基礎知識・審査

クレジットカードのキャッシング枠とは?カードローンと違いを解説

更新日:

Pexels / Pixabay

クレジットカードは二つの機能があり、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

ショッピング枠は通常の買い物の決済で使うので誰もが利用していますが、キャッシング枠については馴染みがなく「そもそも何なのか?」よく分かっていない人も多いと思います。

またキャッシングを利用している人でも、金利や詳細についてはよく分からないまま使っている人もいるでしょう。

実はこのキャッシング、有事の際は簡単に現金を引き出すことができて便利なのですが、使いすぎるとあとで怖い目にあいます

今回はこの「キャッシング枠」というのはどういう機能なのか? また同じような機能であるカードローンとはどういう違いがあるのか、キャッシングの注意点について具体的に説明していきます。

クレジットカードを持っている人なら誰もが知っておいた方がいい知識です。

スポンサーリンク

クレジットカードのキャッシング機能とは?

キャッシング枠の詳細とは

キャッシング機能とは簡単にいうと、クレジットカード会社から現金で借金をすることです。クレジットカードで保証人も担保もいらず、簡単に現金を引き出すことができます。

この手軽さから気軽に利用する方が多いですが、金利を考えるとサラリーマン金融からお金を借りることと大差はありません。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が設けられていますが、それぞれが限度額まで利用できるわけではなく、両方あわせてショッピング枠の上限までしか利用することが出来ません。

例えばショッピング枠100万円/キャッシング枠が40万円だった場合、キャッシング枠を40万円利用した場合、ショッピング枠は差し引き60万円しか利用することが出来なくなります。

また、このキャッシング枠は申込時に金額を決めることが可能であり、キャッシング枠があると使っちゃいそうで不安な人はゼロにすることもできます。

ちなみに、キャッシング枠をゼロにするとクレジットカード審査に通りやすくなるので、不要な方はゼロしてしまって問題ありません。

ショッピング枠とは何が違うの?

ショッピング枠もキャッシング枠も、一見すれば「カード会社から前借り(借金)」をするという意味で同じように思えますが、中身は全く別物です。

ショッピング枠(普段のカード利用ですね)を利用した場合には一般的に以下の特典があります。

  • 利用分の0.5%~1%程度のポイント還元が受けられる
  • クレジットヒストリーが積み重ねられていく
  • 特定店舗では割引が利くことがある

ショッピング枠にはこれだけのメリットがありながら、キャッシング枠はどうかというと、

  • ポイントや割引など特典は基本ゼロ
  • むしろ利息が付く

というデメリットが目立ちます。
なので、どうしてもキャッシングでなければいけない理由(どうしても現金が必要など)がない場合は、極力ショッピング枠を使うようにしましょう。

総量規制に引っかかる可能性があるので借入総額に注意しよう。

お金を借りる時、銀行以外からの借り入れで年収3分の1以上借りることが出来ない「総量規制」と呼ばれる規制があります。

この規制は、クレジットカードのキャッシングにも適用されます

キャッシングの枠を設定するだけでは適用されず、実際にキャッシングを利用した場合に適用されるので、キャッシング枠の総額が大きくなりすぎたからといって利用できなくなるということはありません。

銀行系のクレジットカードの場合は、この総量規制などから外れることもあります。

また銀行系カードではなくとも、流通系カードであるイオンカードもイオン銀行が発行元となっていますので総量規制対象外です。

スポンサーリンク

キャッシング枠はどうやって利用する?キャッシングの利用方法について

お金の引き出し方とは

お金の引き出し方は簡単です。
カード会社と提携しているATM・CDを利用し、「引き出す」を選択してクレジットカードを入れるだけです。

銀行預金からお金を引き出すのとほぼ同じ手続きでできますので、ついつい多く引き出してしまいがちですが、あくまで借金であることを忘れないようにしましょう。

またもう一つ、ネットキャッシングという方法があります。
これは、カード会社が指定した銀行口座に振り込んでくれるキャッシング方法です。

一般的に24時間インターネットから申込することができますので、携帯代金や公共料金などの引き落とし日にお金の準備ができない!というときなんかに使えますね。

キャッシングの返済の仕方は?

