法人カード

自営業・個人事業主がビジネス用クレジットカードを持つメリットとは?

更新日:

クレジットカードは個人で利用する他にも、法人や個人事業主が利用する「法人(ビジネス)カード」と呼ばれているカードがあります(大きな会社だとコーポレートカード)。

多くの個人事業主は普段使っているクレジットカードをそのまま仕事で使っている人も多いと思いますが、個人事業主向けのビジネスカードを個人カードと分けて利用することには大きなメリットがあります。

具体的には下記で説明しますが、まず結論を言っておくと、個人であれ事業主ならば仕事用のビジネスカードを1枚は必ず持っておきましょう。

下記では、個人事業主向けビジネスカードのメリットやお得な使い方、そしておすすめのクレジットカードのご紹介をしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

個人事業主・自営業者がビジネス用クレジットカードを持つメリット

そもそも自営業がビジネスカードを利用するのにはどんな意味があるのでしょうか?

まずはビジネスカードの利用目的や使い方・メリットについて解説します。

ビジネスカードは経費の決済に使う

クレジットカード

個人カードでは主に買い物をするために使いますが、ビジネスカードでは基本的に経費を決済するために使います。

経費とは、事業に必要な消耗品やオフィス用品の購入費、設備費用などのことです。この辺の説明はいらないでしょう。

経費決済と個人消費を別のクレジットカードで決済していれば、帳簿付けが劇的に簡単になります。ビジネスカードの決済口座を事業用口座にして、個人カードを個人名義の口座にするだけでいいのです。

それだけでまず、個人消費と経費の区分けが簡単になります。

※厳密に言うと一般的なクレジットカードには、「事業の経費に使ってはいけない」と規約で禁止しているカードも多いです。そのため、事業経費用にビジネスカードが必須なのです。

詳細個人クレジットカードで事業経費や法人経費を支払うのは規約違反?

経費管理のメリット

普段からビジネスカードを使っていれば経費管理が楽になります。まず支払日が統一されるので経費支払も同じ日に一括でできます。

また、現金で支払う場合には事業用口座からに現金引き出しといった手間がありますが、ビジネスカード決済ではその手間がありません。

ビジネスカードも家族カードのように追加カードを発行できるので、社用車や営業車の台数分追加カードを発行すれば車両別に経費を管理することもできます。

現金や売掛で購入していた経費をビジネスカード決済に代えるだけで、経費管理がシンプルになるのです。

クラウド会計との連携

freee

ここ数年で一気に主流になったクラウド会計ですが、自営業の方はすでに多くの方が導入していると思います。

クラウド会計はクレジットカードを連携することができ、一度カードを登録すれば、そのカードを使うたびに入出金の記録をクラウド会計が読み取り、クラウド上で常に帳簿を作ってくれるようになります。

つまり、クラウド会計に登録したビジネスカードを使っていれば、確定申告時に手作業で帳簿をまとめる手間がほぼほぼなくなるわけですね。

カードを使えばクラウド会計が全自動で計算しといてくれるので、経費に現金を使うのはあまりに効率が悪いですよね。

これからの個人事業主にはビジネスカードとクラウド会計は必須アイテムです。私が使っている「freee」はお試し無料で使うことができるので、まだ導入してない人はお早めに使い心地を試しておくと良いですよ。

公式サイト 無料から使えるクラウド会計「freee(フリー)」

経費節減のメリット

photo credit: New Wallet via photopin (license)

photo credit: New Wallet via photopin (license)

ビジネスカードでも、個人カード同様にポイントサービスや優待サービスを提供しています。これらを利用することで経費節減のメリットもあります。

例えば出張が多い個人事業主であれば、貯まったポイントをマイルに交換して無料航空チケットを獲得すると交通費の節約になります。

従業員を雇っているのであれば、追加カードで出張費用や交通費を決済すれば差に効率的です。

優待サービスは、従業員の福利厚生にも利用することができます。

ガソリン系のビジネスカードを活用すればガソリン代の節約にもなりますよね。

⇒社用車・営業車に必須!法人用ガソリンカードのおすすめを比較検討してみる

事業内容に合ったビジネスカードを活用すれば、使い方次第で経費の節減ができるメリットがあるのです。

後払いのメリット

クレジットカード

個人カードでも後払いにはメリットがありますが、経営者にとって後払いというのは大きな意味があります。

個人事業主に限らず事業経営では、支払いはなるべく後にして、売上は早く現金にするという原則があります。

そうしないと売上が現金化される前に仕入代金を支払うことになり、常に現金が不足した状態になります。この状態が悪化するといわゆる「資金ショート」となり、廃業倒産の一番の原因となります。

