クレカコラム

クレヒスのないスーパーホワイトはクレジットカード審査に通らない?【スーパーホワイトでも作れるクレジットカードとは】

更新日:

よく「ブラックはクレジットカード審査を通らない」という表現を見ることがありますよね。

「ブラック」という言葉はクレジットカード業界では実際には使われていませんが、世間的には過去に未払いがあったり、強制執行や自己破産の記録があるなどクレジット事故があった人をブラックと表現しています。

そしてブラックの反対と言えばホワイト。支払い遅延のない正常支払いをしている場合をホワイトと表現することがあります。

さらには「スーパーホワイト」という表現も見かけるようになりました。誰が考えたのかはわかりませんが、「何も記録がない」という意味で使われています。

ブラックやホワイトはつまり、個人信用情報機関の情報ではネガ情報とポジ情報(後に詳しく)に相当します。「スーパーホワイト」はそのどちらでもなく、情報の記録すらないという状態。

クレジットカード審査の判断材料である信用情報がないというスーパーホワイトは、果たして審査に通らないのでしょうか?

今回は、クレジットカード審査とスーパーホワイトの関係性について掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク




スーパーホワイトの意味とクレジットカード審査での立ち位置

スーパーホワイトの定義

まず基本的なこととして、クレジットカードの利用履歴というのは全て個人信用情報機関(クレジット系ならCICというところ)にデータとして記録されます。

しっかり返済している記録を「ポジ情報(ポジティブ)」、延滞や自己破産など事故を起こした記録を「ネガ情報(ネガティブ)」なんて大別したりします。

メモ

  • ポジ情報:正常に支払いが完了した契約情報
  • ネガ情報:3か月以上延滞した記録、自己破産や強制執行の記録

通常、ネガ情報やポジ情報は、個人信用情報機関では5年間データ保存されています。これは反対に考えると、5年経過すればデータはすべてリセット(消去)されるということです。

毎月の支払い状況は12ヶ月間記録されるので、短期の支払い遅延であれば1年もすればデータは消えます。5年残るのは一定以上の大きな事故を起こした場合。

つまり、5年以上クレジットや融資の利用が1回もなければ、個人信用情報機関の情報が一切残っていないという状態になりますよね。

これが、「スーパーホワイト」という状態です。

スーパーホワイトの過去データはクレジットカード会社に保存されているケースがある

クレジットカード審査では、このスーパーホワイトに対しては二通りの捉え方があります。

  1. 本当に今まで全くクレジットを利用したことがないスーパーホワイト
  2. 過去にネガ情報やポジ情報があったが、5年以上経過して記録がすべて消えてしまったスーパーホワイト

という二つのケースです。

個人信用情報機関に記録がない以上、この二つは一見して区別がつかないことになります。

しかし、一つだけ区別ができる可能性があります。個人信用情報機関の情報は5年で消えても、カード会社の自社のデータは5年以上保存されているからです。

法律上、帳簿類の保管期間が定められていますが、「取引に関する帳簿」は7年となっています。クレジットカード会員の利用歴はこの帳簿に該当するので、取引完了から少なくとも7年は保管義務があるのです。

そのため、CIC(個人情報機関)にデータが何も残っていなくとも、クレジットカード会社ではカード会員のデータを10年程度は保管されています

このデータが残っていれば、少なくても過去にカード利用があったことが確認できるので、その時の支払い状況から(審査時の)判断材料を取ってくることができます。

なので、5年程度の利用履歴がないからといって必ずしもスーパーホワイト(データが一切ない情報)になるわけではなく、カード会社に過去データが残っていればカード審査も正常にすることが可能になります。

 

スーパーホワイトはクレジットカード審査では有利か不利か?

