デビットカード・プリペイド

三菱UFJ-VISAデビットの使い方|メリットデメリットを所有者が語ります

更新日:

みなさんはデビットカードを使っていますか?

というよりむしろ、「デビットカード」って名前は聞いたことあるけど何なの? という人もかなり多いと思います。

最近でこそデビットカードの存在はだいぶ認知されてきましたが、クレジットカードに比べると利用率はまだ低いようですからね。

デビットカードとは簡単に言うと、利用した金額が即座に銀行口座から引き落とされる仕組みのカードです。使った瞬間に口座引き落としになるので、クレジットカードのように数ヶ月後に後払いというタイムラグがないカードですね。

恐らくこれだけで「それ良いかも」と思う人は多いでしょう。

クレジットカードはあまり使いたくないという人でもデビットカードなら安心ですし、普段クレジットカードを使っている人でもデビットカードと使い分けることでより便利に使えます。

そこで今回は、デビットカードの基本から活用法、そしておすすめデビットカードとして私も使っている「 三菱UFJデビット 」を紹介していきます。

公式サイト 三菱UFJデビット

スポンサーリンク

デビットカードとクレジットカードの違い

まずはデビットカードを知らない人のために、デビットカードの基礎知識から見ていきます。クレジットカードとは似て非なるカードなので、違いを理解しておきましょう。

ショッピングで使った利用金額が即時、銀行口座から引き落とされる

デビットカードは、買い物をすると使った金額がその場で口座から引き落としされる仕組みのカードです。必然的に、口座残高以上の金額は使えません

クレジットカードだと支払いが数ヶ月後になったり、自分の身の丈を超えた金額が使えてしまうのが不安な人も多いですが、そういった方に人気があるのがデビットカードです。

以前まで使える店舗が少なかったのが普及の妨げだったのですが、2005年頃より「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」など、クレジットカードと同じ国際ブランド付きのデビットカードが主流になってきたため、現在ではクレジットカードと同じくあらゆる店舗で使えるようになりました

デビットカードのデメリットはポイントや特典サービスが弱いこと

すぐに口座引き落としになる利便性など多くのメリットを持つデビットカードですが、当然それと引き換えのデメリットもあります。

デビットカードは、クレジットカードよりポイントや特典の恩恵が少ないという点です。

クレジットカードと言えば、一般的に下記の様なサービスが付きますよね。

  • ポイントサービス
  • 旅行保険サービス
  • 優待特典サービス
  • 追加カード

この全てにおいて、デビットカードはクレジットカードに劣る、あるいはサービス自体がありません。

ポイントサービスに関しては以前に比べるとデビットカードも充実してきましたが、今でもポイント還元率1%を超えるデビットカードはほとんどありません(有名どころだと楽天銀行デビットカードくらい)。

むしろ、ポイント自体がないカードもあります。

海外旅行傷害保険といったサービスもなく、優待サービスもデビットカードにはありません。同様に家族カードも発行できず、ETCカードも追加できないというデメリットがあります。

デビットカードはクレジットカードと形こそ似ていますが、本来は現金に近いカードです。クレジットカードのように「借金」的な負担が一切ないので、その分だけサービスも手薄になっています。

そりゃ、現金と同じように使えてクレジットカードと同等の特典がついたら、誰だってデビットカードにしちゃいますからね。クレジットカードの存在意義がなくなります。

海外でも利用可能。海外ATMから現地通貨を引き出せる

最後に海外利用についてですが、VISAやJCBなど国際ブランドつきデビットカードであれば海外でも利用できます。

海外旅行ではクレジットカードが便利ですが、どうしても現地通貨が必要なこともあります。そんな時、デビットカードで海外ATMを利用すると現地通貨を必要なだけ引き出せます。

クレジットカードでキャッシングもできますが、金利もかかるしできるだけショッピング枠を残しておきたいですよね。その点も踏まえて海外旅行ではクレジットカードとデビットカードの併用が便利ですよ。

海外利用時の手数料

  • 海外ATM利用手数料:110円/回(消費税込)
  • 海外事務手数料:取引金額の3.05%

※一部ATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合あり

もっと詳しい記事↓

より詳しく
クレジットカードとデビットカードの違いと使い分け方を比較して解説

現金を持たずに買い物ができるカードとして代表的なのが、「クレジットカード」と「デビットカード」。どちらもキャッシュレスの買い物ができるので便利です。 クレジットカードはお馴染みだと思いますが、「デビッ ...

