ゴールドカード ビジネスマン向けカード 学生・20代向けカード

審査にも有利!新卒社会人におすすめのゴールドカード4枚はコレだ!【三井住友VISA/JCB/アメックス/楽天】

更新日:

社会人になれば、クレジットカードも身だしなみの一つ。取引先との会食や合コンも増えますし、そうした時にステータス性とリッチ感のあるゴールドカードを出せると「デキる人」として格好がつきます。

そんな高級感溢れるゴールドカードですが、実は作ることはそんなに難しくありません。

20代でも持てるゴールドカード年会費無料で持てるゴールドカードもあるように、一般的なサラリーマンで平均的な年収があればゴールドカードは比較的誰でも持てます。

特に、新卒や若手社会人はゴールドカードを作る絶好のボーナスタイムです。カード会社は長く年会費を払ってくれるような若手社会人を青田買いしたいので、是が非でも新卒社会人にカードを作って欲しいのです。

そのため新卒や新社会人はクレジットカード審査にも有利になりやすく、ちょっと背伸びしたカードを手にするならこのタイミングを逃してはいけません。

そこでこの記事では、新卒の若手社会人におすすめのゴールドカードとして以下の4枚を紹介したいと思います。

新卒・若手社会人におすすめゴールドカード

スポンサーリンク




デザインが最高にカッコいい「三井住友VISAプライムゴールドカード」

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本スペック

三井住友VISAプライムゴールド おすすめポイント

→三井住友VISAプライムゴールドカード公式サイト

  • 申し込み資格:20歳〜29歳以下(学生不可)
  • 年会費5000円+税
    →初年度無料
    →条件付きで年会費1500円+税まで割引
  • ポイント還元率:0.5%
  • 旅行保険:国内・海外ともに最高5000万円
  • 国内空港ラウンジ無料サービス付き
  • 電子マネー「iD」「PiTaPa」「WAON」付帯
  • 30歳のカード更新時に「 三井住友VISAゴールドカード 」へ昇格

個人的に一番おすすめなのが、2大銀行系カードの1つである三井住友カードが20代向けに発行しているゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」です。

まず何より、カードデザインが最高に格好イイ!!

会食などビジネスシーンで出してもサマになるステータスカードですね。

そして20代向けのヤングゴールドカードとあって年会費が安いです。最大で年会費1500円まで割引可能。それでいてゴールドカード級の旅行保険や空港ラウンジサービスも付くので、20代に対する優遇がすごいです。

年会費が安くなる2つの条件

三井住友VISAプライムゴールドは通常年会費5000円+税です。

これでも一般的なゴールドカードは年会費1万円〜なので安いものですが、以下2つの条件を満たすことで年会費の割引を受けることができます。

年会費割引の条件

  1. Web明細サービスの登録
  2. マイ・ペイすリボコース(リボ払い)への登録

どちらかに登録する、あるいは両方登録することで年会費が下がっていきます。

分かりやすく割引表にしてみると▼▼

コース別年会費 ゴールドカード年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコースの両方 税抜1,500円+税
マイ・ペイすリボコース登録 税抜2,500円+税
WEB明細書コース登録 税抜4,000円+税
いずれも登録なし(通常年会費) 税抜5,000円+税

まず、クレジット明細を郵送からWeb明細に切り替えるだけでも年会費4000円まで下がるので、これは登録必須です。

そして、割引率が大きいのはリボ払いコースへの登録。これに登録すれば破格の年会費1500円でゴールドカードが持てるようになります。

本来、クレジットカードにおいてリボ払いは絶対避けたいところですが、「毎月の返済額をカード限度額と同額に設定する」という技を使えば、リボ払い登録をしても実質的な一回払いが可能になります。三井住友のマイ・ペイすリボは初回手数料は無料なので、初回で払えば手数料も取られません。

