年会費無料カード

dカードはドコモユーザー以外も全然おトク!ローソンが最高5%安くなるだけでメリット大

更新日:

かつて、ドコモの公式クレジットカードと言えば「DCMX」でしたが、2015年12月に共通ポイント「dポイント」をスタートしたことから、「dカード」へとリニューアルされました。

共通ポイントである「dポイント」になったことで、ドコモ関連サービスのみならず、提携する他社サービスでもポイントを利用したり優待サービスが受けられるようになったんですね。

これが端的に何を意味するか?というと……

ドコモユーザー以外にもおトクなカードになった。

ということです。

例えばコンビニのローソン。
dカードをさえ持っていれば、ローソンでの買い物で購入額3%オフ+ポイント1%還元+dカード提示で1%還元になったりします。実質5%分おトクになります。「5%」なんてクレジットカードの世界でなかなかお目にかかれない率ですよ。

もう一つあげるとスターバックス。
dポイント特約店であるスタバでコーヒーを買えば、還元率4%という超高還元でポイントを貯めることも可能。スタバ好きは爆速でポイントが貯まったりします。

その他にも、dカードの特徴を挙げると、

  • ポイント還元率1%と高い
  • 年会費をペイできるポイント還元
  • ドコモの電子マネー「iD」との相性が良い
  • ポイントをマイルに交換可能

などなど、これらはドコモユーザーに限らず誰でも平等なスペックであり特典です。基本ポイント1%還元というだけで基本スペックは高い部類のカードですよね。

が、しかし!

dカードはあくまでドコモ発行のクレジットカード。ドコモユーザーに有利なおまけを付けるのは当然です。

ドコモユーザーであれば下記の嬉しいポイントがプラス↓↓

  • スマホ代でポイントが貯まる
  • ポイントをスマホ代に利用できる
  • スマホが故障や破損した場合に最大1万円の「ケータイ補償」を受けることができる

ドコモユーザーはもはやdカード一択ですよ。ノーマルカードでこれだけの恩恵があるカードは他にありません。

もし、現在まだDCMXを利用している人は、この機会にdカードへ切り替えておいた方が確実に良いですよ。カードの切り替えは公式サイトで簡単に手続きできます。

公式サイトdカード

下記では、dカードの特徴や使い方について説明していきます。

ドコモユーザー以外の誰に取ってもおトクなカードに進化したので、みな必見ですよ。

スポンサーリンク

dカードの基本スペック

dカード おすすめポイント
dカード

年1回のカード利用で年会費無料(通常1250円 / 初年度無料)

ポイント還元率1%

ローソンで常時3%オフ

電子マネーiDでポイント貯まる

付帯保険 ショッピング保険:最高100万
 その他特典

ローソン3%オフ

ケータイ補償最大1万円(ドコモ)

ETC初年度無料

家族カード無料

申し込みサイト dカード公式サイト

dカードの通常年会費は1,250円(税抜き)ですが、年に1回以上カードを利用すれば翌年は無料になります。

カードを作っておいて年に1度も利用しないことはないと思いますが、最悪コンビニで100円コーヒーでもカード購入すれば翌年の年会費は無料にできます。

※ETCカードも年1回以上のカード利用で無料になります。

ポイントプログラムは共通ポイント「dポイント」に。

dカード

dカードのポイントプログラムは、2015年12月にスタートした共通ポイント『dポイント』です。

基本ポイント還元率は1%。つまり、カードを使えば100円利用につき1ポイントが貯まります。年1回でもカードを使う限り年会費無料になるカードで基本還元率1%は充分立派な数字です。

ドコモユーザーであれば、毎月の携帯電話料金の1%のdポイントが貯まりますよ。

かつてのDCMX時代は、貯めたドコモポイントがドコモ関連のサービスでしか使えないのが難点でしたが(だからドコモユーザー以外にメリットがなかった)、全国の提携店で使用できる共通ポイントになったおかげで、全国民が使いやすいカードに見事変身しました。

コンビニはローソン1択!dカードで実質5%もお得に!

dカードの大きな特徴の1つに、ローソンでの購入金額が自動で3%オフになるというものがあります。これは、クレジット機能でも電子マネーiDでの購入でも割引になります。

3%オフになるだけでもスゴいのですが、それだけに留まらず、さらに割引後の金額に対して1%のポイント、さらにさらにカード提示によって1%のポイント、が付与されます。

つまり総合すると、【3%割引 + 金額1%のポイント + カード提示で1%のポイント】で合計5%分もおトクになるのです(約5%)。

通常の買い物が5%おトクになるのなら、今後のコンビニ利用はローソン1択と言っても過言ではありません。

また、実はマクドナルドもdポイント加盟店なのでカード提示で1%分のポイントを上乗せで貯めることが可能なのですが、都内の100店舗限定なので、ここでは深く言及しません。

ローソンではお試し引換券がおトク

ローソンでは、そのままポイントを使う場面でも買い物以外に「お試し引換券」などおトクなクーポンに交換できます

dポイントは通常1P=1円の価値ですが、ローソンのお試し引換券では価値が大幅に上がります。

いくつか例を挙げてみると▼▼

商品 通常価格 引き換えポイント
スーパーカップ1.5倍ブタキムチラーメン 216円 100P(1P=2.16円相当)
キシリッシュボトル(94g) 512円 220P(1P=2.33円相当)
オールフリー(350ℓ) 147円 40P(1P=3.68円相当)

