交通系カード

ビューSuicaカードで電子マネーとポイントをフル稼働しよう

更新日:

電子マネーはクレジットカードと連動すると、効率よくポイントを貯められ、貯まったポイントを電子マネーに還元できるサービスがあります。

そうしたクレジットカードとの連動効果が最も高いのが「ビューSuicaカード」です。

皆さんご存知の「Suica(スイカ)」は、株式会社ビューカードが発行している、運賃や定期券の購入だけでなく買い物もできる利用価値の高い電子マネーです。しかもSuicaは管轄地域だけでなく全国で利用できるので、通勤・通学だけでなく幅広い利用ができる優秀さです。

今回は、クレジットカードとして最もSuicaを活用できるビューSuicaカードの便利な使い方や、Suicaとの連動によるポイントの貯め方、Suicaへの還元方法について解説します。

スポンサーリンク

ビューSuicaカードの基本スペック

ビューSuicaカードの基本的なスペックは下記のとおりです。

ビューSuicaカード おすすめポイント
ビューSuicaカード

オートチャージ機能付き!

定期券やオートチャージでポイント付与

年間利用額に応じてボーナスポイント

年会費 477円+税
カード利用枠 10万〜60万
付帯保険

海外旅行保険:500万

国内旅行保険:1000万

紛失補償

 その他特典 Web明細に登録で600円相当のポイント付与

海外旅行傷害保険(最高500万円)や国内旅行傷害保険(最高1000万円)の補償金額は高額ではありませんが、年会費が実質無料であることを考えると、サブカードとして(他カードの補償金額をカバー)活用できます。特に、海外旅行傷害保険が自動付帯というのが優秀ですね。

紛失補償はクレジットカードの悪用だけでなく、定期券機能を付けた場合は定期券残高、またSuicaのチャージ残高も補償されるので安心です。

ビューSuicaカードのサービス内容

クレジットカード、Suica、定期券機能が一枚で利用できる

定期券を購入した時に、ビューSuicaカードの裏面に定期情報を書き込むことで、ビューカード一枚でクレジットカード・電子マネーSuica機能のほかに定期券機能も利用できます。

定期券はJR東日本と他の鉄道会社とまたがる「連絡定期券」やバス定期券機能も付けることができます。ビューカードに機能を付帯することで、補償サービスも受けることができるので安心して利用できます。

オートチャージ機能が簡単に利用できる

オートチャージ機能は、Suicaの残高が不足していても、改札を通るときに自動的に残高を補充してくれるサービスです。これによって残高不足で改札を通過できなくなるということはなくなります。

ビューSuicaカードは一体型となっているので、クレジットカードとSuicaを関連付ける必要がなく、対象残高と補充金額を設定するだけで簡単に利用できます。

オートチャージが利用できるのは改札口だけで、ショッピング利用している場合はオートチャージできません。

スポンサーリンク

ビューSuicaカードのポイントと電子マネーの連動

ビューSuicaカードではポイントと電子マネーを連動して貯めることができます。ここではポイントの仕組みとSuicaへの還元方法をご紹介します。

ビューSuicaカードのポイントサービス「ビューサンクスポイント」

選んだ国際ブランドの加盟店で利用するカードショッピングでは、1000円で2ポイント(5円相当)が付与されます。

これ以外に、JR東日本関連の利用ではポイントが3倍(15円相当)になります。還元率にすると1.5%という高還元率です。

ちなみに、ポイント有効期限は24か月です。

▼ポイント3倍となる利用▼

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券
  • JR東日本国内ツアー
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica

年間利用金額応じたボーナスポイント

コイン ポイント

カードの年間利用金額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。

  • 30万円 ⇨ 100ポイント
  • 70万円 ⇨ 400ポイント
  • 100万円 ⇨ 600ポイント
  • 150万円 ⇨ 1000ポイント

JR東日本の利用だけで年間利用金額100万円以上は難しいでしょうが、ビューSuicaカードをメインカードにして、通常のカードショッピングや公共料金決済をすることで年間100万円も無理ではないでしょう。

最低の年間利用金額30万円でも通常の買い物15万円、ポイント3倍の利用15万円で計算すると、ボーナスポイントと併せて1300ポイントが貯まります。

これは3000円相当のSuicaに還元できるポイント数です。ポイント還元率は1%です。

ポイント還元はSuicaが便利

ビューカードのポイントは商品や商品券、クーポン券への交換、JALポイントへの移行などがありますが、最も効率がいいのはやはりSuicaへの交換です。

400ポイントで1000円のSuicaに交換できますが、オートチャージや定期券などポイント3倍の利用だけであれば67000円で1000円相当のポイントが貯まり、還元率は1.5%です。

Suicaのオートチャージでポイントを貯めて、貯まったポイントをまたSuicaに還元するというサイクルで交通費を節約することができます。

■Suicaへのポイント交換率

  • 400ポイント:1,000円相当
  • 1,200ポイント:3,000円相当
  • 2,000ポイント:5,000円相当
  • 4,000ポイント:10,000円相当

国内旅行にはビューサンクスクーポンへの交換がお得

びゅうプラザで取り扱っている「ビューサンクスクーポン」マークのある国内旅行商品の割引に利用できるのが、ビューサンクスクーポンです。

ビューサンクスポイント1600ポイントで5000円相当のクーポンに交換できます。

Suicaへの交換では1600ポイントは4000円相当にしかならないので、交換率はSuicaよりも良くなっています。ポイント交換する場合、普段使いに利用したい人はSuica、年い1回くらいは国内旅行がしたいという人はクーポンへの交換がお得です。

スポンサーリンク

ビューSuicaカードの提携カード

ビューSuicaカードは株式会社ビューカードのプロパーカードですがSuica機能付きの提携カードも発行されています。

ビックカメラSuicaカード

基本機能はビューSuicaカードと同じですが、Suicaを使ってビックカメラで買い物をすると現金と同じビックポイント10%が付与されます。また、ビックポイント1500をSuica1000円相当に交換できます。

JALカードSuica

JALカード(一般)にSuica機能が付いたクレジットカードなので、基本機能はJALカードと同じで、年会費は税別2000円となります(CLUB-Aカードは税別10,000円)。

JALカードとしてボーナスマイルや搭乗マイルの割り増しがあるほか、ビューサンクスポイント600をJALマイル500に移行することができます。

ビックカメラのポイントやJALマイルを貯めている人は提携カードの利用でビューサンクスポイントを活用できます。

まとめ

電子マネーのSuicaは特に首都圏での通勤・通学には必要不可欠な電子マネーと言えます。

このSuicaをビューカードに搭載した一体型のビューSuicaカードを利用することで、さらに便利に利用できることがお分かりいただけたかと思います。

また、ビューカードは入会しやすいクレジットカードとしても人気があります。審査基準の低さはカード利用枠の設定金額が上限でも60万円とそれほど高くないことからもわかりますよね。

また、2009年4月からキャッシングサービスを廃止してショッピング専用カードとなったことも審査基準の低さにつながっています。こうした点を考えてもビューカードは入会しやすく、JR東日本の管轄地域ではメリットの大きいクレジットカードです。

SuicaそのものはJR東日本以外でも利用できる電子マネーですが、管轄外ではオートチャージが利用できないといったデメリットもあるので、ビューSuicaカードはやはりJR東日本管轄地域に特化したクレジットカードと言えるでしょう。

利便性の高い地域は限定されますが、Suicaをフルに活用するという点では最も価値のあるクレジットカードです。




厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-交通系カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.