続きを見る

スポンサーリンク

三菱UFJ-VISAデビットの特長と使い方

デビットカードの基礎知識がわかったところで、今回は 三菱UFJデビット を紹介します。

三菱UFJ銀行の口座を持っている人なら誰でも作れるので、1枚持っておくと便利ですよ。

カードの基本情報

  • 年会費:年会費無料(※)/通常1,100円(税込)
    →2019年7月1日~2020年6月30日までの新規入会者が対象(カード有効期間5年間)
  • 申込資格:15歳以上(中学生覗く)
  • ポイント還元:利用金額の0.2%キャッシュバック
  • カード不正利用補償:年間100万円
  • ショッピング保険:年間100万円

公式サイト 三菱UFJデビット

三菱UFJ銀行はメガバンクなので、すでに口座を持っているという人も多いでしょう。

15歳以上(中学生は除く)から作れるので、親としてまだ子供にクレジットカードを渡すのは怖い……という場合でもデビットカードなら安心して持たせてあげられます。

特徴としてポイントはないのですが、代わりにキャッシュバックサービスがあります。

キャッシュバックサービス

基本キャッシュバック率は0.2%ですが、デビットカードに入会後3ヶ月はプラス0.2%のキャッシュバック率となります。

さらに、下記の通りキャッシュバック率加算もあります。

  • 年間利用金額20万円で+0.05%
  • 年間利用金額30万円で+0.05%
  • 誕生月+0.1%

クレジットカードと比べてしまうとと大きな還元率ではありませんが、現金と比較して考えてみてください。

現金払いをしていると還元もキャッシュバックも何も戻ってこないどころか、ATMから引き出す時の手数料でむしろお金が減ることも多々あります。

それを考えると、現金払いが習慣の人はデビットカードを利用することでプラスのメリットしかありません。ATMからいちいち現金を引き出す手間もなくなります。

不正利用対策の「お知らせメール」

三菱UFJ-VISAデビットでは、カードを利用するとその都度登録したアドレスに「お知らせメール」が届きます。これは不正利用の対策であり、もし使っていないのにメールが届いたら……誰かに利用されたことを検知できます。

普段はいちいちメールが来るのがうっとうしいと思いますが、不正利用が心配には助かるサービスです。

もちろん、後から設定すればメール通知をオフにすることも可能です。

また、「My Money」アプリを利用するとスマホでも利用明細や残高の確認できて便利です。クレジットカードと同じ様に、いつ何にいくら使ったのか管理できるので安心です。

実際に三菱UFJ-VISAデビットを使ってみた感想

私も実際に三菱UFJ-VISAデビットを持っていて、主にコンビニやスーパーでの買い物、ちょっとした外食など少額利用にはデビットカードを使っています。

説明した通り、本当に現金と同じ感覚で使えるので、デビットカードを使い始めると現金を使う機会が激減しました

デビットカード払いに慣れてしまうと、もう小銭を数えて出すのも面倒だし、お釣りをもらってしまうのすら面倒になります。もう現金には戻れないほど便利です。

しかしそのせいでちょっとしたデメリットもあって、

あまりに現金を使わなくなるので財布に現金がほとんどない時が多々あり(デビットカードしか使わないので気づかない)、ミスってカードが使えない飲食店に入ってしまった時に恥をかきます

身近な例だと、吉野家とか日高屋とか。

いつもデビットカードで払うのでついつい財布の中に現金があることを確認せずに入ってしまい、いざお会計の時に「カード使えません」と言われて現金がないことに気づく……という。

荷物などをお店に預けて現金を下ろしにいく……ということが何回かありました。

デビットカードがあまりに便利すぎて、ついつい現金の存在を忘れてしまうのがデメリットですね。

関連記事
三菱UFJ-VISAデビットが便利すぎて現金には戻れない。コンビニや外食の支払いをスマート化

みなさん、コンビニやスーパーの支払いとか飲食店の会計みたいな日常的な決済はどう支払っていますか? 私は以前まで大きな買い物はクレジットカード、日常的な少額決済には現金を使っていました。というのも、毎日 ...

続きを見る

まとめ

デビットカードは、「全ての人」におすすめできます。

クレジットカードを利用するのが不安な人にとっては、現金払いを楽にするサービスとして利用できます。

社会人になっていない高校生でも利用できるので、社会に出る前にクレジットカードの使い方を学ぶツールにもなりますね。

クレジットカードをすでに持っている人でも、海外旅行で現金が必要なときにキャッシングを利用しなくてすむので、金利負担がなくなります。

特に使いすぎが心配な人にとっては、口座残高の範囲内で利用できるデビットカードを利用すれば計画的に買い物ができます。

このように、デビットカードは誰でも全ての人におすすめできるカードです。私も元々クレジットカードのみ派でしたが、いざ持ってみると少額決済にはデビットカードが大活躍ですよ。

関連記事
クレジットカード嫌いで持ちたくない人にはデビットカードがおすすめな理由

日本人は”異常”にクレジットカードが嫌い 2020年の東京五輪に向けて、政府は「キャッシュレス社会化」を進めようと奮闘している昨今ですが、残念なことに、世界的に見ても日本人のクレジットカード嫌いは異常 ...

続きを見る

厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-デビットカード・プリペイド

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.