審判 審査

個人情報機関にもカード会社のデータにも記録がない場合、スーパーホワイトはプラス材料・マイナス材料のどちらにもなる可能性があります。

スーパーホワイトがカード審査にプラスになるケース

まず、スーパーホワイトというだけで即審査却下ということは基本ありません。クレジットカード会社にとっては、全く利用歴がないスーパーホワイトはこれから有料カード会員(優良な顧客)になってくれる可能性があるからです。

例えば大学生や新社会人など、初めてクレジットカードを作る人はみなスーパーホワイトと同義ですが、カード会社はそうした「将来の優良顧客」を青田買いしたいもの。

仮に新社会人で1枚もクレジットカードを作ったことがないスーパーホワイトは、カード会社にしたら「初めてのカードとして作らせれば、この人のカード支払いを今後独占できる」わけで、是が非でも発行したい理由ができます。

要するにカード会社の立場からすれば、スーパーホワイトであることが問題ではなく、あくまでも現在収入が安定していて支払い能力があるかどうかが重要なのです。

クレジットヒストリーがない状態で返済能力を判断するには、年収や勤務先内容、勤務年数などから判断することになります。同じスーパーホワイトでも、だれが見ても返済能力がしっかりしていれば(スーパーホワイトだからという理由で)却下されることはありません。

同じ勤務先に長く勤めていて一定の年収があれば、スーパーホワイトであることは気にする必要はないでしょう。

高齢のスーパーホワイトだとカード審査にマイナスになる可能性も?

スーパーホワイトが審査のマイナス材料になることがあり得るとすれば、本人がある程度の「中年〜高齢」だった場合が考えられます。

具体的に何歳から……というのは難しいですが、「いい大人」なのにクレジットカード利用歴が一切ないとなると、カード会社からすると「この人は何か(カードを使ってこなかった事情)あるのでは?」と勘ぐるのは不自然なことではありません。

こればかりはカード会社によっても判断が違いますので一概になんとも言えませんが、「怪しまれる」可能性はないとは言えません。

とはいえ、普通に考えれば、勤務先や収入さえしっかりしていれば「スーパーホワイトだから」という理由でカードを発行しないのはカード会社として合理的ではないですよね。

統計では、高収入の人ほどカード利用率が高く、低収入の人ほどカード利用率が低いです。なので、本当に全くカードを使ってこなかったスーパーホワイトの人は、そもそも収入面や安定面で審査にネックがある人が多い可能性も考えられます。

つまり、スーパーホワイトと審査落ちに直接の「因果関係」があるわけではなく、あくまで「相関関係」があるかもしれない……ということですね。

スポンサーリンク




スーパーホワイトを解消するには?

RyanMcGuire / Pixabay

スーパーホワイトが原因でクレジットカード審査で却下されることはあまり考えにくいですが、審査の行方はカード会社のみぞ知ることなので、100%却下されないという保証も当然ありません。

つまり、現在スーパーホワイトの人は、スーパーホワイトを解消しておくに越したことはありません。

スーパーホワイトを解消するには、良好なクレジットヒストリーを作ることをおすすめします。良好なクレヒスは審査に100%有利に働くからです。

良好なクレジットヒストリーは貴重な資産

クレジットカード

クレジットカードを作って使い続けるには、信用が大切です。クレジットカードにおける「信用」とは、遅延することなく返済し続けることです。

「しっかり返済してきた」というその記録が、良好なクレジットヒストリー(通称クレヒス)となります。

このクレヒスは、ときに年収や社会的地位より重要なものになります。

例えば年収2000万円の医師を想像した場合、クレジットカード審査で却下されるわけがないと誰もが考えるでしょう。しかし実際には、過去の支払い遅延が理由で却下されるという決してケースは珍しくありません(高収入の人ほど金遣いが荒くて、事故を起こしがちな人は実際多いのです)。

つまり、クレジットカード審査では、社会的地位や高い年収よりも、良好なクレジットヒストリーのほうが重要だということになります。

良好なクレジットヒストリーの作り方

クレジットカード

”良好なクレジットヒストリー”を築くのは簡単ではなく時間もかかります。

単純に作りやすい消費者金融系のクレジットカードを作ったり、少額のショッピングクレジットを繰り返せばいいと考えがちですが、それはクレジットヒストリー(ただの履歴)を作ることであって、”良好な”クレジットヒストリーを作ることにはなりません。

良好なクレジットヒストリーは、長期間クレジットカードを利用し続け、支払いに遅れることなく返済を繰り返し繰り返しつづけることで徐々に築かれていくもの。利用金額は少額でも構いませんが、とにかく長く続けることに意味があるのです。

ただ、単純にスーパーホワイトを解消したいだけであれば、数年もかけて良好なクレジットヒストリーを作る必要はありません。半年以上ショッピングクレジットカードを利用していれば、スーパーホワイトの解消方法としては十分です。