ビジネスカードで決済すれば少なくても経費は1~2ヶ月以上支払が猶予されます。現金払いに比べると支払に余裕があるので、手元に残る現金を増やすことができます。

ビジネス向け特典やサービス

スーツ

個人カードもビジネスカードも、提供されるサービスはほとんど変わりません。

ショッピング機能、キャッシング機能、ポイントサービス、優待サービス、海外旅行向けサービス等もビジネスカードで利用することができます。

ビジネスカードのグレードによってサービス内容が違いますが、個人カードで提供されるサービスはほとんど利用可能です。

しかし、ビジネスカードでは個人カードでは提供していないビジネス向けのサービスも提供しています。

後述で紹介しますが、例えばアメックスのビジネスカードでは「四半期管理レポート」「ビジネス情報調査代行サービス」「ビジネス・コンサルティング・サービス」といったビジネス向けのサービスがあります。

こうしたビジネスサービスが利用できるのもメリットのひとつですね。

スポンサーリンク

法人・ビジネスカードの審査基準について

ビジネスカードの審査は、個人カードと比べて審査基準は高いのでしょうか?

特に設立直後の法人や、開業直後の個人事業主にとっては審査を通過するかどうかも気になるところですよね。

提出資料で審査通過率を高める

個人事業主であれば、ビジネスカードの審査は個人カードの審査基準とほとんど変わりありません。基本的に返済能力とクレジットの利用歴がしっかりしていれば審査を通過します。

個人事業主の場合は、個人カードの勤務年数にあたる「事業年数」が長いほど事業の安定性があると判断できるので審査通過率は高くなります

ビジネスカードによっては申込時に確定申告書の写しが必要になりますが、赤字の場合でも必ず却下とはなりません。

一時的な赤字であれば、その前後の黒字の申告書も提出しましょう。経費が増えたことが原因の赤字と、売上減少による赤字とでは意味が違います。

クレジットカード会社になるべく多くの審査判断の材料を与える意味でも、求められていない資料をこちらから提出するのもひとつの方法です。

関連記事【自営業者へ】法人カードと個人カードの審査基準の違いとメリット4つ。

設立直後、独立開業直後の審査

個人事業主であれば、独立開業直後のビジネスカードは、ゴールドカードやステータスの高いカードでは審査通過は難しいでしょう。

しかし、独立・開業直後でも個人カードでの実績があれば審査は通過しやすくなります。特に、現在利用している個人カードと同じクレジットカード会社に申込した場合は有利です。

個人カードを持っていない場合でも、クレジットカード会社によってはビジネスカードを作ることができます。

そういったクレジット実績が全くない人は、信販系や流通系といった比較的審査基準が低いクレジットカード会社のビジネスカードから申込してみましょう。

参考記事【会社設立直後】初めての法人カードの作り方

スポンサーリンク

自営業・個人事業主におすすめのビジネスカード

JCB法人カード

JCB法人カード おすすめポイント
JCB法人カード

年会費初年度無料

ETC複数枚発行可能

じゃらんnetの宿泊施設が安価に

法人運賃で航空券をゲット!

年会費 1250円+税
カード利用限度額 公式サイト参照
付帯保険

海外旅行保険:最高3000万

国内旅行保険:最高3000万

海外ショッピング保険:最高100万

申し込みサイト JCB法人カード

定番の法人ビジネスカードと言えばJCBです。日本唯一の国際ブランドとしてまず信頼度が抜群ですよね。

基本的なスペックは通常のJCB一般カードと変わりません。かーどデザインもほぼ一緒ですが、よく見ると右上に「CORPORATE(コーポレイト)」の文字が入っています。

ビジネス向け特典として嬉しいのは、ETCカードが複数枚発行できることですね。従業員を雇っている法人であれば、その枚数分だけ無料発行できます。精算もまとめられるので効率が良い。

