ポイント高還元カード 年会費無料カード

口コミで評判高いオリコカード・ザ・ポイントは何がスゴイのか?

更新日:

今や1000種類を超える膨大な数が発行されているクレジットカード。

覚えきれないほどのラインナップから1枚を選ぶとき、あなたは何を基準にするでしょうか。

一般的な人がクレジットカードを選ぶとき、ステータスやグレードは横に置いておいて、大きく以下の要素が共通して重要になってきますよね。

  1. 年会費
  2. ポイント還元率
  3. ポイントを交換できる商品やサービス

海外へ頻繁に出かけたり、ホテルや空港をよく利用するなど、やや敷居の高い生活スタイルはここでは度外視して、やはり日々の生活でクレジットカードを利用する上では「年会費」や「ポイント」が大事です。

そう考えたとき、「年会費」「還元率」「交換性」の全ての面でバランスよく高いポテンシャルを誇るクレジットカードが、「Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)」です。

オリコカード・ザ・ポイントの魅力を簡単に列挙してみると、

  • 年会費が永年無料
  • 還元率が常時1%(入会後6ヶ月は2%)
  • オリコモールを経由してネットショッピングすると最大16.5%!
  • 貯めたポイントはAmazonギフト券などにリアルタイムで交換できる。
  • 後払いタイプの電子マネー「iD」「QUICPay」がダブル搭載

といった感じで、庶民の生活にも大変嬉しい強みが沢山あります。後述しますが、ネットショッピングでAmazonを利用する人には特にオススメのカードです。

というわけで、上記のポイントを詳しく見てみましょう。

クレジットカード選びで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ポイントの貯めやすさがスゴい!

コイン ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの魅力を一言で表すと「年会費永年無料なのに還元率が高い!」ということです。

オリコカード・ザ・ポイントの基礎還元率は常時1%(100円で1オリコポイント)となっていますが、入会後6ヶ月間はさらにプラス1%が加算されます。

これで、入会後6ヶ月は還元率2%になるわけですが、オリコカード・ザ・ポイントがその真価をフルに発揮するのは、「オリコモール」を経由してネットショッピングをした時です。

オリコモールとは、オリコのネットショッピングサイトであり、このサイトを経由してAmazonや楽天やYahoo!ショッピングでカードで買い物をすると、通常のオリコモール獲得分(0.5〜15%)に加えて、さらに還元率が0.5%プラスされてお得になる仕組みです。

つまり、【基本還元1% + オリコモール経由したポイント0.5% + カードのオリコモール特典0.5%】となります。

簡単に言うと、Amazonや楽天で買い物をするときは、オリコモールを経由し、オリコカード・ザ・ポイントを使えば、還元率は常時2%以上になるということですね。

(カード利用分のポイントを含めると最大で16.5%も実現可能)

これに加えて、入会6ヶ月以内だとさらに1%がプラスされて驚愕の3%になるので、ネットショッピングが捗ることこの上ない。

日々、Amazonなどで趣味の品や日用品を買い漁っている人は、常時2%以上の還元率を実現できるオリコカード・ザ・ポイントを選ぶだけで、年間を通して万単位のポイント差が生まれてくるでしょう。

まさに、ネットショッピング利用者にとっては最もポイントが貯めやすいカードであると言えます。

ポイントの交換のしやすさも嬉しい魅力

いくらポイントが貯まりやすいとはいえ、貯まったポイントの交換先が微妙だったり、交換に手間がかかったりしたらゲンナリしますよね。

オリコカード・ザ・ポイントは、そんな悩みを解消した「ポイントの交換のしやすさ」も大きな魅力の1つです。

オリコポイントは、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコード、Tポイントなどに交換が可能です。

さらに、500円ポイントから交換できるという手軽さ、1ポイント=1円という等価交換、そしてリアルタイムで交換できるという優れた特徴を持っています。

これらを総合すると、ほぼ現金に近い形での交換ができるわけですね。

ポイントには有効期限がありますから、500ポイントからすぐに利用できるのは嬉しいです。

(カードの中には10万円以上利用しないとポイント交換できないものもありますからね……)

年会費が永年無料!さらにETCカードや家族カードも年会費無料!