最初の設定に一手間入りますが、それだけで今後の年会費が3000円近く違ってくるので、手間を惜しまず設定しておきましょう。

空港ラウンジサービスや旅行保険など、特典力もゴールド級

ラウンジ

三井住友VISAプライムゴールドカードは最安だと年会費1500円+税で持てるヤングゴールドカードですが、カードに付帯する特典サービスはしっかりゴールド級です。

まずゴールドカードお馴染みの空港ラウンジ無料特典は当たり前に付いています。フライト前にちょっと一息つきながら、ドリンク片手にパソコンで一仕事できちゃいます。

こちらも国内主要空港とハワイホノルル空港は年中無休でいつでも無料利用できるので、旅行や出張の際には使い倒したい特典です。

そして旅行保険も海外・国内ともに最高5000万円が付帯します。年会費1500〜5000円のカードとしては上等すぎる額です。

そのほか、ポストペイ電子マネーiDも付帯するなど、機能面でも充実。年会費は一般カード並みに安くとも、スペックはしっかりゴールド級なのです。

30歳でゴールドカードに昇格!そこから最上級プラチナを目指そう!

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定のゴールドカード。30歳になるとカード更新時にワンランク上の 三井住友VISAゴールドカード に自動で昇格します。

カードデザインなどあまり変わりませんが、こちらが一般的なゴールドカードであり年会費や特典・保険もワンランク手厚くなります。

プライムゴールドを持っておけば30歳時点でエスカレーターで昇格できるので、使い続ければステータスの階段を上がっていけます。

そしてその上、三井住友VISAカードの最上級カードは「プラチナ」です

ブラックデザインかつ年会費50000円という、文句なしのステータスカードです。

ちなみに、この三井住友VISAプラチナカードは直接申し込みも可能です。しかし当然審査のハードルは高く、三井住友VISAカードの使用歴や利用金額などをそれなりに積み重ねないと難しいです。

なので、20代でプライムゴールドを持ち、30代でゴールドに昇格させ、数年間はカード実績を貯め続けてプラチナへの招待(インビテーション)を待つのが最短ルートですね。

1年でも早くプラチナカードを手にするためには、20代のうちから三井住友VISAプライムゴールドをメインカードにして、ガンガン使いまくりましょう!

>> 三井住友VISAプライムゴールド公式サイトはこちら

評判高い!20代専用の三井住友VISAプライムゴールドカードでモテる男に【ステータス重視】

最近は20代でもゴールドカードを持っている人が増えてきました。といっても、ほとんどはエポスゴールドやイオンゴールドのような提携カードであり、ややステータス性には欠けています。 20代のビジネスマンなら ...

 

世界に誇る国産ブランドJCBの20代向けゴールドカード「JCB EXTAGE GOLD」

JCBゴールドEXTAGEの基本スペック

JCB EXTAGE GOLD おすすめポイント

JCB EXTAGE GOLD 公式サイト

  • 申し込み資格:20歳〜29歳以下(学生不可)
  • 年会費3000円+税
  • ポイント還元率:0.5%
  • 旅行保険:国内・海外ともに最高5000万円
  • 国内空港ラウンジ無料サービス付き
  • 電子マネー「QUICPay」付帯
  • 30歳のカード更新時に「JCBゴールドカード」へ昇格

JCBといえば、VISA/MasterCardに次ぐ3代ブランドの一つにして、日本国産のブランドですね。先に紹介した三井住友VISAカードと並んで2大銀行系カードとして人気があります。

そんなJCBが20代向けに発行しているゴールドカードが「JCB CARD EXTAGE」です。

ヤングゴールドカードということで、通常年会費3000円+税という安さがまず魅力。それでいてゴールドカードの特典が付いてくるのでコスパ最強です。

国内空港ラウンジ特典、旅行保険はゴールドカード級!

ゴールドカード特典としてお馴染みの空港ラウンジ無料サービスはもちろん付帯しています。国内主要空港とハワイホノルル空港の空港ラウンジが年中無休、無料で利用することができます。

空港好きには堪らないサービスですよね。フライトの前にラウンジでリラックスしたり、旅行の際の各空港のラウンジ巡りが楽しみの一つになります。

海外旅行保険は最高5000万円が付帯します。金額でいうとJCB一般カードから金額が跳ね上がっています。旅行や海外出張時にいざ何かあった場合でも、JCBゴールドEXTAGEを持っているだけで安心感が違います。

JCBならではのディズニー特典も!