また出張時に嬉しいサービスとしては、法人専用運賃で航空券が取れたり、リクルートのじゃらんnetの掲載宿泊先に安価で泊まれるという点。どちらも出張コストの削減につながります。

また、ワンランク上のJCBゴールド法人カードでは、さらに特典が膨れ上がります。

▼JCBゴールド法人カードの主な特典▼

  • 旅行保険:海外1億、国内5000万
  • ショッピング保険:最高500万
  • 空港ラウンジサービス
  • グルメ優待サービス
  • ゴルフ予約サービス

年会費10000円(税別)。追加カードは3000円(税別)。

空港ラウンジサービスは定番ですが、地味に使えそうなのがゴルフ予約特典。
全国の有名ゴルフ場の予約をJCBデスクが代行してくれるサービスですが、ビジネスの付き合いでゴルフ接待の機会は少なくないので、そんな時に便利ですね。

一般法人カード、ゴールド法人ともに個人事業主でも問題なく作れますので、ビジネス用カードの最初の1枚にはピッタリです。

公式サイトJCB法人カード

「キャッシュバック型」のJCBビジネスプラスカード

JCBビジネスプラスカード おすすめポイント
JCBビジネスプラスカード

毎月の利用額に応じて1ヶ月最大15000円のキャッシュバックシステム

年会費初年度無料

ETC複数枚発行可能

年会費 1250円+税
カード利用限度額 公式サイト参照
付帯保険 海外ショッピング保険:最高100万
申し込みサイト JCB法人カード

JCB法人カードには、「ビジネスプラス」という種類もあります。こちらの特徴は、毎月のカード利用額に応じてキャッシュバックが受けられるという点です。

JCBビジネスプラスカード

キャッシュバックの仕組みが若干ややこしいのですが、まず一ヶ月間のカード利用総額に応じて「キャッシュバック率」が決まります。最低5万円の利用が条件で、キャッシュバック率は0.5%〜3%の範囲内です。

①月間利用額に応じてキャッシュバック率の決定(0.5〜3%)

そして、翌月の出張旅費・交通費分の合計金額にキャッシュバック率をかけた金額が実際にキャッシュバックされます。

出張旅費・交通費の分だけ率をかけてキャッシュバック

気をつけたいポイントは、キャッシュバックの対象となるのは出張旅費と交通費に限ること。
具体的には「ガソリン」、「JR券」、「高速料金」、「宿泊料金」、「航空券」、「タクシー」、「レンタカー」、「旅費」8つの項目に限定されています

備品などの経費は対象にならないので注意が必要ですね。また、1ヶ月のキャッシュバック額は最大15000円と上限が設定されています。

月1万円程度にしろ、キャッシュバックが得られるなら嬉しいですよね。年会費1250円+税は一瞬でもとが取れてしまいます。

ただし、ビジネスプラスはキャッシュバックが付く分、旅行保険が付帯しないので気をつけましょう。旅行の際にはちょっとマイナスになります。

その他の条件はJCB法人カードと同じなので、キャッシュバックを取るか旅行保険を取るかで、JCB法人カードかJCBビジネスプラスかを選んでみてください。

公式サイトJCB法人カード

アメックスビジネスカード

アメックスビジネスカード おすすめポイント
アメックスビジネスカード

四半期管理リポート送付サービス

福利厚生サービス「クラブオフ」

空港ラウンジ無料サービス

引越しや海外携帯レンタルが優待されるビジネスセービング

ETC最大5枚発行(1枚500円)

年会費 12000円+税
付帯保険

国内旅行保険:最高5000万

海外旅行保険:最高1億

ショッピングプロテクション

キャンセルプロテクション

リターンプロテクション

オンラインプロテクション

ビジネスカードでもステータス性を重視するなら、やはりアメックスです。特典力が強いですし、ステータス性が抜群なので使っていて「デキるビジネスマン」を演出することができます

ビジネス口座を作るメリットのひとつには、ステータスの高いカードを利用して事業への信頼性を高めることもあります。その意味でアメリカン・エキスプレスのビジネスカードが最もおすすめです。

さすがアメックスとあって一般クラスでも年会費12000円と高めなものの、旅行保険は最高1億の大台であったり、各種プロテクション(保険)も完備されるなどスペックは高いです。