年会費は、永年無料です。なので、カード使ってなくて気づけば年会費だけ取られてたなんてことはありません。

一般カードの年会費はどれもそこまで高いものではありませんが、それでも無料よりありがたいものはないですよね。

さらに、ETCカードや家族カードも年会費無料です。

スポンサーリンク

後払い電子マネー「iD」「QUICPay」をダブル搭載

iDオリコカード・ザ・ポイントに搭載されている「iD」「QUICPay」は、”ポストペイ型”の電子マネーであり、要するに後払いタイプの電子マネーです。

従来のプリペイド型とは反対に、使った金額がそのクレジットカードに後から請求されてきます。なのでPASMOのように事前チャージをしておく必要がありません。

「iD」「QUICPay」はコンビニやスーパーにも普及しているので、こうした少額決済を電子決済すると、会計が超ラクで超早いです。

iD使い方

さらに、こうした決済もクレジットカードの明細に載るので、クラウド会計と連携すれば経費の管理も格段に効率化できます。

使い慣れてしまったら、もはや財布や小銭を持って買い物に出かけるのが億劫になるほど便利なんです。

参考記事電子マネーはポストペイ型がおすすめ!iDとQUICPayの特徴比較

国際ブランドはVISAとMasterCardから選べる

VanimaMela / Pixabay

カードのブランドは、「VISA」か「MaterCard」か選ぶことができます。

どちらも国際ブランドとしてトップの知名度と利用度にあるので甲乙つけ難いですが、どちらかと言うとVISAの方が国内外で利用できない場所はないくらいトップシェアかと思われます。

ちなみに、オリコカード・ザ・トップの申し込み資格は、「18歳以上の方(高校生は除く)」となっています。

デメリットもしっかりチェック!

デメリットここまで説明した通り、オリコカード・ザ・ポイントには魅力やメリットが非常に多いわけですが、デメリットもしっかりと把握しておかなければなりません。

私が思うに、オリコカード・ザ・ポイントのデメリットとなり得る要素は2点あります。

デメリット1:ポイント有効期限が1年間しかない

オリコカード・ザ・ポイントで貯めたポイントは、獲得から12ヶ月後の月末で強制的に失効します。

多くのカードはポイント有効期限が2年なのに対して、1年という期間は短く感じますよね。特に、普段あまりカードを利用しない人はポイントが貯まってることに気づかず、失効させてしまっている人も多いと思います。

とはいえ、この点は有効期限をしっかりチェックしてポイントを交換しておくよう心掛ければ良いですし、メリットで挙げたようにオリコカード・ザ・ポイントは500ポイントから交換できますので、少し貯まったらAmazonギフト券などに交換しておくと良いですね。

関連クレジットカードのポイントは有効期限が長いことが超大事

デメリット2:付帯保険などはない

クレジットカードには、旅行傷害保険やショッピング保険などの保険サービスが付帯しているものもありますが、オリコカード・ザ・ポイントには付帯保険がありません。

1つグレードを上げて、ゴールドカードである「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド)」になると、旅行傷害保険やショッピング保険が付帯してきます。

こちらはゴールドカードになりますが、年会費も1950円と非常にリーズナブルなので、海外旅行などによく行く人は、こちらのゴールドカードを検討してみてもいいかもしれません。

以上、致命的なデメリットはなし!

以上のように、デメリットと言っても、そこまで気にするほどのことではありません。

これといったデメリットがない点も、オリコカード・ザ・ポイントの大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

結論をまとめると、オリコカード・ザ・ポイントは、「年会費」「ポイント還元率」「ポイント交換性」の3面で非常にバランス良く秀でたクレジットカードだと言えます。まさにオールラウンドに優れており、弱点がありません。

とくにAmazonや楽天でネットショッピングをよく利用する人は、オリコカード・ザ・ポイントの還元率の高さをフルに活用することが出来るのでオススメです。

自分に合ったクレジットカード選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

厳選おすすめ記事3選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

-ポイント高還元カード, 年会費無料カード

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.