マイルの貯め方・使い方

JALマイルの効率的な貯め方|特典航空券で年1回の沖縄旅行へ!

更新日:

auntmasako / Pixabay

飛行機に搭乗するたびに貯めることができ、一定量貯めると航空券に交換することができるマイル。旅行好きの人や出張が多い人はせっせと貯めている人が多いですよね。

もちろんフライトで貯めるのがマイルの王道ですが、クレジットカードを上手く活用することで遥かに効率的にマイルを貯めることができるのはご存知の通り。フライトではなく陸(日常の買い物)でマイルを貯めることを「陸マイラー」と呼んだりします。

マイルと言うと、飛行機にあまり乗らない人は縁がないと思いがちですが、日々のクレジットカードで上手く貯めれば、年に1回沖縄旅行に行ける程度のマイルなら意外と貯まるのです。

貯めたマイルで年1回沖縄旅行に行けるとしたら、コレけっこう大きなご褒美ではないですか?

スポンサーリンク

貯めるならJALマイル!まずはJALカードを必ず用意しよう

JALマイルのススメ

JALマイル

まず、「どの航空会社のマイルを貯めるか?」という点ですが、特にこだわりがない(よく利用する航空会社など特にない)場合は、個人的にはJALマイルをおすすめしています。

代表的なJALマイルとANAマイルはそこまで大きな違いはありませんが、貯めたマイルと特典航空券の交換レートが、JALは常時一定なのに対し、ANAはシーズンによってレートが変動します

これがやや面倒臭く、目標マイル数がピッタリ決まっていた方が貯金のモチベーションも上がる点を考慮してJALマイルをおすすめします。

JALマイルとANAマイルの比較は下記記事を参考に。

合わせて読みたい【マイル徹底比較】ANAとJALはどっちがお得?貯め方・使い方で比べてみる

JALカードは三種類から好みの1枚を

クレジットカードでマイルを貯めるなら、その航空会社の提携カードを持つのが基本中の基本です。

提携カードでなくともPontaポイントなど共通ポイントからマイルに移行させる手段もありますが、提携カードはボーナスマイルがプレゼントされたりと遥かに効率が良いです。

JALマイルを貯めるなら、まずはJALカードを持っておきます。

JALカード

JALカードは「普通カード」「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」の三種類がメインです。
カード初心者であれば、年会費2000円(税抜き)で持てる普通カードから入るのがスタンダードでしょう。

【それぞれの年会費とボーナスマイル】

  • 普通カード:年会費2000円
    ⇨ボーナスマイル10% + 毎年初回搭乗で1000マイルボーナス
  • CLUB-A:年会費10000円
    ⇨ボーナスマイル25% + 毎年初回搭乗で2000マイルボーナス
  • CLUB-Aゴールド:年会費16000円
    ⇨ボーナスマイル25% + 毎年初回搭乗で2000マイルボーナス

普通カードでも、フライトの度に通常貯まるマイルに加えて+10%のボーナスマイルが付与される上、毎年初回の搭乗時にはボーナスマイルで1000マイルをプレゼントしてもらえます。

東京⇨沖縄の片道フライトで貯まるマイルが約984マイルなので、このボーナスマイル分だけでも年会費の元が十分取れる価値があります。

カードランクを上げればボーナスマイルも増えますが、CLUB-Aからは年会費が1万円を超えてくるので、そこは各自のフライト利用頻度を考慮して損得を考えた方が良いでしょう。飛行機にあまり乗らない人はボーナスマイルと縁が遠いので普通カードで十分かと思います。

その他、カード入会ボーナスマイルや、シーズンによるボーナスマイルなどキャンペーンも多く行なわれているので、JALマイルを貯めるならJALカードは必携です。

より詳しいカード情報は公式サイトで確認できます。

公式サイトマイルがたまる「JALカード」

特典航空券で沖縄旅行!目指すは11500マイル!

