々イマイチです。

毎月1回はコンビニなどのATMから無料で入金・出金できますが、2回目以降は3万円未満の入出金だともれなく手数料が162~324円かかってしまいます。

めちゃくちゃ面倒ですが、一応無料で入出金する技としては、1万円を引き出したい時は4万円引き出してから3万円また入金、1万円入金したい時は預金から3万円引き出してから4万円入金という方法がありますが、たかが手数料を節約するためには面倒すぎます。だからと言って毎回数百円取られるのもシャクなんですよね……。

この、地味に手数料がかかる点は気分的にもデメリットです。

通常のポイント還元率は低いので、還元率重視の人には不向き

JNB Visaデビットのポイント還元率は、通常のVISA加盟店だと500円につき1ポイント(0.2%還元)でかなり還元率は低いです(ファミリーマートなら1%)。

ただ、一般的にデビットカードはクレジットカード(平均0.5%還元)より還元率が低くなるのが普通です。クレジットカードと同じ水準のポイント還元なら、クレジットカード持つ人が激減してしまいますからね。

デビットカードの「即時引き落とし」というメリットと、「低還元率」というデメリットは表裏一体なわけです。

とはいえ、デビットカードの中でも、還元率1%(100円ごとに1ポイント)の楽天銀行デビットカード(JCB)など高還元率なものもあります。

参考記事
ポイント還元率1%の楽天デビットカードはメインカードにもOK!JCBなら年会費永年無料です。

数あるクレジットカードの中でも、最も会員数が多いとも言われるのが「」。「顧客満足度調査8年連続ナンバーワン」と大々的にテ ...

続きを見る

 

既に銀行口座を持っている人は、キャッシュカードをJNB Visaデビットへ切り替え可能

いま既にジャパンネット銀行の口座を持っている人は、いま持っているキャッシュカードをJNB Visaデビットに切り替え可能です。

ジャパンネット銀行公式サイトの「キャッシュカードの切り替え」でファミマTカード機能付きのJNB Visaデビットに切り替えれば、しばらく後にカードが届きます。

公式HPVISAデビット付きキャッシュカードへの切り替え方法

私も元々は通常のキャッシュカードを使っていましたが、ファミマTカード機能付きのJNB Visaデビット登場とともに切り替えました。メリットでも紹介したように、色々と多機能カードになったので便利に使えますよ。

今持っているTカードを、ファミマTカード機能付きVISAデビットに統合したい場合は、Tサイト(Tポイント公式)からポイント移動できます。

まとめ

JNB Visaデビットは、ファミマTカード、TSUTAYA会員証、ジャパンネット銀行のキャッシュカード、VISAデビットカードといった複数の機能が使える多機能さが魅力です。

私は複数のデビットカードを持っていますが、TカードやTSUTAYA会員証など複数の機能を備えていて使える場面が多いため、サイフに入れて持ち歩いているのはJNB Visaデビットのみです。

 




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-デビットカード・その他

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.