海外・旅行向けカード

旅行専用カードに最適すぎる!アメックス・スカイトラベラーカードの魅力

更新日:

アメックスはステータス性が高いブランドで、かつ旅行業者との提携が多いためにビジネスパーソンに人気ですよね。

そんな旅行特典に強いアメックス系カードの中でも、”旅行専用カード”として持っておいて良いほどフライトに特化しているのが『アメックス・スカイトラベラーカード』です。

対象航空会社の旅行券や旅行商品でポイントが3倍貯まるほか、貯めたポイントは全15社の提携航空会社のマイルに交換することができます。

フライトの多い人ほどザクザクとマイルを荒稼ぎすることができるでしょう。

ただ1点!
ANAマイルを専門に貯めたい人は、ANA × AMEXの提携カード『 ANAアメックスカード 』の方がおすすめです。ANAマイラーの人は下記記事を参考に。

アメックス・スカイトラベラーは、ANA以外のマイルも貯めたい人に嬉しいカード。ちなみにワンランク上の『アメックス・スカイトラベラー・プレミアカード』もあります。

どちらも紹介するので、旅行専用カードを持ちたい人は要チェックです。

 

アメックス・スカイトラベラーカードの基本スペックと旅行サービス

基本スペック

  • 【年会費】10000円+税(追加カード5000円+税)
  • 【ポイント】100円=1P(無期限)
  • 【ポイントボーナス】対象会社の航空券、旅行商品購入でポイント3倍
  • 【マイル移行】全15社のマイルに1000P=1000マイルで移行可能
  • 【旅行保険】海外最高3000万円/国内最高2000万円
  • 【各種特典】
    →空港ラウンジ無料サービス
    →航空便遅延費用補償
    →手荷物無料配送サービス
    →海外渡航先での日本語サポート
    →カード入会時などにボーナスポイントあり
    (入会3000P/初フライト5000P/カード継続1000P)

基本スペックだけ見ても、一般カードながら、カードの「格」は他のゴールドカード級であることがわかりますね。各種特典もさすが、旅行関連サービスに特化しています。

中でも押さえておきたいポイントをチェックしましょう。

ポイント還元率はマイル移行で実質3%近い?

基本的なポイント還元は、100円利用ごとに1ポイントです。還元率1%なので、このままだと普通ですね。

ただ、ANAやJALを含む対象業者の航空券や旅行商品をカードで購入すれば、一気にポイント3倍になります。

対象航空会社

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

※旅行代理店の商品も

日本旅行、アップルワールド

つまり、フライトや旅行専用カードとして使えば常にポイント3%還元という超高還元率カードになります。

 

さらに、貯めたポイントは対象全15社のマイルに1000P=1000マイルで交換が可能です。

15の提携航空会社

  • アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  • ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
  • ANA 「ANAマイレージクラブ」
  • エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
  • エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
  • シンガポール航空 「クリスフライヤー」
  • スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
  • タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
  • チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
  • デルタ航空 「スカイマイル」
  • フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」

1マイル=約3円相当と換算すれば、1000P=1000マイル(=3000円相当)となり、1ポイントの価値は3円相当になります。

マイルベースで考えれば、ポイント還元率は通常でも3%(100円利用で1P=3円相当)。さらに対象航空券や旅行商品の購入では3倍になるので、ポイント還元率9%相当という驚異の数字になります。

なるほど。通りでマイルがガツガツ貯まるわけですね。

ただし一つ注意点があります。

貯めたポイントをマイルへ交換するには、年間5000円かかるポイント移行サービスへの参加が必要になります。

とはいえ、マイルを貯めまくるにはポイント移行サービスは必須です。年間5000円と、ポイント還元率最大9%相当の恩恵とどちらが大きいかは、各々考える必要があるでしょう。

※後述するワンランク上の『アメックス・スカイトラベラー・プレミアカード』では、ポイント移行サービスへの参加費なしで、標準でポイント→マイル交換が可能です。

一般カードでのポイント移行サービス費(年間5000円)を払うなら、思い切ってプレミアにするのも一つの選択肢ですね。

空港ラウンジ無料サービス

残念ながらプライオリティ・パスは無料で登録できませんが、国内28空港39ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できます。

ラウンジサービスは各所で異なってきますが、リラックススペースにネット環境、新聞雑誌、無料ドリンクや軽食サービスなどは基本付いています。

ラウンジごとの特徴もあるので、旅行の際は「ラウンジ巡り」を一つの楽しみにしてみましょう。カード会員本だけでなく同伴者1名も無料になるので、友人や恋人も連れて入ることができますよ。

空港ラウンジを利用できる国内空港

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 羽田空港 成田国際空港

新潟空港 富山空港 中部国際空港 小松空港 大阪国際空港(伊丹空港)