貯金のコツは「目標額を定めること」。ここでは年1回の沖縄旅行を目標に設定します。

JALマイルの場合、東京⇔沖縄の往復特典航空券は11500マイル程度で交換できます。これはJALカード割引を使った場合です。

計算しやすく年間12000マイルが必要とすると、1ヶ月当たり1000マイルの貯金が目標です。
JALカードはショッピング利用100円ごとに1マイルが貯まるので、単純計算だと、1ヶ月10万円利用すれば1年間で沖縄への往復航空券がゲットできる計算です。

1ヶ月10万円のクレジット利用。これだけもそこまで高いハードルではないですよね。
ただ、利用の仕方次第でまだまだ効率良く貯めていけるので、ちょっとしたコツを覚えておきましょう。

基本は1枚集中化。公共料金を集めてマイル貯金

アパート

マイルを貯める一番の近道は、すべての支払いをJALカードに集約することです。

その中でも最初に取り組みたい施策は、公共料金の支払いをクレジット払いにすること。一件一件の額は小さいものの、毎月必ず発生する固定費なのでバカにできません。

電気代、ガス代、水道代、スマホ代、ネット代など全て合わせれば、一人暮らしでも1ヶ月2万円近くかかる人も多いでしょう。

100円=1マイル貯まるとすると、1ヶ月当たりの貯金は200マイル公共料金と固定費だけで年間2400マイルも貯めることができる計算です。かなり大きいですよね。

最初の手続きが面倒だからと公共料金を口座引き落としにしている人が多いですが、実はクレジットカード払いにした方がポイントやマイルが貯まるのでお得なんです。公共料金は必ずJALカードで支払うようにしておきましょう。

関連記事家賃 税金 保険料全てカード払い可!お得にポイント貯める公共料金まとめ

JALカード特約店を利用してマイル2倍で貯めていく

通常のショッピングでは100円利用につき1マイルが貯まりますが、「JALカード特約店」では2倍の100円=2マイルを貯めることができます。

JALカード特約店は全国に約5万2000店以上あります。一例としては以下のとおり。

  • ファミリーマート
  • イオン
  • ENEOS
  • 紀伊国屋書店
  • 松坂屋
  • ロイヤルホスト
  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • ノジマ
  • 他にも多数。

特にファミリーマートは誰でも利用機会が多いと思うので積極的に使っていきたいところ。また地方郊外であればイオンでのまとめ買いや大きな買い物でマイル2倍を狙っていきたいところですね。

これらリアル店舗や外食で月3万円ほど使うとすると、貯まるマイルは1ヶ月600マイル。年間で7200マイルです。目標の12000マイルにかなり近づいてきました。

電子マネーWAON利用でさらにマイル還元率を上げる

モバイルJMBWAON

電子マネーWAONを利用すれば、マイル還元率をさらに上げることが可能です。具体的には「モバイルJMB WAON」というアプリを利用して、WAONで決済するという方法です。

モバイルJMB WAONを使ってWAON決済すると、利用200円につき1マイルが貯まります。さらにJALカードからWAONへのチャージ分(100円=1マイル)でもマイルを貯めることができるので、マイル2重取りが可能になります。

▼WAON決済で200円の買い物をする場合▼

  • JALカードからWAONにチャージ
    ↓200円チャージで2マイル
  • WAONで決済
    ↓200円=1マイル
  • 合計200円 = 3マイル

通常100円=1マイルのショッピング利用が、WAONで2重取りすることで100円=1.5マイル貯められるということですね。WAON利用者であれば積極的に利用していきましょう。

ただし、前述したJALカード特約店では無条件でマイル2倍になるので、WAONを使う必要はありません。

スポンサーリンク

ネットショッピングはJALマイレージモールを経由する

http://partner.jal.co.jp/site/jmbmall/

http://partner.jal.co.jp/site/jmbmall/

ネットで買い物をする際は、「JALマイレージモール」を経由することで買い物金額に応じたマイルを貯めることが可能になります。

例えば……

  • Amazon:200円=1マイル
  • イオンショップ:200円=1マイル
  • ユニクロ:300円=1マイル
  • DHCオンライン:200円=1マイル
  • ロハコ:200円=1マイル
  • ベルメゾン:100円=1マイル