キャッシングで借りたお金は、翌月のショッピング枠で利用した代金とともに銀行口座から引き落としされます。

このときに引き落とされる金額は【元金+利息】です。ですので、借りる時期というのは非常に重要になってきます。

例えば 楽天カード の場合は、カード利用締め日が月末で請求日が翌27日となっています。

つまりキャッシングを月末の30日に利用したと仮定したら、来月請求日までの27日分の金利がかかってきますが、キャッシングの利用を月初めの1日にしたと仮定したら、今月分30日と来月請求日の27日までの金利つまり57日分の金利がかかってきます。

キャッシングを利用する時は、そのカードの締め日も注意することが必要です。

また給料が入って支払う余裕ができたけれども、請求日まで大分日にちがあるという場合は繰り上げ償還を行いましょう。

多くのクレジットカード会社がこの繰り上げ返済に対応していますが、一部対応していないところもありますので、事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

実はかなり高め?キャッシング枠の金利について

キャッシング枠の金利についてですが、多くのクレジットカードが法律で定められている上限金利そのままかかってきます。

具体的には

  • 10万円未満 :年利20%
  • 10万円以上100万円未満 :年利18%
  • 100万円以上 :年利15%

となっています。

これはどのクレジットカードもほぼ同じ水準です。

  • A社 金利15~18%
  • B社 金利18%
  • C社 金利12~18%

という表記をよく見かけるかと思いますが、これは金利がC社の方が低いということではなく、借入限度額がC社の方が高いということになります。

つまり下記のような形になるということです。

  • A社 借入限度額 10~80万円
  • B社 借入限度額 10~200万円
  • C社 借入限度額 10~300万円

となっており、表記は違っても金利自体はどこも一緒です。例えば50万円程度の借り入れの場合はほぼどのカードも18%の金利がかかってきます。

結論をいうと、どのクレジットカードでもキャッシング機能を利用する分にはほとんど変わりありませんので、キャッシングのために新たなカードを作るなどの必要はありません。

キャッシング枠とカードローンとの違いは?

キャッシング機能と同じように、カードで現金を引き出すことが出来るカードローンですが、引き出し方や返済方法などはほぼ変わりありません。

しかしながら、金利や返済方法については変わってきます。

カードローンの場合は金利が安いですが、返済方法は分割払いが基本で、借り入れ金額的にも少額な場合が多いです。

キャッシングの場合は金利が高いですが、返済方法は一括払いが基本で、借り入れ金額的には高額なものが多いです。

キャッシング枠 カードローン
金利 高い 安い
返済方法 一括払いが基本 分割払いが基本
借り入れ金額 高額が多い 少額が多い

例えば「来月ボーナスでまとまったお金が入るけど、どうしても今月お金がない」という一時的な急場をしのぎたい場合は、クレジットカードのキャッシングをおすすめします。

また「誕生日にブランド物のバッグが欲しい、毎月3万円ずつ支払って買いたい」という時はカードローンをおすすめします。

カードローンはクレジットカードのキャッシングとは違い、カード会社によって金利が大きく変わってきますので、金利をよく吟味して利用しましょう。

特に銀行系カードローンは総量規制の対象外でさらに金利も安めに設定されていることが多いのでおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

以上がクレジットカードのキャッシングについての説明とカードローンの違い、状況別のおススメ方法についてです。

クレジットカードのキャッシングは簡単に利用できる反面、金利が非常に高いので、何度も借りる可能性がある場合は利用しない方が良いでしょう。

何度も借りる可能性がある場合はキャッシングよりも金利が低めに設定されているカードローンをおすすめします。

しかしながら、どちらも借金であることは変わりなく、簡単に利用できるからといって大きく借り過ぎることはないように気を付けましょう。

リボ払いが原因でクレジットカード破産。強制解約後の支払い・対応はどうなる?

一説には、クレジットカードで破産する人のほとんどがリボ払いが原因という話があります。 貸金業法や割賦販売法が改正となってからは、キャッシングや分割払いの利用を規制しているので、以前ほど多重債務に陥る危 ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-基礎知識・審査

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.