関西国際空港 神戸空港 岡山空港 広島空港 米子空港 山口宇部空港

高松空港 松山空港 徳島空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 大分空港

熊本空港 鹿児島空港 那覇空港

※また海外でもハワイホノルル国際空港と韓国仁川国際空港の空港ラウンジも利用可能。

旅行傷害保険

一般カードでは最高3000万円の海外旅行保険。国内旅行では最高2000万円になります。

保険は「利用付帯」となるので、旅行代金や交通費など一部でもカード払いする必要があります。ただスカイトラベラーカードは航空券などでポイント3倍なので、ここでカードを使わない人はいないでしょう。

また、家族カード会員にもほぼ同額の補償が付き、本カード会員と家族カード会員の家族にも、補償額は減額されますが、旅行傷害保険が適用になります。

家族で海外旅行に行く時にはみんなに保険適用できるので非常に便利ですよ。

⇒提携カードでも使える!海外旅行でお得なアメックス特典サービスの使い方

手荷物宅配サービス(空港)

このサービスはリニューアルになります。

すでに提供していたサービスですが、成田国際空港/中部国際空港/関西国際空港の他に、羽田空港も追加となっています。

また、出発→対象空港だけだった手荷物宅配が、帰国時にも対象空港→自宅に無料宅配してもらえます。

ただし、カード会員1名に付きスーツケース1個の宅配となるので注意しましょう。

国内航空機遅延費用

付帯保険として唯一サービス追加となったのが、国内航空機遅延費用の補償サービスです。

補償内容は次のとおりです。

【乗継遅延費用】1回の到着便の遅延について最高20,000円の宿泊料金や食事代を補償。

【出航遅延、欠航、搭乗不能費用】1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について最高20,000円の食事代を補償。

【受託手荷物遅延】1回の受託手荷物の遅延について最高20,000円の衣類や生活必需品の購入費用補償。

【受託手荷物紛失】1回の受託手荷物の紛失について最高40,000円の負担した衣類や生活必需品の購入費用補償。

また国内便が対象なので、保証を受ける可能性が高い点も大きなメリットですね。出張の多いビジネスパーソンなんかは非常に嬉しいのではないでしょうか。

ボーナスポイントのプレゼントあり!

トラベルカードでは欠かせないボーナスポイントもしっかりあります。

スカイトラベラーカードのボーナスポイントは下記3種類。

  • カード入会で:3000P
  • 最初のフライトで:5000P
  • カード継続(更新)で:1000P

前述の通り、ポイントは1000P=1000マイルに交換も可能なので、そのままボーナスマイルにすることもできますよ。

カード入会ボーナスなどは時期によって増減したりするので、必ず公式サイトを確認しておきましょう。

 

”プレミアカード”になると、どれだけ「格」が上がる?

さらにワンランク上の『アメックス・スカイトラベラー・プレミアカード』になると、どれだけゴージャスになるのでしょうか。

まずは基本スペックから⬇︎

基本スペック

  • 【年会費】35000円+税(追加カード17500円+税)
  • 【ポイント】100円=1P(無期限)
  • 【ポイントボーナス】対象会社の航空券、旅行商品購入でポイント5倍
  • 【マイル移行】全15社のマイルに1000P=1000マイルで移行可能
  • 【旅行保険】海外最高5000万円/国内最高5000万円
  • 【各種特典】
    →空港ラウンジ無料サービス
    →航空便遅延費用補償
    →手荷物無料配送サービス
    →海外渡航先での日本語サポート
    →カード入会時などにボーナスポイントあり
    (入会5000P/初フライト10000P/カード継続5000P

※ポイントをマイル交換するための「ポイント移行サービス(年間5000円)」が不要に。

赤字の部分が、主に一般カードからグレードアップしている部分です。

とくに跳ね上がるのが年会費。
年会費35000円というと、 アメリカンエキスプレス・ゴールドカード より高い水準になりますね。ゴールドカードの中でも高い方でしょう。

跳ね上がった年会費に比較して他がどれだけグレードアップしたかというと、

  • 航空券や旅行商品でポイント倍率が5倍に
  • 旅行保険が最高5000万に
  • ボーナスポイントのアップ
  • ポイントをマイルに交換するための「ポイント移行(年間5000円)」が不要

といった4点ですね。

言うまでもなく、フライト回数が多い人ほどプレミアの恩恵が大きく、逆にフライトが少ない人や基本陸マイラーの人にとっては恩恵が少ないです。というか年会費の元を取るのも難しい。

航空券と旅行商品でポイント5%をザクザク貯められる人なら、プレミアカードにする価値は十分にあるでしょう。一般カードなら別出費になるポイント移行サービス(年間5000円)の参加も不要です。

ステータス性はもちろん、文句なしです。




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-海外・旅行向けカード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.