さらにビジネスカード特典として、四半期(3ヶ月)ごとのカード利用状況をレポートにして送付してくれるサービスや、「クラブオフ」という福利厚生プログラムでレジャーやショッピング、ホテルやレストランなど様々なサービスが会員優待価格で受けられます。

クラブオフは多くの企業が使っている福利厚生プログラムなので、これはぜひ使いたい特典ですね。人間ドッグも受けられるので、自営業の人は健康診断受けておきましょうね。

また、アメックスは旅行関連の特典に強く、一般クラスのビジネスカードであっても国内主要空港のラウンジが無料で使えたり、手荷物配送サービスや旅行デスクなど多くの特典を贅沢に使えます。

出張などで飛行機をよく使うような人なら、アメックスビジネスカードはより一押しですね。

ちなみに、ビジネスカードの年会費は経費計上できるので見た目より負担は和らぎますよ。

>>アメリカンエキスプレス・ビジネスカード公式サイトはこちら

ステータスが欲しいならアメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドカード おすすめポイント

尋常ではない特典の数々
(※下記参照)

高いステータス性

年会費 31000円+税
付帯保険

国内旅行保険:最高5000万

海外旅行保険:最高1億

ショッピングプロテクション

キャンセルプロテクション

リターンプロテクション

オンラインプロテクション

年会費26000円出せるようなら、アメックスビジネスゴールドにしておきましょう。桁違いの特典と、より高いステータス性を保持できます。

アメックスビジネスゴールドの特典は一つずつ紹介するとキリがないので、まとめて以下に列挙してみると▼▼

【ビジネス向け特典】

  • 四半期管理レポート
  • ビジネスセービング
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員が無料
  • ヘルスケア無料電話相談
  • メンバーシップ・トラベル・サービス「ゴールド・デスク」

【旅行向け特典】

  • プライオリティパス無料(※スタンダード会員)
  • エアポート送迎サービス
  • 海外旅行保険(最大1億円)
  • 空港パーキング料金割引・ご優待
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • 海外用レンタル携帯電話ご優待
  • 無料ポーターサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • オーバーシーズ・アシスト
  • トラベル・サービス・オフィス

【ショッピング保険】

  • キャンセル・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション

【エンタメ系特典】

  • コットンクラブ
  • 京都観光ラウンジ
  • Ticket Access®
  • 新国立劇場
  • ゴールド・ワインクラブ

詳細はこちら アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード

などなどなど。これでも全てではありません。

1点注意が必要なのは、ビジネスゴールドにはプライオリティパス無料特典が付きますが、無料発行できるのは「スタンダード会員」のパスです。

世界中のラウンジが27ドルで使用できるようになりますが、無料利用できるプレステージ会員ではないので注意しましょう。

アメックスビジネスゴールドはそれなりの年会費がしますが、ご覧の通り、年会費の元を十分に取れるほど贅沢な特典やサービスが目白押しとなっています。

これだけの特典と共に高いステータス性も保持できるので、ちょっと格好良くビジネスカードを持ちたい人はアメックスビジネスゴールドを1枚持っておきましょう。

年会費31000円も経費で落とせばOKです。
ステータスをなるべく高めて事業の信頼性を作るなら、ゴールドにしておいて損はありません。

>> アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード公式サイトはこちら

 

もっと詳しく!
圧倒的ステータス!ビジネスカードはアメックスで信頼性をアピールせよ【法人/個人】

個人事業主、フリーランス、法人経営者など、自分で事業を営んでいる人は”ビジネス用のクレジットカード”を最低1枚は持っておいた方が良いでしょう。 一般的な個人用カードではなく、法人や自営業向けの「ビジネ ...

まとめ

個人事業主がビジネスカードを利用するメリットが十分に分かってもらえたかと思います。

ビジネスカードで経費を決済することにはメリットがたくさんあり、むしろカード決済しないことは大きな損をすることになります。

今までクレジットカードを利用していなかった個人事業主の方は、必ず1枚はビジネスカードを持っておきましょう。経費関連の作業や管理が劇的にラクになることは間違いありません。

おすすめ アメリカンエキスプレス・ビジネスカード

おすすめ アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-法人カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.