JCBはディズニーのスポンサーなので、JCBカードにはディズニーに関する特典が多数あるのも魅力です。

JCBカードで貯まるOki Dokiポイントは、ディズニーのチケットや年間パスポート、ホテル宿泊券なんかと交換することができます。

ディズニー特典について詳しくは下記記事にまとめているので、ディズニーファンの人は参考にしてください。

ディズニー特典
JCBカードのディズニー特典が凄い!チケットから年間パスまで優待を一挙紹介

ディズニー好きでディズニーランドによく行く人であれば、クレジットカードもディズニー関連カードを持っていればお得な特典を多数受け取ることができます。 ディズニー特典といえば、ディズニーランドやディズニー ...

続きを見る

30歳でJCBゴールドカードに昇格可能!その後はJCB最上級のブラック「ザ・クラス」を目指すべし

JCBのJCB CARD EXTAGEも三井住友VISAと同様、30歳になった時点で一般ゴールドカードである「JCBゴールドカード」に昇格します。

こうして、ステータスの階段を上っていきましょう。

JCBカードの場合、最上級クラスは「JCB THE CLASS(ザ クラス)」になります。

JCBザクラス2

年会費50000万円+税。
これぞ”ステータスの頂き”という格好良すぎなブラックカードデザインは憧れです。

JCBの上級カードを持つには、収入面などももちろん大事ですが、何より重要なのはJCBカードの利用実績です。長年JCBカードに貢献した人だけに招待状が届くプレミアムカード。

参考記事:JCBのブラックカード「ザ・クラス」のサービスと入会方法とは?

こちらも理想としては、20代でJCBゴールドEXTAGEを持ち、30代はJCBゴールドで実績を貯めまくって、何年かかってでも最後の扉「ザ・クラス」を目指しましょう。

JCB EXTAGE GOLD 公式サイトを見る

JCBゴールドカードの特典まとめ!プレミアのインビテーション条件は?

数あるゴールドカードの中でも、三井住友VISAと並んで定番といえる「JCBゴールドカード」。 JCB一般カードの基本スペックに加えて、空港ラウンジの無料利用やゴールドデスクなど、ゴールドカードにふさわ ...

 

圧倒的人気を誇るステータスブランド「アメックスゴールドカード」

アメックスゴールドカード おすすめポイント

→アメックスゴールドカード公式サイト

  • 年会費29,000円+税
  • ポイント還元率:1%
  • 旅行保険:
    →国内最高5000万円
    →海外最高1億円
  • 世界の空港VIPラウンジが使えるプライオリティパス(年会費約1万円が無料)
  • そのほかアメックスの旅行特典多数

ステータスの象徴といえばアメックスブランド。その中でも「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」は女性ウケのいい”モテるカード”ランキングでは大体いつも1位です。

アメックスゴールドは、ひと昔前はそれこそエリートリーマンや成金の御用達カードでしたが、現在はブラックカードやプラチナカードが急増したおかげでゴールドカードのハードルがどんどん下がり、普通のサラリーマンでも手にできるカードになりました。

プライオリティパスで世界中の空港VIPラウンジが格安で使える!

一般的なゴールドカードの空港ラウンジ無料サービスは、国内主要空港のラウンジ無料が対象です。しかし、アメックスゴールドではさらに豪華な世界1200箇所以上のVIPラウンジが格安で使えるようになります。

アメックスゴールドの特典で、世界の豪華ラウンジの会員権である「プライオリティパス」のスタンダード会員(年会費約1万円相当)に無料で登録できるからです。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 319ドル 無料 27ドル

スタンダード会員になると、1回27ドルという格安料金でVIPラウンジが利用可能になります。本来は年会費99ドル(約1万円)する会員権なので、これが無料になるだけでフライトが多い人は相当嬉しいでしょう。

VIPラウンジになると、ビュッフェ食べ放題/アルコール飲み放題になったり、シャワールームやマッサージサービスまであったりと至れり尽くせりなサービスが楽しめますよ。

サービス内容はあくまでラウンジによって変わります

アメックスは旅行・グルメ特典が満載!

