法人カード

圧倒的ステータス!ビジネスカードはアメックスで信頼性をアピールせよ【法人/個人】

更新日:

個人事業主、フリーランス、法人経営者など、自分で事業を営んでいる人は”ビジネス用のクレジットカード”を最低1枚は持っておいた方が良いでしょう。

一般的な個人用カードではなく、法人や自営業向けの「ビジネスカード(法人カード)」です。

そもそも個人用カードは規約で事業経費の利用が禁止されているケースもありますし、ビジネスカードは仕事向けの特典も豊富なので何かと役に立ちます。

色々なカード会社がビジネスカードを発行していますが、今回取り上げたいのは天下のアメックス

やはり仕事用のカードとあれば、多少はステータス性のある見栄えの良いカードを持ちたいところ。その点、アメックスはブランドイメージが確立されていて、どんなビジネスシーンで出しても恥ずかしくないですし、一般人レベルでも比較的持ちやすいのが良いところ。

この記事では、個人事業主や零細法人でも作りやすい

について、詳細をまとめていきます。

一般クラスならコレ!アメックスビジネスカード

アメックスビジネスカード おすすめポイント
アメックスビジネスカード

四半期管理リポート送付サービス

福利厚生サービス「クラブオフ」

空港ラウンジ無料サービス

引越しや海外携帯レンタルが優待されるビジネスセービング

ETC最大5枚発行(1枚500円)

年会費 12000円+税
付帯保険

国内旅行保険:最高5000万

海外旅行保険:最高1億

ショッピングプロテクション

キャンセルプロテクション

リターンプロテクション

オンラインプロテクション

公式サイト アメリカンエキスプレス・ビジネスカード

さすがアメックスとあって一般クラスでも年会費12000円と高めなものの、旅行保険は最高1億の大台であったり、各種プロテクション(保険)も完備されるなど基本スペックは高いです。

また、空港ラウンジ無料サービスや手荷物配送サービスも付いているので出張の多いビジネスマンの要望にもしっかり応えてくれます。

(ちなみに、ビジネスカードの年会費は経費にできますよ)

さて、ビジネスカードの本領はビジネス関連特典です。かなり多いのでざっと紹介しましょう。

四半期管理レポート

これは、四半期(3ヶ月)ごとのカード利用状況をレポートにして送付してくれるサービスです。

経費など仕事用の出費を全てアメックスビジネスカードにすることで、経費管理はわざわざエクセルなど使わずとも全てレポートにまとめて送付されてきます。

これだけで確定申告などの事務作業が劇的にラクになるのは間違いありません。

福利厚生サービス「クラブオフ」が無料登録!

クラブオフは福利厚生プログラムを提供するサービスですが、このVIP会員に無料登録が可能です。

VIP会員はスタンダード会員に比べ優待割引率が高く、毎月500円相当の独自ポイント(COAポイント)が自動付与されます。

また、クラブオフで予約宿泊をするとスタンダード会員の2倍ポイントが付きます(200~1,000ポイント)。さらに年間1万ポイントに達すると特典もあり(1万ポイント未満は無効)。

有効期限は1年と短いですが、年に数回予約・宿泊するだけで1万ポイントが貯まるので、福利厚生と経費節約のメリットがありますよ。

さらに、追加カードを持っている社員も利用することができるのでお得です。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料

G-Search(ジー・サーチ)は、「帝国データバンク企業情報」や「東京商工リサーチ企業情報」等のデータをオンラインで入手できるサービスです。

登録費用や会費は無料で、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報までリサーチすすることができます。

新規取引の事前調査などにも利用できる優れたサービスですね。

ビジネスコンサルティングサービス

中小企業経営者や個人事業主に経営コンサルタントを紹介するサービスです。窓口で相談もできるほか、経営セミナーなどの優待利用も可能になります。

そのほかのビジネス特典

こんな特典まで……

  • ビジネス・セービング
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料

などなど、年会費12000円の中にこれだけの特典やサービスが詰まっています。

アメックスというとステータス性が高く金持ち御用達カードのイメージが強いですが、実はアメックスは国内の銀行系カード(三井住友やJCBなど)より個人事業主や零細法人に対して優しく、むしろ審査ハードルはそこまで高くないのが実情です。

(アメックスは外資なので、日本の銀行系カードとは審査基準が違うのです)

なので、初めてのビジネスカードにもアメックスを選ぶ人は多いですね。

ステータスが欲しいならアメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドカード おすすめポイント

尋常ではない特典の数々
(※下記参照)