表の通り、1ポイントあたりの価値が2~4円程度に倍増しています。

カップ麺やアルコールなど誰でも購入する日常品においてポイント価値が倍増するので、日用品を買うならローソンの引換券を上手く使うと2〜4倍程度おトクになるということです。

 

dカード特約店ではさらにポイント上乗せ

スタバや伊勢丹、高島屋など、数多くのdポイント特約店では、基本ポイント1%にさらに上乗せで、特約店ごとのポイントがプラスされます。

特約店はネットもリアル店舗も含めて非常に多いので全ては挙げきれないですが、メジャー所をいくつかピックアップしておきます。

▼最低限知っておきたいdポイント特約店一覧▼

  • dショッピング : 100円1P
  • dファッション : 100円1P
  • dトラベル : 100円1P
  • ENEOS : 100円1P
  • JAL : 100円1P
  • JTB : 100円2P
  • 高島屋 : 100円1P
  • 伊勢丹 : 100円1P
  • 三越 : 100円1P
  • 紀伊国屋書店 : 100円1P
  • スターバックス : 100円3P
  • ビックエコー : 100円2P

などなど、他にも多数の特約店があります

詳細dカード

dポイントの貯め方とおすすめの使い道を徹底解説!【dカード使い方】

2015年12月にスタートしたNTTドコモの「dポイント」。 以前のドコモポイントは、ドコモユーザーがドコモ関連サービスでしか使えないのが弱点でしたが、「共通ポイント」として生まれ変わったdポイントは ...

電子マネー「iD」でもポイントが貯まる

iD

dカードは、同じくドコモが運営するポストペイ型電子マネー「iD」を利用することができます。

ポストペイ型とは「後払い」という意味で、iDで利用した金額は後からクレジットカード代金と一緒に請求される仕組みになっています。

つまり、PASMOやSuicaのようなプリペイド型とは違い、現金をチャージする必要がないので非常にラクに買い物ができることがメリットです。

合わせて読みたい電子マネーはポストペイ型がおすすめ!iDとQUICPayの特徴まで比較!

dポイントはiDでの支払いでも貯めることができるので、数百円程度の少額決済にクレジットを使いたくない人は電子マネーで貯めることも可能です。

貯めたdポイントの使い道はいろいろ

貯めたdポイントの主な使い道としては、

  • スマホ代の支払いに使う
  • マイルに交換
  • ローソン・マクドナルド・イオンなど提携店で使う
  • ドコモ商品やdショッピングで使う
  • 機種変更代に使う
  • iDのキャッシュバックに使う

などなど色々ありますが、個人的におすすめなのは「iDのキャッシュバック」です。

キャッシュバックとは、iDで使った金額の請求分にポイントを充当することです。これなら実質的には、iDが使える全ての商品・サービスに対してポイントを活用することができます。

また、dポイントは有効期限が4年と非常に長いので、うっかりポイントを失効するリスクもほとんどなくなります。

dポイントの貯め方と使い方については、下記記事に詳しくまとめています。

合わせて読みたいdポイントの効果的な貯め方と使い方を徹底解説!dカードの準備はいいかな?

 dカード特典まとめ

ドコモユーザーに嬉しすぎるケータイ補償

nvtrlab / Pixabay

dカードを利用しているドコモの携帯なら、万が一、水濡れや破損・故障・盗難などの被害が起きた際に、購入から1年以内に限り最大1万円のケータイ補償を受けることができます。ただし、補償対象となるのは同一機種・同一カラーの端末に限ります。

若干の縛りはありますが、補償がついているのならありがたい限りです。ドコモユーザーにとってはあると嬉しい特典だと言えます。

ショッピング保険

GREGOR / Pixabay

GREGOR / Pixabay

dカードで購入した商品が破損・盗難などの被害にあった際には、購入日から90日以内に限り、最大100万円が補償されます。

年1回でもカード利用すれば年会費無料なので、それで100万円のショッピング保険は非常に優秀です。

まとめ

以上に説明したように、dカードの役割は非常に多彩です。

  1. クレジットカード
  2. 電子マネー
  3. dポイントのポイントカード

という3役が1枚のカードに集約されているのが、dカードの魅力であります。

共通ポイントになったことで、ドコモ以外のユーザーにとっても魅力のあるカードになりました。特にローソンをよく使う人は毎回5%分もトクになるので見逃せません。

そして、ドコモユーザーは言わずもがな、非常にメリットの多いカードです。お使いの携帯スマホと連携した特典やサービスが多彩なので、サブカードとして持っておくだけでもケータイ補償が受けられたりスマホ代にポイント使えたりしますよ。年会費は年1回でも利用すれば無料にできるのでコストもかかりません。

ドコモユーザーで未だにDCMXを利用している人は、下記公式サイトでdカードに切り替えることができますので、早いうちにdカードにしておくことをおすすめします。

公式サイトdカード

 

また、ワンランク上の「dカード GOLD」は、さらにおトクなカードになります。

なんと最大ポイント還元は10%(!)、ゴールドカードの年会費をペイできるポイント還元特典があります(!!)

最大ポイント10%のゴールドカードについては下記記事を参考に。

ステータス以上の実用性!dカードGOLDは年会費以上のポイント還元でドコモ利用者の必携カード

私は現在ドコモのスマートフォンとドコモ光を自宅用ネット回線として契約しているので、クレジットカードもドコモの「」を持っています。 ドコモユーザーならほぼ100%、ドコモ店員からかを勧められる経験がある ...




厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-年会費無料カード
-

Copyright© SHUFFLEs -おすすめのクレジットカード比較情報マガジン , 2018 All Rights Reserved.