アメックスというブランドは、ステータス性もさることながら、旅行とグルメに関する優待・特典の多さが人気を集めています。

あまりに多すぎてとてもここでは書ききれないのですが、旅行特典の一部だけ紹介しても下記の通り。

旅行関連特典

  • 旅行傷害保険(最高1億円)
  • 航空便遅延費用補償
  • プリファード・ゴルフ
  • カード会員様専用旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • 「一休.com」3,000円オフのクーポンコードをプレゼント。さらにカード会員様限定特典付プランもご用意
  • 「日本旅行」特選の宿が5%オフ
  • 「アップルワールド.com」通常価格より5%オフ
  • 「H.I.S.」カード会員様限定特典をご用意
  • 「タイムズ カー プラス」カーシェアリングサービス

この他にも、レストランが割引になるグルメ特典や、レジャー施設で使えるエンタメ特典も多数あります。

この特典の多さだけでも、年会費分の価値は間違いなくあるでしょう。

下記記事にもまとめているので、特典が知りたい人は参考にしてください。

特典まとめ
高い年会費の価値あり!アメックスの豪華特典サービス全部教えます【グリーン/ゴールド】

現在、星の数ほどあるクレジットカードの中でも、最上級のブランド力を誇る「アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)」。通称アメックスカード。 アメックスはクレジットカードブランドの代名詞とも言われ、一 ...

続きを見る

グルメ特典
アメックスゴールドのゴールド・ダイニングby招待日和がおすすめすぎる!【プチリッチな外食】

豪華な優待特典が付帯しており、高ステータスカードの代名詞となっているアメリカン・エキスプレスカード。 その中でも特にゴールドカードはプラチナカードほど年会費が高額ではなく、グリーンカードよりも付帯サー ...

続きを見る

 

審査や年会費のハードルが高い人はアメックスグリーンカードからでもOK

ステータス性でいえば今回紹介するゴールドカードの中でもピカイチなアメックスゴールドですが、なぜイチ押しではないかというと、ハードルの高さが少々ネックだからです。

年会費29,000円+税という高さもそうですが、イチ押しした「三井住友VISAプライムゴールドカード」や「JCB CARD EXTAGE」と比較すると審査ハードルも高めです。

アメックスは外資なので独自の審査基準を持っており、傾向が把握しにくいとよく言われるのですが、20代の若手会社員で持つなら一部上場企業くらいの信頼ある勤務先が欲しいところ。年収よりも勤務先の信頼度がある方が確率高そうですね。

もし、アメックスゴールドは年会費や審査の面でハードル高いと感じたら、アメックスの一般クラスである「アメリカンエキスプレス・グリーンカード」を検討してみましょう。

アメックスグリーンは、アメックスブランドでは一般クラスですが、年会費12,000円+税と一般的なゴールドカードと同じ階級のカードになります。

旅行保険も国内外で最高5000万円付帯し、国内主要空港のラウンジ無料サービスも付いてきます。もちろんアメックスブランドの特典も多数。券面こそグリーンですが、スペックは文句なしのゴールドカードと言えます。

アメックスグリーンは内定でてる大学生でも持てるカードなので、新卒や若手社会人なら安心して申し込んでOK。

アメックスグリーンかアメックスゴールドか、自分に合う方を申し込んでみましょう。

→ アメックスグリーン公式サイトを見る

→アメックスゴールド公式サイトを見る

CHECK!
アメックス総まとめ!グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックまで最高峰ブランドカードを一挙紹介!

「アメリカン・エキスプレス」通称アメックスは、クレジットカードの代名詞とも言われるほどブランドの歴史とステータスがあり、特にビジネスマンから圧倒的な人気を誇っています。 特にアメックスのプロパーカード ...