スポンサーリンク




スーパーホワイトでも作れる(可能性のある)おすすめのクレジットカード

スーパーホワイトだからクレジットカードが作れないという事実は考えにくいものの、やはり信用度は赤ちゃんレベルなので作れるカードは限られてきます。

やはりカードグレード的には、「庶民が初めてつくるクレジットカード」に類するものを狙った方がいいでしょう。その辺でおすすめのクレジットカードを2枚紹介しておきます。

即日作れるエポスカード

エポスカード おすすめポイント
エポスカード

年会費無料

即日発行可能

マルコとマルオの7日間は商品10%オフ

全国5000店舗が優待価格で利用可能

海外旅行保険:最高2000万

ショッピング保険:最高100万

ETCカード無料発行

申し込みサイト エポスカード

エポスカードは、女性にはお馴染みのマルイが発行しているクレジットカードです。

あくまで個人的な観測ですが、クレジットカードを1枚しか持っていない人のエポスカード率が半端じゃなく高いです。初めてのクレジットカードとしては1位2位を争う人気ぶりではないでしょうか。

エポスカードはもちろん年会費無料。さらにWeb申込から即日発行が可能な貴重カードなんです。作ろうと思ったその日のうちに作れるカードはそうそうありません。

そして審査も非常に優しいです。
エポスカードはメインターゲットが女性主婦層なので、専業主婦の方でも問題なく持てる1枚です。

ちなみに、筆者の私も過去にアルバイトの身分でエポスカードを作りましたが、問題なく即日作れましたよ。

さらにこのエポスカード、何よりスゴいのは、提携している全国5000店舗以上のお店を優待価格で利用できるという優待特典です。

エポスカード(特典)

⇧優待価格で利用できる店舗の一部⇧

エポスカードを持っているだけで、全国5000店以上のあらゆる飲食店やレジャーランド、カラオケなどが割引価格で利用できるようになります。

クレジットカードとしてだけでなく、最強のクーポンカードとしてエポスカードは一押しです。

公式サイト エポスカード

 

10人に1人が持っている圧倒的人気の楽天カード

楽天カード おすすめポイント

会員数1200万人以上の人気

1週間のスピード発行

ポイント還元率1%

楽天市場でポイント3倍

楽天Edy付き

海外旅行保険:最高2000万

紛失盗難補償

申し込みサイト 楽天カード

楽天カードマンでお馴染みの楽天カードは会員数1200万人、実に”日本人の10人に1人が持っている”ほどの人気クレジットカードです。「8秒に1人が申し込んでいます」というフレーズも有名ですね。

楽天カードは最も発行実績のあるクレジットカードですが、その代わり、楽天カードは会員一人ひとりに個別の限度額を設定されます。つまり、作ることはできるけど限度額10万円しかなかった……というケースもあるのに注意です。

庶民派のイメージですが、基本スペックは申し分ないレベル。

  • 年会費永年無料
  • 基本ポイント還元率1%
  • 楽天市場ではポイント3倍
  • 電子マネー楽天Edy付き
  • 海外旅行保険、紛失盗難補償も完備

こうして見ると、楽天カードよりスペックの高い年会費無料カードはそうそうないです。

数々の”逸話”の方が目立ちがちですが、それでも1200万人以上が持っているのはそれだけ優れたカードだという証明です。

公式サイト 楽天カード

 

初心者向け(スーパーホワイト向け)カードをもっと見たい人は下記記事を参考にしてください。

【年齢18歳〜】クレジットカード初めて持つなら選びたいおすすめ5枚!

この記事では、「初めてクレジットカードを作りたい」というカード初心者におすすめのクレジットカード厳選5枚を紹介していきま ...

まとめ

スーパーホワイトは、あくまでも個人信用情報機関にデータがないという状態のことです。その状態だけでクレジットカードの申し込みが却下されることは考えにくいです。なぜなら「データがない」という理由でカード会社が発行しない合理的理由がないからです。

却下される理由のほとんどは、過去の支払い遅延や収入の不安定といったことが原因となっています。スーパーホワイトで却下された場合は、主に収入が不安定と判断されたからなのです。

これからクレジットカードを申し込みする人は、スーパーホワイトかどうかは過度に気にする必要はありません。あくまでも申込者の支払い能力や収入の安定が重要だということを覚えておきましょう。







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-クレカコラム

Copyright© キャッシュレス大学 -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.