クレカコラム

債務整理後でも作れるクレジットカードはある?申し込み前に必要なこと

更新日:

一般的に、任意整理や自己破産などの債務整理を行うと信用情報に傷がつき、以後5年から10年の間はクレジットカードを作ることが出来ないと言われています。

しかし、これはあくまでカード会社各社の判断によるもの。「債務整理後一定の期間は、新たにカードの発行を行ってはいけない」と法律で規制されているわけではありません。

慣習的に、多くのカード(会社)では信用情報の傷を嫌って審査否決となってしまいますが、その一方、大多数とは異なった独自の審査基準を持っていることにより、カードを発行する会社も一部に存在します。

そこで今回は、債務整理によって基本的にカードが作れなくなってしまう理由と、それでも発行される可能性があるカードあるという点について解説していきます。

スポンサーリンク




債務整理をするとクレジットカードは作れない?

photo credit: frankieleon won't hurt you no more via photopin (license)

借金の返済やカードの支払いが出来なくなり、債務整理をすることになると、まず個人信用情報に債務整理を行っている旨が登録されます。

これが一般に「ブラックリスト」と呼ばれる情報で、債務整理に関する記録は原則5年間(自己破産の場合は10年)登録され続けたままとなります。

クレジットカードやカードローンの申し込みをする時、金融機関はこの信用情報を参照するため、過去に債務整理を行った人はすぐにわかってしまいます。また多くのカード会社は今まで返済・支払いが滞ったことのある人と取引をしたがらないため、たとえ申し込んだとしても審査で弾かれてしまうことが非常に多いのです。

そのため、一度債務整理を行ったら信用情報からその記録が消えるまでの5〜10年間は新規のカード発行やローンの申込みが出来ないと見なされています。ネット上ではよく「喪中」と表現されていることでも有名ですよね。

5〜10年は長い期間ですよね。
この間、本当に全てのクレジットカードへ申し込んでも無駄なのでしょうか?

債務整理後でも作れる可能性のあるクレジットカードはある

希望を捨ててはいけません。

たとえ債務整理を行ったとしても、ちゃんと整理が完了(つまり任意整理の場合は完済、自己破産の場合は免責が終了)していれば、一部の会社でクレジットカードを発行してもらえる可能性はあります

確かに、債務整理を行った事実は5〜10年間消えません。しかし同時に、信用情報はあくまでクレジットカード会社を始めとする金融機関が審査で使う「参考情報」に過ぎないことも事実です。

「債務整理を行った人にカードを発行してはいけない」といった決まりごとはどこにもないのです。

もちろん多くの金融機関では慎重な審査を行っているため、審査落ちになってしまうところがほとんどです。こればかりは仕方ありません。

ただ、カード会社も全社が一律の審査基準なわけではなく、中には「過去の履歴」よりも「現在のスペック(収入など)」を重視して発行審査をする会社もあります。

「このカードなら100%作れるよ」などとは言えないので固有のカードを紹介するわけにはいきませんが、可能性があるとすれば「年会費無料の一般カード」が妥当です。一番庶民的でフリーターなど信用度の低い属性にも比較的発行している流通量も多いカードです。

もっと言うと、年会費無料の”流通・ショッピング系カード”でしょうか。流通系というのは、デパートや通販などショッピング系の会社のクレジットカードですね。

一方で、可能性が限りなく低いのは銀行系カード(三井住友やJCB)や、各種ゴールドカード以上のハイグレードカードです。これらは審査も固いので避けた方がいいでしょう。

いずれにせよ、検討するならクレカ初心者向けのカードですね。候補となるのは下記記事あたりでまとめているカード群になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

【年齢18歳〜】クレジットカード初めて持つなら選びたいおすすめ5枚!

この記事では、「初めてクレジットカードを作りたい」というカード初心者におすすめのクレジットカード厳選5枚を紹介していきます。 クレジットカードは一般的に18歳以上(高校生除く)から作れるので、作成可能 ...

続きを見る

スポンサーリンク




債務整理後にこれらクレジットカードを発行するために必要なこと

TheDigitalWay / Pixabay

まずは債務整理を完了させる

現在債務整理を進めている最中なら、まず第一に必要なのは整理を完了させることです。

たとえ先に挙げた3社であっても、弁護士と交渉中の場合や利息を割り引いた後の債務を支払っている最中の人までは対象に含んでいません。

クレジットカードの発行対象となるのはあくまで、片付けるものを片付け、元通りの生活を取り戻した人です。

そのため、債務整理そのものは速やかに完了させましょう。

最短でも半年から1年ほどの時間がかかることがネックですが、信用情報が綺麗になるまで待ち続ける「喪明け待ち」の5年間に比べたら十分短いのですから。

その他の属性をきちんと磨く

債務整理を行った事実はごまかすことが出来ません。だからこそ代わりに、他の属性をきちんと磨き上げることが大切です。

具体的には、十分な年収を稼ぎ、余裕があれば固定電話を敷く。居住年数や勤続年数を地道に積み上げることが有効です。

そして何より、これ以上延滞や返済遅延を起こさないことを徹底しましょう。

直近で延滞や遅延がある人にカードを発行したいと思う会社はありません。現在の収支状況を重視しているカード会社に申し込みをするからこそ、直近の返済状況は細心の注意を払うことが必要なのです。

まとめ

債務整理をためらう理由として、クレジットカードが作れなくなることを理由にあげる人は少なくありません。

ネットショッピングや月額料金の支払いなどでクレジットカードを使う機会は思いのほか多く、その際カードが使えない不便を考えると……ためらってしまうことも頷けます。

しかし「債務整理した者にカードを発行してはいけない」という決まりはなく、カード会社によって判断は分かれます。必然的に、カード発行数の多い庶民派向けのカードであれば希望はあります。

もちろん債務整理の有無だけではなく他の属性も精査されるため、だれでも発行されるわけではありませんけどね。

しかし、片付けるものを片付けた後には、早いうちにまた再びカードを持てる可能性があるという事実は、今現在債務整理をしようか悩んでいる方や、早期完済を目指して返済に励んでいる方には最高の朗報とも言えるでしょう。

最後に繰り返しますが、申し込みを検討するなら下記でまとめているようなクレカ初心者向けのカードにしておきましょう。高望みしてカッコいいカードに申し込んで審査落ちのキズを作るのは逆効果なので。

【年齢18歳〜】クレジットカード初めて持つなら選びたいおすすめ5枚!

この記事では、「初めてクレジットカードを作りたい」というカード初心者におすすめのクレジットカード厳選5枚を紹介していきます。 クレジットカードは一般的に18歳以上(高校生除く)から作れるので、作成可能 ...

続きを見る







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-クレカコラム

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.