続きを見る

 

世界のVIPラウンジが無料で使えるようになる「楽天プレミアムカード」

楽天プレミアムカード おすすめポイント

→楽天プレミアムカード公式サイト

  • 年会費10,000円+税
  • ポイント還元率:1%
  • 旅行保険:国内・海外ともに最高5000万円
  • 世界の空港VIPラウンジが無料で使えるプライオリティパス(年会費約4万円が無料)

ステータス性からは少し外れますが、出張なんかでフライトが多い会社員には文句なしにおすすめなのが「楽天プレミアムカード」です。

年会費1万円+税/還元率1%/旅行保険5000万円とスペックは並のゴールドカード水準なのですが、楽天プレミアムカードの代名詞となるのは「プライオリティパスのプレステージ会員(年会費4万円相当)が無料」という超お得な特典にあります。

世界中のVIPラウンジが無料で使える「プライオリティパス」が無料登録できる

プライオリティパスというのは、世界中の空港のVIPラウンジを優待価格で利用できる会員パスです。会員にもクラスがあり、それぞれ通常かかる年会費は以下の通り。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 319ドル 無料 27ドル

先に紹介したアメックスゴールドは「スタンダード会員(年会費99ドル)」が無料になるという特典でしたが、楽天プレミアムカードはなんと最上級の「プレステージ会員」が無料になります(!)

プレステージ会員になると、世界中のVIPラウンジが無料で使い放題になります。

空港での贅沢なひとときが満喫できるようになる。フライトが多い人はこれほど嬉しい特典は他にないでしょう。

プレステージ会員は通常年会費319ドル、日本円で実に4万円弱の会員権です。年会費1万円+税の楽天プレミアムカードを持てば4万円弱の会員権が無料になるのだから、プライオリティパスの特典だけで年会費の3倍はお得になるカードなんです。

プラオリティパスのプレステージ会員が特典につくクレジットカードは他にもありますが、年会費の安さでは楽天プレミアムカードが当然最安です。

ポイント還元率も基本1%と十分なスペックなので、メインカードとしても使える1枚ですよ。

→ 楽天プレミアムカード公式サイトを見る

CHECK!
プライオリティパス無料!楽天プレミアムカードは出張サラリーマンと旅行好きは必携です

数多の旅行サイトで「海外旅行に絶対に持っていきたいクレジットカード」として紹介されている楽天プレミアムカード。 なぜ楽天プレミアムカードが旅行用カードとして激推しされているかというと、世界中の空港ラウ ...

続きを見る

 

まとめ

以上、新卒・若手社会人におすすめのゴールドカードを4枚紹介しました。最後にまとめておきます。

新卒・若手社会人におすすめゴールドカード

最初にも言いましたが、新卒や若手社会人はクレジットカード審査には有利な時期です。

日本人は一度作ったカードは長年使い続けるというデータがあるため、カード会社は新社会人のうちに是が非でも自社のカードを持たせたいからです。

このボーナスタイムを逃すのはもったいない。社会人になれば取引先との会食や合コンなど、人前でカードを出す機会も増えます。そうしたビジネスシーン用に1枚、格好のつくゴールドカードを持っておきましょう。







厳選おすすめ記事5選

1

年会費無料のクレジットカードは、クレジットカード初級者のメインカードとしても、中〜上級者のサブカードとしてもニーズがあります。 つまり、誰でも最低1枚は持つことになるカードでしょう。 ここでは、年会費 ...

2

ビジネスマンがクレジットカードに求めるものは、シンプルに”ステータス性”ではないでしょうか。 やはり仕事上の付き合いでカードを出すときは、さらっとハイクラスな出して「カッコ良さ」を演出したいもの。腕時 ...

3

女性は男性に比べて購買意欲が高いため、クレジットカード会社は女性の顧客を非常に大切にしており、女性のためのクレジットカードを用意している会社もあります。 一般的に女性には流通系(デパートやショッピング ...

4

30歳を超えてくると、そろそろゴールドカードの1枚も持っておいていい頃です。 一般カードに比べると年会費のコストは増しますが、それ相応のゴールド特典が多数ついたり、何より「ステータス性」がグンと上がり ...

5

ビジネスでも観光でも、旅行にいく際にはクレジットカードが必需品になります。 もちろんカードの種類によるわけですが、海外へ持っていきたいクレジットカードの特徴は以下3つです。 旅行保険やショッピング保険 ...

-ゴールドカード, ビジネスマン向けカード, 学生・20代向けカード

Copyright© 【クレカノート】おすすめのクレジットカード情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.