高いステータス性

年会費 31000円+税
付帯保険

国内旅行保険:最高5000万

海外旅行保険:最高1億

ショッピングプロテクション

キャンセルプロテクション

リターンプロテクション

オンラインプロテクション

公式サイト アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード

年会費26000円出せるようなら、アメックスビジネスゴールドにすると「格」が変わってきます。桁違いの特典と、より高いステータス性を保持できます。

アメックスビジネスゴールドの特典は全て紹介しきれないほど多いので、まずザッとまとめて以下に列挙してみます⬇︎

メビジネス向け特典

  • 四半期管理レポート
  • ビジネスセービング
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員が無料
  • ヘルスケア無料電話相談
  • メンバーシップ・トラベル・サービス「ゴールド・デスク」

旅行関連特典

  • プライオリティパス無料(※スタンダード会員
  • エアポート送迎サービス
  • 海外旅行保険(最大1億円)
  • 空港パーキング料金割引・ご優待
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • 海外用レンタル携帯電話ご優待
  • 無料ポーターサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • オーバーシーズ・アシスト
  • トラベル・サービス・オフィス

ショッピング保険

  • キャンセル・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション

レジャーグルメ系特典

  • コットンクラブ
  • 京都観光ラウンジ
  • Ticket Access®
  • 新国立劇場
  • ゴールド・ワインクラブ

使いこなす方が難しいほど多くの特典が付いていますね。

プライオリティ・パスは「スタンダード会員」が無料

プライオリティパスは、世界中の空港ラウンジを利用できる会員パスです。

会員クラスには4階級ありますが、アメックスビジネスゴールドが無料発行できるのは「スタンダード会員」のパスです。

スタンダード会員パスを持っていると、世界中のラウンジが27ドルで使用できるようになります。”無料”で利用できる最上級のプレステージ会員ではないことは注意しましょう。

取引先にも信頼性をアピールできるステータス

アメックスビジネスゴールドは、その特典力もさることながら、やはり一番の目当てはそのブランド力=ステータス性です。

ビジネスシーンでの会食などでサラッと出しても様になりますし、取引先で見せても信頼性をアピールできるカードです。一言で言えば「デキるビジネスマンを演出できるカード」という点ですね。

正直、この1点だけでアメックスビジネスゴールドカードは、数あるビジネスカードの中でも不動の人気を誇っているとすら言えるかもしれません。

アメックスビジネスカードの使い方

ビジネスカードを使うの初めての人は、使い方についてもチェックしておきましょう。

経費管理を簡単にする

ビジネスカードのメリットは何と言っても、経費をカード決済することで経費管理を楽にできることです。

個人カードでも公共料金などをカード決済すると返済日が統一されて家計管理が楽になりますよね。それと同じ効果がビジネスカードにもあります。

経費を現金で購入すると会社組織では社員が立て替え払いするか、小払いで先に現金を経理処理する作業があります。また購入後の精算処理もあり面倒だったり。。

時間も労働コストもかかるので生産性が著しく悪い例ですね。

カード決済はこうした処理が不要になるので、経理処理の手間が大幅に省けます。

追加カードできめ細かい経費管理

ビジネスカードも、個人カードと同じように追加カード発行ができます。これはETCカードだけでなく、社員に発行できる追加カードもあります。

この追加カードを活用して、社用車や営業車の運転者の数だけ追加カードを発行すると、車両単位で経費管理ができて便利ですよ。

ガソリン代や修理費などを追加カードで決済することで、車両ごとに経費管理ができるので、経費が高くつく車両もすぐに分かります。これを台替えの目安にすれば効率的ですよね。

追加カードの年会費

ポイントやマイルで経費節約

ビジネスカードもポイントが付き、マイレージに移行することもできます。

例えばアメックス・ビジネスゴールドカードでも100円で1ポイント貯まり、2,000ポイントを1,000マイルに移行できます。

出張で航空機を利用するときにカード決済をすればポイントが貯まり、マイル移行すれば出張費の節約につながります。

マイル以外にもポイントの交換方法はいろいろあるので、他の節約方法も考えてみましょう。

まとめ

アメックスはステータス性がありながら、日本の銀行系カードより断然、個人事業主や零細経営者に優しいと評判です。三井住友VISAやJCBの方が審査には厳しい印象ですね。

懸念点としては年会費の高さですが、ビジネスカードなら経費にできるので負担も多少は軽くなります。何より特典だけでもフル活用すれば年会費以上の価値は100%ありますからね。

『ビジネスカードはアメックス』

かなりサマになるのでおすすめです。




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-法人カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.