このほか、提携店でのショッピングだけではなく、会員登録や資料請求でもマイルを貯めることができます。マイルアップキャンペーンも定期的に開催されるので、ネットショッピングの際はJALマイレージモールをチェックしておいた方がいいでしょう。

モールを経由するだけでマイルが貯まるので、Amazonやロハコで何か買うときは必ずJALマイレージモールから入って少しでもマイルを貯金します。

マイル還元率はおよそ0.5%程度なので、月3万円のネットショッピングをすれば150マイル。年間で1800マイル。

この時点、【公共料金2万円 + 特約店利用3万円 + ネットショッピング3万円】で、年間ノルマの11500マイルはほぼ貯まります

いかがでしょう。意外なほどあっさり貯まりますよね。

Pontaポイントをマイルに交換する

Ponta

マイルを生み出す一つの方法として、他社ポイントからの移行があります。JALマイルの有効な移行元はPontaポイントです。言わずと知れた4大共通ポイントの一つですね。

もし日頃使うメインカードをJALカード以外のカードで持ちたい場合、マイル貯金を考えるとPontaポイントが貯まるカードが良いでしょう。

そう考えた時、最もおすすめできるのは「リクルートカード」です。

リクルートカード

年会費無料カードでありながら、基本ポイント還元率が1.2%と非常に高く、貯めたリクルートポイントをPontaポイントと相互交換することが可能です。

普段使いはポイント還元率の高いリクルートカードを使い、貯まったポイントをPontaポイントに交換し、そこからマイルへ移行するという方法も有効です。

Pontaポイント ⇨ マイルへの移行は【2P= 1マイル】で行うことができます。

メインカードをほかに持ちたい場合は、リクルートカードでPontaポイントを貯める作戦もおすすめです。

公式サイトリクルートカード

結論、年間12000マイル貯めるのは簡単です

以上、JALカードを有効活用して最短最速で沖縄旅行(12000マイル)を貯める方法を紹介しましたが、意外なほどあっさり貯まることがわかると思います。

特約店の利用やショッピングモールを使えば、公共料金など固定費を入れて月8万円強ほどの支出で12000マイルを貯めることができるのです。

もちろん、特典航空券に交換せずともマイルの使い道は多様です。

  • ツアー商品の代金にあてたり、
  • 航空会社のポイントに交換したり、
  • Pontaポイントなど他社ポイントに交換したり、

いろいろな使い方ができるので、貯めたマイルが無駄になることは絶対にありません。

月数万円程度の支出をクレジットカード利用することで、毎年タダで沖縄旅行に行けるなんて……贅沢ではないでしょうか。

しかも、ここに通常フライトマイルとボーナスマイルが加わればさらに一瞬で貯まります。

もっとガツガツ貯めたい人は沖縄どころじゃなく、ハワイやロンドンなど海外を目指すのもアリです。
ハワイなら約4万マイルほど必要になるので、年間2万マイルを目標に、2年に一度のハワイ旅行をモチベーションにしてみるのはいかがでしょうか。

今回紹介したマイルの貯めどころを覚えておき、貪欲にマイルを貯めていきましょう。JALマイルを貯めるなら、まずはJALカードを持っておくことが先決です。

公式サイトマイルがたまる「JALカード」

JAL普通カードとCLUB-Aの違いを比較/空港ラウンジ特典の有無がカギ

旅行好きの人や出張の多いビジネスマンに人気のマイル系カード。JALグループ航空をよく使う人なら当然、JALカードが一押し ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあり ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカ ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカー ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しま ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ ...

-マイルの貯め方・使い方

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.